大分名産のヒオウギ貝はバーベキューでも美味しく食べれるのか実際に焼きまくって確かめてみた|イクメンライフハッカー

大分名産のヒオウギ貝はバーベキューでも美味しく食べれるのか実際に焼きまくって確かめてみた

こんにちは、ハマジです。

大分県佐伯市蒲江で多く養殖されているヒオウギ貝。栄養豊富な海で育ったヒオウギ貝は肉厚でホタテ以上に甘く濃厚な味わいが魅力です。

ヒオウギ貝の食べ方は刺身やバター焼きが一般的ですが、果たしてヒオウギ貝はバーベキューの炭火で焼いても美味しく食べれるのか?

今回は実際にヒオウギ貝を焼きまくって確かめてみました。


ヒオウギ貝、、の前に肉です、お肉。

バーベキューは肉を食べなければ始まりません。

この日は妻さまの従弟家族の集まりで、佐賀牛を始めとするめちゃんこ上等なお肉が文字通り山積みで用意されていました。

ありがたや。。


魚介もこの通り。

大分県佐伯市は新鮮な魚介も有名で、海の市場「マル」や行列ができる海鮮丼のお店などもたくさんございます。


サザエもじゃんじゃん焼いていきます。


鮎とか。


バーベキューはやはり肉ですね。

なんでも焼肉屋さんから直接お肉を買ってきたそうで、カルビ、ロース、モモにタン、ホルモン、鳥モモ、豚ロース、ソーセージと食べきれないほどのお肉で完全にお腹いっぱいになりました。

ごちそうさまです。



ヒオウギ貝はバーベキューでも美味しいのか?


GWボケで本題のヒオウギ貝をすっかり忘れていました。

はたして、ヒオウギ貝はバーベキューでも美味しく食べれるのか。

この分かり切った疑問を実際にヒオウギ貝を焼きまくって確かめたいと思います。


ぎゃあああ!!

ヒオウギ貝を適当に網に乗っけたせいか、貝柱が貝の上側にいっとる!

これでは貝やワタに十分火が通りませんし、何より、ひっくり返すときに美味しい貝の出汁が流れてしまうではありませんか。

せっかくの貝が焼き手の不手際でイマイチになっては死んでも死に切れません。

チンチンに焼けた激熱の貝殻をつかみ、汁が流れないよう電光石火の速さで貝をひっくり返しました。


ほどよく火が通ったところで食べやすくするため上側の貝をとっぱらったところ。

バターを一かけ落とし、熱々のヒオウギ貝をいただくと、、

完全に旨い!!

実際のところヒオウギ貝がバーベキューでも美味しいのは焼く前から分かってましたが、予想を上回る美味しさです。ホタテよりも甘く、身がギュッと締まっている。写真では分かり難いですが、濃厚なワタの旨みがたまりません。


結論:ヒオウギ貝はバーベキューでも完全に旨い。

なお、熱々の貝を素手でひっくり返すと普通に火傷するので要注意。

ヒオウギ貝をバーベキューで焼くときはトングか軍手を使ってひっくり返してくださいね。

本当にごちそうさまでした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします