【最新版】査定が良いグレードは?カーセンサーの平均価格から見たCX-5の中古車相場と下取り査定額目安|イクメンライフハッカー

【最新版】査定が良いグレードは?カーセンサーの平均価格から見たCX-5の中古車相場と下取り査定額目安

2015年に購入し初回車検前に下取りに出しCX-8に乗換えることになったCX-5。

今回は乗換えを検討されている方や、今なら下取りどれくらい?とモジモジしている方に、カーセンサーの中古車価格を元に最新の下取り査定額(買取価格)を計算してみました。


はじめに


まず最初に今回の計算で扱う項目の説明から。

CX-5マニアの方やそんなの知っとるわ!という方はスクロールしてすっ飛ばしてください。

●新車価格

新車価格は2015年1月の年次改良時の税込み販売価格を記載しています。

オプションは含みません。

●中古車相場抽出条件

カーセンサーの中古車情報から、CX-5の車両本体価格を検索したCX-5の条件は以下の通りです。

年式:2015年
走行距離:3万~4万キロ
その他:修復歴無し
サンプリング日付:2018/06/13

2015年式、走行距離3万キロと約3年前に購入し初回車検を迎える前か、ちょうど車検が切れた状態になると思います。走行距離以外の程度の良し悪し、ボディーカラーやサンルーフの有無などのオプションは考慮していません。

基本的には車検付き、あるいは車検残有りの税込み車両本体価格を抽出しましたが、もしかしたら車検費用が別途必要な車両も含まれているかも知れません。実際に購入する場合の支払総額としてはプラス5~10万円程度必要になります。

●下取り査定目安

下取り査定目安として、中古車相場の平均金額に対して一般的に言われる「中古車の買取価格と販売価格の差は2割」を基準に計算しています。100万円で買い取った車なら、120万円で売る計算です。ディーラーの下取りか、買取店の買取価格はここでは考慮していません。単純に中古車相場に0.8を掛けた金額です。

これだけ見るとオイシイ商売と感じますが、中古車販売には商品の仕入代金の他、人件費、店舗家賃、光熱費、広告代金などが発生しますのでそれほど利益率は高くないと思います。また、買い取った車が思うように売れない場合は値下げして売るしかないので、在庫を持つ販売店の場合はその辺りのリスクもあります。

下取り価格についてはマニュアル化、システム化されており以前ほどバラつきはないため、一定の目安になると思います。

●残価率

残価率はより実態に近くなるよう、新車価格にオプションで追加した費用を一律で15万円加えた金額で計算しています。

参考)2015年1月7日発売 CX-5新車価格(税込み)

XD:283万円
XD AWD:306万円
XD プロアクティブ FF:293万円
XD プロアクティブ AWD:316万円
XD Lパッケージ FF:326万円
XD Lパッケージ AWD:348万円

車両本体価格が300万円の場合は315万円に対しての残価率になります。2015年式のCX-5販売当時のマツダスカイプラン(残価設定型ローン)の3年残価率は50%。3年後の残価率は、人気車種で50%以上が一つの目安になると思います。



ではグレード毎の下取り相場を見ていきましょう。

CX-5 XD FF


●新車価格

283万円

●中古車相場

台数:5台
平均価格:197.2万円
最安価格:185.7万円
最高価格:209.8万円

内訳:
195.8万円
185.7万円
195.0万円
209.8万円
199.8万円

●下取り査定目安

157.7万円

●中古車相場の残価率

※新車価格283万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

52.9%

●ハマジコメント

XD、FFは私と同じグレードになります。素のグレードでプロアクティブ以上に比べ安全装備で劣ることから相場は安めです。また、AWDでないのも痛い。AWDを選べばどうなっていたかについては、後述しますがサンプルが1台しかなく比較になりませんでした。

2015年型のCX-5についてはXDとプロアクティブの新車の価格差が10万円しかなく、多くのユーザーがプロアクティブ以上のグレードを購入しています(CX-8ではXDの購入比率は約5%)中古車のタマ数的にもプロアクティブ以上が多く、FFとAWDの価格差についてはプロアクティブ以上のグレードで比較します。

CX-5 XD AWDの中古車相場


台数:1台
平均価格:229.8万円
最安価格:229.8万円
最高価格:229.8万円

内訳:
229.8万円

●下取り査定目安

183.8万円

●中古車相場の残価率

※新車価格306万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

57.3%

●ハマジコメント

FFに比べ4%も高い残価率になりましたが、サンプルが1台しかなく参考になりません。

CX-5 XD プロアクティブ FFの中古車相場


台数:21台
平均価格:214.7万円
最安価格:194.8万円
最高価格:234.9万円

内訳:
197.2万円
220.0万円
214.8万円
213.5万円
210.4万円
229.8万円
216.6万円
206.6万円
209.8万円
218.3万円
215.6万円
205.0万円
215.3万円
218.0万円
234.9万円
231.8万円
204.6万円
223.0万円
194.8万円
230.0万円
199.0万円

●下取り査定目安

171.77万円

●中古車相場の残価率

※新車価格293万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

55.8%

●ハマジコメント

素のXD FFモデルと比較した場合、残価率は3%以上も高くなりました。KE後期型CX-5の中古車人気は新車時と同じくプロアクティブ以上のグレードが人気です。プロアクティブ以上を購入された方は下取り査定が良くおめでとうございます。私と同じく(ケチって)XDを購入された方は残念な結果になりました。次の車の購入時の教訓としてください。

CX-5 XD プロアクティブ AWDの中古車相場


台数:7台
平均価格:220.9万円
最安価格:209万円
最高価格:238万円

内訳:
219.8万円
209.8万円
212.8万円
229.0万円
238.0万円
209.0万円
228.0万円

●下取り査定目安

176.7万円

●中古車相場の残価率

※新車価格316万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

55.5%

●ハマジコメント

売れ筋プロアクティブグレードのFFとAWDの残価率を比較した結果はほぼ変わらず。FFとAWDの新車時の価格差23万円に対し、平均中古車価格の違いは約5万円と新車価格の違いの割には少ない差額となりました。

これは私にとっては意外な結果です。AWDの残価率の方が高いと予想していましたが、このご時世、特にAWDが人気という訳ではないのですね。今回はサンプル数が少ないのでデータの正確性に欠ける感は否めませんが、下取りはAWDが有利という理解が覆ったのは良い考察でした。

CX-5 XD Lパケ FFの中古車相場


台数:14台
平均価格:230.8万円
最安価格:218万円
最高価格:244.8万円

内訳:
232.7万円
222.2万円
243.0万円
228.9万円
223.0万円
239.8万円
244.8万円
236.7万円
219.0万円
228.9万円
218.0万円
229.0万円
236.4万円
230.0万円

●下取り査定目安

184.6万円

●中古車相場の残価率

※新車価格326万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

54.1%

●ハマジコメント

2%弱ほどプロアクティブの方が残価率が高い結果となりました。最上位グレードより真ん中のグレードの方が残価率が高くなった理由として、プロアクティブの方が人気があるというよりは新車購入時のオプションの差だと思います。

プロアクティブの方が装備が少ない分、新車購入時にオプションをたくさん付けた人が多かった。結果、下取り査定額が高くなり、今回の試算では残価の母数となる新車価格とオプション金額を、一律でオプション15万円としたため、相対的にプロアクティブの方が残価率が高くなったと考えられます。もちろん、今回のサンプルがたまたまだったという説も濃厚ですが。

CX-5 XD Lパケ AWDの中古車相場


台数:18台
平均価格:242.2万円
最安価格:214.8万円
最高価格:267.3万円

内訳:
242.5万円
239.8万円
245.8万円
229.8万円
249.9万円
246.7万円
238.0万円
259.8万円
249.1万円
231.1万円
249.9万円
239.8万円
259.8万円
214.8万円
267.3万円
229.8万円
231.1万円
235.0万円

●下取り査定目安

193.8万円

●中古車相場の残価率

※新車価格348万円+オプション15万円に対する下取り査定額の割合

53.4%

●ハマジコメント

AWDでもプロアクティブの方が残価率が高い結果になりました。もしかしたら皮シートが苦手という方が多く、中古車ではホントにプロアクティブの方が人気があるのかも。平均中古車価格242万円もネックになりそうで、この金額を払うなら新車の20Sを買うという方も多いかも知れませんね。

CX-5下取り査定まとめ


カーセンサーの中古車情報から算出した2015年式、走行距離3万キロ~4万キロのCX-5の残価率は52%~55%と、当時のマツダスカイプラン(残価設定型ローン)よりも高い残価率であることが分かりました。

新車時で人気の高いグレードほど下取り時の残価率も高い傾向があり、乗換え時の査定額が気になる方は、とりあえず人気のグレードを選ぶのが吉。

新車購入から3年で乗り変えた場合と10年乗り続けた場合の比較についてはこちらの記事にまとめています(長文です)


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします