アクリルバイザーってホントに必要?CX-8の契約時にオプションからカットして3万円節約しました|イクメンライフハッカー

アクリルバイザーってホントに必要?CX-8の契約時にオプションからカットして3万円節約しました

こんにちは、ハマジです。

CX-8納車待ちブログです。

CX-8の契約時に真っ先にカットしたオプションがこちらのアクリルバイザー(メッキモール付)です。

CX-8の契約時にカットしたオプション


アクリルバイザー(メッキモール付)
オプション価格:¥30,692
CX-8純正、1台分4枚セット、税込み価格。

※2018/06/30時点のカタログ価格



アクリルバイザーについて、これまで新車を買う時はお約束のように付けてました。それなりにメリットを感じてましたが、3年前に買ったCX-5では必要性を感じるケースが少なくなり、お値段も約3万円と地味に高いことからオプションからカットしました(理由は後述)

ちなみにCX-8純正アクリルバイザー、2017年12月に発行されたカタログ価格は¥29,828と、微妙に値上がりしています。CX-8のオプションで値上がりしているのはアクリルバイザーだけでなく、ETCやラゲッジマットなど、結構な品目で価格改定されている様子。オプション品のカットでカタログとにらめっこするなら、最新のカタログか本家本元マツダのWebサイトで値段をチェックするのが良いと思います。

マツダ CX-8 アクセサリーカタログ(Web版)


アクリルバイザーが不要な理由


続いてCX-8のオプションからアクリルバイザーをカットした理由です。

●見た目がダサイ

若干ですがアクリルバイザーがあるとないでは、無い方がスッキリしています。3倍くらい大げさにいってバイザー付きの方がダサイと思いますが、目くじら立てるほどではありません。

●洗車する時邪魔

洗車するときアクリルバイザーが付いているとバイザーの裏やバイザーに隠れた窓など洗う分、少しだけ手間が増えます。時間にすると1回の洗車当たり5分もないと思いますが、私は平均して月に2回洗車するので年24回×5分=120分と、アクリルバイザーを付けることで1年に2時間ほど無駄な時間を過ごしている形になります。

●雨の日わざわざ窓開けない

アクリルバイザーが必要と言う方で雨の日に少し窓を開けられることを理由にあげられる方が多いと思います。これ、昔の車だと確かに開けていたような気がしますが、今どきの車だとエアコンや空調でどうにかなるので、ほとんど開けなくなりました。

●外の空気の方がキタナイ

この辺の理由はアクリルバイザーを付けない理由と言うより窓を開けない理由になります。アクリルバイザーを付けると窓を開けやすいというメリットがありますが、昔に比べ花粉やPM2.5など、車外の空気が汚くなっています。私は花粉症持ちであることからも、わざわざ窓を開けてキタナイ空気を取り入れたいとは思いません。

●エアコンの性能が良くなった

昔と比べエアコンや車の性能が良くなり、エアコンを使っても燃費や走りへの影響が少なくなりました。特にトルクフルなマツダのディーゼル、スカイアクティブD2.2に乗っている限りは燃費やパワーを気にしてエアコンをオフにする理由は髪の毛ほどもありません。

●窓を開けるとウルサイ

窓を開けると風やロードノイズの音が入ってくるため、車内がうるさくなります。せっかく静粛性が高いCX-8を買うのに窓を開けて騒がしくなってはモッタイナイ。

●タバコを吸わない

アクリルバイザーが必要と言う方の中には喫煙者で窓を開けて換気が必要と言うことがあると思います。私は煙草を吸わないし今後も吸うことは無いので不要です。

●海外はほとんど付けてない

日本ではお約束のように付けるアクリルバイザーも海外ではほとんど付けていません。ホンマか?と言う方はご近所のメルセデスやBMWを遠くから眺めてください。窓枠がスッキリしているのが分かるハズ。日本でアクリルバイザーの着用比率が高いのはディーラーの営業的なところが大きく、合理的な欧米人は本当に必要な人以外は付けないのです。

●地味に高い(3万円)

正直どっちでもいいアクリルバイザーですが、オプション価格としては地味に高い3万円です。滅多に使わないプラスチックに3万円出すなら、もう4万円出して7万円のオートエグゼのフロントスポイラー買った方がCX-8オーナーとしての全体的な満足度は高いと思います。よし、そうしよう。

●最悪後からでも付けられる

アクリルバイザーはディーラーオプションのため、後からでも取り付け可能です。DIY派はAmazonや楽天でも購入できるので、サンルーフ/ルーフレールなどのメーカーオプションと違い、やっちまった!というリスクがありません。

なお、アクリルバイザーを付けない理由に風切り音が発生するということがありますが、CX-5やCX-8は静粛性が高いため、バイザーの有無ではほとんど変わりません。

アクリルバイザーが必要な理由


さいごに、それでもアクリルバイザーあった方が良いのでは?と言う理由。

●夏に少し窓を開けられる

アクリルバイザーを付ける一番のメリットは夏場に少し窓を開けられることだと思います。防犯上いかがなものか、という問題はありますが、アウトドア派で海へ行くことが多いと大変重宝します。

●緊急事態

みなさんは運転中に突然「くうっっさ!」となった経験はないでしょうか。私は年に2回くらいあります。

車内で誰かがオナラをした時に窓を開けれられないのは死活問題。

緊急事態に備え雨の日でも窓が開けれるアクリルバイザーを付けるのは懸命な判断だと思います。

以上。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします

 

0 件のコメント :

コメントを投稿