精米を早く終わらせようとした結果、腰が死んだ話し|イクメンライフハッカー

精米を早く終わらせようとした結果、腰が死んだ話し

こんにちは。

広島のブロガー、ハマジ(hamaji36)です。

CX-5ブログです。

車で精米所へ行っただけですけど。



先日のことですが土曜日の午前中に精米所へ行きますと、スーパーのポイント3倍セールのごとく混雑しており、おまけに精米の待ち行列はもれなく高齢者。

コメを車から精米機まで運ぶ、コメを精米機にぶち込む、精米したコメを車に積み込む、の作業が恐ろしくトロいため、全部代行した結果、、




完全に腰が死にました((+_+))


ちなみに、待ち時間を短縮するため大汗かきながら運んだコメは5組分にして計90キロ。

腰の曲がったお爺さん、そのお体で30キロは無理です。次回からは10キロ毎に精米してください。まめに精米した方が味も良いと思います。

アウディA3に乗ってた初老の紳士(体力的には大丈夫そうだったけど、途中から「あなたココの管理人?」みたいな雰囲気がただよい、説明するのもめんどくさかったのでついでに運んだ)は自分用と近所で暮らす息子さんの分ということで10キロを2つ精米されてました。

なるほど、うらやましい、、そういえばうちの親父もポックリ亡くなる前はコメを持ってきてくれましたが、そのせつは重労働に骨が折れたことでしょう。

みんな、年寄は大切にしろよ!


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします