21.6Vのバッテリー搭載で強力吸引!Eufy HomeVac Duo 2-in-1 コードレス掃除機がコスパ抜群、優秀すぎる|イクメンライフハッカー

21.6Vのバッテリー搭載で強力吸引!Eufy HomeVac Duo 2-in-1 コードレス掃除機がコスパ抜群、優秀すぎる

以前から欲しかったコードレス掃除機「Eufy HomeVac Duo」が届きました。

ワンタッチでスティックからハンディタイプに切り替えて使える優れもので、デザインもイケてます。

取り急ぎ使ってみた印象は、強力な吸引力とコードレスならではの使い勝手はやはり便利。手軽に使えるコードレス掃除機を探している方は要チェックだと思います。


Eufy(ユーフィ)は2016年9月21日に発表された家電製品ブランドです。現在のラインナップは掃除機、加湿器、照明でクラウドベースの音声サービスAmazon Alexを搭載したスマートスピーカー「Eufy Genie」の予約販売も始まっています。

EufyのWebサイトには「生活に時間とこころのゆとりをもたらすスマートホームのエントリーブランド」と書かれていますが、価格の割に性能が良いのがEufyの特徴です。

Eufyはモバイルバッテリーでトップシェアを占めるAnkerの姉妹ブランドのため、Ankerと同様の高い品質とサポートも魅力。私が4年前に購入したAnkerのモバイルバッテリーは、お世辞にも優しいとは言えない使い方ですが、未だにiPhoneを3回もフル充電でき故障知らず。

さっそくレビューしていきましょう。




届いたHomeVac Duoと開封の儀


こちらが届いたEufy HomeVac Duo。

「Eufy」のロゴが可愛らしいですね。


パッケージの内容はEufy HomeVac Duo本体、充電クレイドル(直立式スタンド)、ACアダプタ、すき間ノズル、ブラシ、取扱説明書など。保証期間は18ヵ月と保証期間が長いのはAnkerならではです。


箱から全部出してみました。1万円台のコードレス掃除機としてはクオリティー高めです。


Eufy HomeVac Duoの組み立て


充電可能な直立スタンドの質感は価格相応ですが、用途的に問題なし。組み立ては簡単で説明書は不要でした。


すき間ノズル、ブラシはスタンド内に収納できるのが便利。欲を言えばもう少し長いタイプのノズルがあればうれしいところ。


スタンドに続き本体もサクッと組み立てます。

組み立てるとはいっても、本体とヘッドをつなげるだけ。


組み立て完了。


Eufy HomeVac Duoの特徴


ここで簡単にEufy HomeVac Duoの特徴を確認すると、1万円少々で買える2-in-1のコードレス掃除機として、コスパの高さが際立ちます。

●2-in-1 コードレス掃除機でステッィクモードとハンデイモードの使い分けができる。

●21.6Vのバッテリー搭載でダイソン並みの吸引力。

●ホコリの大きさによって分別するサイクロンシステムを採用。 モーターからホコリをサイクロン状に巻きあげて、吸引力が落ちない。

●1万円台ながらモーターヘッドとLEDライトを搭載し、回転ブラシでカーペットのゴミも強力に吸引。

●2,000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、吸引力を維持したまま約24分間(エコモードの場合約60分間)も連続使用が可能。

●空気清浄機にも使われるHEPA式フィルターを搭載し、ダニやカビ、ペットから出る小さなアレルギー物質を取り除きつつ、きれいな廃棄をを実現。

●掃除後のメンテナンスはダスト容器、フィルター、ブラシなどすべて取り外し可能で、水洗できる(フィルター単体の販売あり)


Eufy HomeVac Duoのデザイン


Eufyの家電はどれもデザインが優れているのが印象的。コードレス掃除機、ロボット掃除機、加湿器に予約受付中のEufy Genieなど、どれもスタイリッシュでインテリアの雰囲気を損なうことがありません。


折り畳み式でコンパクトに収納可能


使わないときは折り畳み式ハンドルを回すことでコンパクトに収納できます。ハンドルはプラスチック製ですが剛性感のあるもので耐久性もよさそう。


一般的なコード式掃除機の高さは90㎝~100㎝。充電スタンドに立てスティックを折りたたんだ状態のEufy HomeVac Duoの高さは実寸で75㎝と収納場所を選ばない大きさ。


モーターヘッドはLEDライト付き


モーターヘッドには4個のLEDが付いており、ゴミを見つけやすくなっています。この手のギミックは不要かな?と感じましたが、暗いテーブルの下のゴミを見つけたり子どもが使う場合は面白そうで良いかも。


充電時間は約4時間ので最大60分使用可能


Eufy HomeVac Duoは2,000mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し吸引力を維持したまま約24分間(エコモードの場合約60分)連続使用できます。電池残量は4つのLEDで表示されるため、残量の把握も容易。


2-in-1 の切り替え方法


Eufy HomeVac Duoの2-in-1はやはり便利。

スティックモードからハンディモードへの切り替えは写真のRELEASEボタンを押すだけです。


ハンディ状態の重量は実測で1.1kgほどで手持ちでも気にならない重さ。

ここで試しに部屋の隅の埃やゴミを吸ってみると、サイクロン部分にみるみるゴミが吸い込まれるのが面白い。強力な吸引力でゴミがギューンと回るのは快感です。


ごみの捨て方


ダスト容器の外し方は先端のアルミ部分を両方から抑えることで簡単に外れるようになっています。ダスト容器、フィルター、ブラシなどはすべて取り外し可能で水洗いできるのがうれしいところ。


ダスト容器は埃の大きさ別に分別されるようになっており、大きなごみはダスト内へ、小さなゴミは内部のフィルターへ入ります。


フィルターは空気清浄機にも使われる0.3 µmの粒子を99.97%捕らえる高性能な「HEPAフィルター」を搭載し、ダニやカビ、ペットから出る小さなアレルギー物質を取り除きつつ、綺麗な排気を実現。

フィルターは水洗い可能ですが、頻繁に水洗いするのが面倒な場合は付属のブラシを使いゴミを取るか、袋の中などで軽くたたくようにして塵を落とすとよいと思う。


大きなごみはダストケースからそのまま捨てるだけ。子どもが使う場合も中身が見えるので誤って必要な物を捨てることはなさそう。


水洗いのイメージはメーカーWebサイトの画像をお借りしました。せっかく見た目がよいので数回に一度は水洗いして見た目もきれいな状態で使いたい。


出典 Eufy HomeVac Duo 2-in-1 コードレス掃除機
URL https://jp.eufylife.com/products/homevac-duo

この辺りの内容は説明書に書いてあるので不安な方はとりあえず一読してから使うのが吉。


実際に使ってみた


さっそくEufy HomeVac Duoを使い掃除してみました。

先ほどからの流れでハンディーモードにしていたので、まずは年末の大掃除で掃除する予定だったテレビボードの上に積もった埃を吸ってみます(タンスの上のような高い場所で年に数回しか掃除しないため埃がすごい)

ダイソンと同じ21.6Vのモーターによる強力な吸引力で、吸入口の下は綺麗に埃が無くなっています。今まではキャスター式の掃除機で掃除していたため、左手に掃除機本体を持ち、右手でノズルを持ち掃除していましたが、格段に楽になったのがうれしい。


続いては手が届きにくいエアコン周りの掃除。

エアコンの背面と壁紙の境目あたりに埃が詰まっているのが分かりますでしょうか。


みるみる埃が無くなる様子に妻も満足そう。ハンディーモードのEufy HomeVac Duoは重さ1キロ弱と女性でも容易に使えます。


掃除が楽しくなってきたので、エアコンの下回りも掃除していきましょう。

横から見ていると吸引した埃がサイクロン部分で回転しているのが面白い。音は静かではありませんがダイソンのように耳につく金属的な音でもないのでそこまで気になりません。ただし、テレビを見ている人がいれば苦情が出そう。


ついでにエアコンのフィルターもお掃除。普段は定期的に取り外して水洗いしていますが、こうして掃除機をかけることで水洗いの頻度も減らせそう。


プレフィルターの網目を通らない大きめの埃。スイッチを入れた時は回転しており、この様な埃が内部のフィルターに詰まらないため強力な吸引力が維持されます。


汚れが気になっていた網戸にも使ってみました。

埃が取れるのが面白く、掃除が止まりません。


Eufy HomeVac Duoは子どもにも使いやすい


楽しそうに掃除していると、子どもが掃除したいと言ってきました。

せっかくなので小学生の長女にもレビューをお願いします。


上の写真はストロボで分かり難いですが、実際はこのような形で机の下の見えにくい部分もLEDが明るく照らし、ゴミが見えやすい。

子どもが掃除する場合は掛け残しを防ぐなど、ゴミライトは結構役立ちます。


スティックモードの場合はヘッドが左右に180度回転するため想像以上に軽く扱えます。

長女曰く、キャスター式の掃除機に比べEufy HomeVac Duoの方が扱いやすいとのことですが、この調子でまめに掃除していただきたい。


棚の上を掃除する長女。

さすがに小学4年生には重たいと思いましたが、左手を添えるように持てば問題なし。小学生の掃除機としても使い勝手がよくおすすめです。


埃が溜まりやすいゲーム機やサウンドバー周りの掃除にも大活躍。


すっかりEufy HomeVac Duoが気に入った長女はその後も電子ピアノや本棚、ハムスターの小屋回りなど、さまざまな場所を掃除していました。この日は25分ほど使ってバッテリー残量を示すLEDは残り1つ。パワーモードで30分というバッテリーの持ちはカタログ値通りです。


車の掃除にも活躍するぞ!


翌日は主に私が使ってみました。掃除の対象は先日のスノーボードで汚れが気になっていたマイカー、マツダCX-5。

さっそくラゲッジやシートの隙間に掃除機をかけていくと、みるみる綺麗になっていく!これまでは室内の掃除もタオルなどで汚れと一緒にふき取るように掃除していましたが、やはりハンディータイプの掃除機があると便利。


シフトノブの掃除が難しい場所も簡単にきれいになります。車の掃除にEufy HomeVac Duoの吸引力とバッテリーの持ちは大満足。


まとめ


Eufy HomeVac Duoは2-in-1でスティックタイプにもハンディータイプにもなる便利なコードレス掃除機。吸引力も強力でバッテリーの持ちもモバイルバッテリーのトップ企業、Ankerらしく長持ち。

コードレスタイプの掃除機はダイソンなど5万円以上の高級掃除機から5,000円台まで様々な機種がありますが、1万円弱でこの吸引力とバッテリーの持ちはAnkerならではだと思います。

個人的にハンディータイプの掃除機に5万円以上出すのはちょっと気が引けますが、1万円台なら十分にあり。手ごろな価格で真面目に使える掃除機が欲しい方に、Eufy HomeVac Duoがおすすめです。

Eufy HomeVac Duoの記事






いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします

 

0 件のコメント :

コメントを投稿