2019シーズン2回目、マツダCX-8で行く子ども連れスノーボード日記|イクメンライフハッカー

2019シーズン2回目、マツダCX-8で行く子ども連れスノーボード日記

こんにちは、ハマジです。

このブログのテーマである、マツダCX-8で行くお出かけブログ。2019年1月3日は先日に続き「やわたハイランド191」へ行ってきました。以下、スノボ日記です。


2019年1月3日の雪道状況


12月29日に行ったときに比べると道路に行きはほとんどありませんでした。日陰や橋に雪が残っている程度。ただ、朝夜は凍結してますのでノーマルタイヤで行くのはNGです。スタッドレスタイヤや滑り止めを用意しましょう。


CX-5と勝手にコラボ


やわたハイランド191の駐車場にて。うちのCX-8の後ろにKE後期型CX-5が停まっていました。勝手コラボしてゴメンナサイ。


スノボの準備をする


駐車場でスノボの準備をしているところ。ウェア―に着替える際、長男が「パパ、ニット帽取って」というので、バックから取ったついでにズボッと被せてあげました。


当日のゲレンデ状況


ご覧の通り超絶空いています。10時過ぎになると多少増えてきましたが、コースによっては貸し切りという状況。ゲレンデの雪質は新雪はほぼ無し、日が昇るまでは硬めのバーンで板が良く走ります。ただ、子どもにはちょっと硬すぎるので雪が柔らかいコースを選んで滑ったり、ゲレンデが柔らかくなるまでレッスンしていました。


サロモン「シナプス」を履いた感想


この日のニューアイテム、サロモンのシナプス(ブーツ)です。バートン ドライバーXと比較した感想として、硬さはまずまず。足首のホールド感こそドライバーXに及びませんが、ホールド感も良く定価41,000円のブーツとしては十分以上だと思います。初日のため、馴染んでおらず足が痛くなるかと思いきやシナプスはそんなこともなく。決して軽いブーツではありませんが、硬めのブーツが好みの人におすすめできるブーツです。


当日のスノボ風景


パウダースノーを満喫してるところです。お天気も良く最高。


空いてます。


写真で見ると上手そうに見えるマジック。実際は大したことありません。楽しんで滑ってくれればそれでよし。


子どもたちはこの日はコース端の凸凹した新雪や壁を登ったりして遊んでいました。フツーに滑るだけより楽しいとのことで時折その辺にできた極小サイズのナチュラルキッカーでジャンプしたり。新雪に埋まったり。長男は男の子らしく怖いもの知らずで突っ込んでいくので怪我が心配です。プロテクターでも買おうかな。。


急斜面には新雪が残っていました。


リフトに乗っているところ。


リフトの後ろの席から。


子ども連れのスノボに関して、滑りの部分では課題もたくさんありますが1つずつクリアしたいと思います。スノーボードは危険なスポーツなので怪我をしないことが最優先。上達はそこそこで良いので怪我せず楽しく滑りましょう。


昼飯&休憩


休憩中にアイスを食べているところ。この日は天気が良かったので車で持参したおにぎりやパンを食べました。スキー場のレストランは無駄に高い。スノーボード自体もコスパの悪い趣味なので節約できるところは押さえたいと思います。



スノーボードの後、温泉に


当日は8時半から15時まで滑って完全に満足。帰り道、長女が温泉に行きたいというので戸河内IC近くの筒賀温泉「グリーンスパつつが」へ立ち寄りました。スノボの後の温泉は最高です(温泉日記は別記事に書く予定)

1月中旬以降は気温が高くなるそうなので、早いタイミングでシーズン2回目のスノボに行けて良かった。次回のスノボは雪が降り次第となりそうですが、ぼちぼち遊びましょう。雪が無いなら無いで鳥取まで松葉カニドライブに出かけるのも良いかも知れません。

以上、スノボ日記でした。

2019シーズン スノボ関連記事




いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします