豪雨の影響で東広島の架装センターから出庫できず。CX-8の納車は来週になりました|イクメンライフハッカー

豪雨の影響で東広島の架装センターから出庫できず。CX-8の納車は来週になりました

こんにちは、ハマジです。

ディーラーから「先日の豪雨の影響で明日のCX-8の納車が間に合わない可能性がある」という連絡がありました。

CX-8納車遅れの原因


CX-8の納車が遅れる原因について、聞くと東広島にあるマツダの架装センターからディーラーへCX-8を届ける準備は整っているが、瀬野川から2号線にかけて交通が寸断または渋滞しており東広島から出られないのだとか。

また、そもそも架装センターで働く従業員の半分が出社できないような状況で「マツダの架装センターも最大限努力していますが、土曜日の納車は難しいかも知れません。。」とのことでした。


CX-8の納車は1週間後へ


いや、状況は承知しております。ほんなら無理の無いよう1週間遅らせて、来週納車にしてください。CX-5の車検はまだまだ残ってますし、車に何か問題があるわけでもない。保険の切り替え手続きだけ訂正すれば済む話です。

というわけでCX-8の納車は1週間遅れることになりました。

楽しみにしてなかったと言えばウソになりますが、こんな時に新車新車!と言える根性は持ち合わせておりません。それに、昨日CX-5サヨナラブログに書いた通り、もう1週間走りの楽しいCX-5に乗れるのはラッキーですらあります。バグガードが無くなって優しい顔になったCX-5。もう少しお世話になります。



生産中の車両も納車遅れ確実


マツダは今回の豪雨で影響の大きかった東広島、坂、海田に多くの生産・物流拠点を抱えています。東広島からマツダ本社工場のある向洋・宇品までは国道2号線の渋滞が酷く、サプライヤーも含め生産への影響は少なくありません。

営業さん曰く、現在生産中の車両も納期遅れが予想されるとのことでしたので、納車待ちの方はキリンさんに負けないよう首を長くして待つ必要がありそうです。

以上。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします