まだ居酒屋で消耗しているの?いつも子育てに奮闘しているお母さんには「まったり飲める」お家飲みが必要です|イクメンライフハッカー

まだ居酒屋で消耗しているの?いつも子育てに奮闘しているお母さんには「まったり飲める」お家飲みが必要です

こんにちは。料理ができる広島のスーパーイクメン、2児のパパです。


先日、我が家にママのママ友である子育てバリバリ中のママたちが集まり、



「昼から夜までお酒を飲みまくる」



という素晴らしいイベントのホスト役を拝命いたしました。





で、買ってきた食材がこんな感じです。

親カニは前日の金曜日の夜に近所のスーパー3個所を徘徊し半額でゲット。

※金曜日の夜に買った食材



ママばっかりなのにオッサン好みの貝類多めで大丈夫か?という葛藤と戦いながらサザエを剥いていきます。

たぶん大丈夫でしょう。


こちらは土曜日当日の朝、近所の激安スーパーをはしごして調達した超絶新鮮な食材&宮崎和牛A5の超絶上等なもも肉。

天候が穏やかだったせいかお店に並ぶ魚の品揃えも良く、割と安く食材を手に入れることができました。

アナゴがなかったのがちょっとだけ残念。


宮崎和牛A5のモモ肉はローストビーフとかスライスしてしゃぶしゃぶにしても美味しいお肉ですが、今日はこれをステーキにしちゃいます。

モモなんか焼いて大丈夫?と思われるかも知れませんが、チンチンに火を入れなければ適度な噛みごたえで全く問題なし。

誰がどんな焼き方をしても絶対にウマい超絶簡単料理です。


地物のハゲは包丁を入れると身が痙攣する活きの良さ。ピクピクされておりました。


天然の鯛は800円少々。

このサイズなら養殖の方が美味しいかも、、と思っていたら脂乗りが良くなかなか美味しそうな鯛でした。

天然鯛らしくイケメンです。


ピチピチのハゲ。

ハゲがハゲをさばくという痛い図ですが、下処理は皆さんが集まるまでにやっつけ、流し台を熱湯消毒、換気扇を最強にして魚クサい香りを入れ替えます。

「こいつん家、メッチャ魚くせぇ」

とDisられても良いツワモノはお気になさらず豪快に捌きましょう。


テーブルセッティング完了。

楽しぃ~


差し入れにいただいた乾きものとクラッカー。

オッサンには無縁のこじゃれたソースで召し上がるそうです。オッサンにはよく分りませんが。


オッサンといえばコレ、タコわさびです。

今日のメンバーにオッサンはおりませんが、せっかく活きた生タコを1匹買いしたので刺身だけではモッタイナイ。タコわさびを作ってみました。

これが当たりでメッチャうまい!

クックパッド最高です。


前日に半額で買った親カニ。


これは絶対に旨い黒バイ貝の煮付。

料理がヘタクソなので若干固くなってしまいましたが、ママたち曰く味の方は問題なしでした。


私の仕事場からの風景。

絶景でしょう?


から揚げ用の地エビ。

鮮度抜群、ジタバタされておりましたが問答無用で高温の油に浸かっていただきました。

アーメン。


こちらも体はまだ生きているのか包丁を入れるとピクピクされて捌くのが難しいことこの上ないカワハギ。

肝は生でいただける鮮度でしたので、ママたちには絶対にウマい生キモ醤油を提案させていただきました。


コリコリの身に生キモのうま味と甘みが最高にマッチします。


天然タイとサザエ、茹でタコ、生タコ、サンマ、ブリ、シメサバの刺身盛り合わせ。

せっかく買ったイカは盛り忘れるというヘタレっぷりでございますが、勘弁してください。


魚だけじゃねぇ!ってところをアピールするための秘密兵器がコレ。

宮崎和牛A5の超絶上等なもも肉(ママ4人には十分な量の400g)

そ〇うや福〇屋(マルの意味なし)などのデパ地下等で購入したら100g1200円は下らない品質のもも肉ですが、近所の和牛専門店で100g700円で購入できました。


焼き方はクックパッドに書いてあった通り、焼く30分前に冷蔵庫から出し常温に戻し、焼く直前に塩コショウをします。

何故かは知りませんがクックパッドにそうかいてあったので間違いありません。


じゅう~~~


強火で焼き色を付けたら火を弱くして好みの焼き加減に仕上げます。

焼き上がりのお肉は冷めないよう直ぐにスライスしてお届けしないといけないため、写真を取り損ないましたが、宮崎和牛A5のお味は感動モノでした。

その後は「鯖のしゃぶしゃぶ」の仕込みを終えたところで私の役目は終了。飲んだくれママたちと別れ、子どもたちと広島ドリミネーションを見に行きました。



ふり返れば色々と反省点の多いホスト役でしたが、この辺は次回の改善ポイントとさせていただきます。

この日の気づきと反省点


・激安スーパー、ノムラストアーはたたき売りをしない
・激安スーパー、エブリイはたたき売りをする
・早朝の激安スーパーはじいちゃん、ばあちゃんばっかり
・生魚ばっかり買うと時間に追われる
・貝類の煮物は味がしみ込むよう前日作って正解
・女の子でも貝は好き
・刺身を作り過ぎた
・イカを盛り忘れた
・ステーキを焼くときにガーリックチップをつけるべきだった
・サザエの刺身はもう少しあってもよかった
・空いた缶を下げるタイミングが悪かった
・ビールを渡すときに栓を開けて渡すのを忘れた
・「いつもお美しいですね」という正直な感想を述べるのを失念した


ということで、良質な子育て環境は親の待遇改善から。

月に1回くらいはママたちが飲んだくれる日を作れたらいいなと思います。。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします