LAオートショー2018で発表された新型Mazda3(アクセラ)を見た感想|イクメンライフハッカー

LAオートショー2018で発表された新型Mazda3(アクセラ)を見た感想

こんにちは、ハマジです。

LAオートショー2018で発表された新型Mazda3を見た感想。

サクッと更新します。

新型Mazda3(アクセラ)を見た感想


昼休みにLAオートショー2018のライブ動画で新型Mazda3を見て、”やっぱマツダのデザインはいいな!”と感じました。


同時に、「いいな」とか「カッコイイ」程度の感想しか出ない私の美的感覚は相変わらずイマイチと強く実感。自分が買った車のデザイナーがどういう想いで設計したか知るためマツダのデザイナーの記事を見ても「なるほど」とは感じても、それ以上の感想はありません。へぇーーで終わりなのです。

マツダのデザインが好きだしカッコいいと思うけど、デザインを語るセンスも無ければ知見もない。こういう時は何も書けませんし、書くべきでないのでしょうね。私は元魚屋なので魚の事はだいたい分かりますが、魚の事あまり知らない人が変なこと書いてるブログなどを見ると残念な気持ちになるように、デザインに知見がある人も同じでしょう。

参考までにサステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030で発表されたマツダの次世代技術導入プランによると、新型Mazda3は魂動デザインのフェーズ2という位置付けです。ロードマップでは2017年発売の新型KF CX-5、2018年発売のCX-8までは魂動デザインのフェーズ1。LAオートショー2018で発表された新型Mazda3から新世代デザインの始まりとなる、魂動デザインのフェーズ2とされています。


出典 マツダ「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」
URL http://blog.mazda.com/archive/20180516_01.html

魂動デザインのフェーズ2は新型KF CX-5から?


ここでセンスが無い私があえて感想を述べると、魂動デザインのフェーズ2は2017年発売の新型KF CX-5から始まったのでは?ということ。

新型KF CX-5以前のデザインと新型KF CX-5のデザインはデザインセンスが無い私でも変わったと感じましたが、新型KF CX-5と新型Mazda3(アクセラ)では、それほど変わったと感じませんでした。新型KF CX-5を押さえつけたら新型Mazda3になるのでは。

こんなこと言ってるとマツダのデザイナーに「分かってない!」と怒られそうですが、何はともあれCX-8と魂動デザインのフェーズ2のデザインが(素人目には)大差なくて良かった。デザインが大きく変わると古臭さが出てしまいますからね。

以上。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします