旧型オーナーに朗報!マツダがエンジン制御プログラムを最新化しトルク応答性を向上するサービスキャンペーンを開始|イクメンライフハッカー

旧型オーナーに朗報!マツダがエンジン制御プログラムを最新化しトルク応答性を向上するサービスキャンペーンを開始

平成30年04月13日、マツダはアクセラ、アテンザ、CX-5を対象にディーゼルの制御プログラムを最新化し、トルク応答性を向上するサービスキャンペーンを開始しました。

対象者には販売店からダイレクトメール等で案内があるようです。

不具合と改善内容は下記の通り。


アクセラ、アテンザ、CX-5のサービスキャンペーンについて



不具合の内容


ディーゼルエンジンにおいて、制御プログラムを最新化し、アクセルの踏込む速度に対するエンジントルクの応答性とエンジンノック音の低減、および後退時のアクセル操作に対するエンジントルクの応答性が向上します。また、駐車時のi-stop作動によるエンジン停止と再始動の繰り返しを抑制します。

改善の内容


全車両、エンジン制御プログラムを最新プログラムに更新します。AT車はトランスミッション制御プログラムも最新プログラムに更新します。

対象車種


車種、型式、対象車の車台番号の範囲及び製作期間は以下の通り。

●アクセラ

LDA-BM2FP
BM2FP-100002~BM2FP-100432
平成27年12月1日~平成28年5月19日

LDA-BM2FS
BM2FS-100006~BM2FS-108858
平成25年12月19日~平成28年5月18日

●アテンザ

LDA-GJ2AP
GJ2AP-100010~GJ2AP-101450
平成26年11月3日~平成28年6月29日

LDA-GJ2AW
GJ2AW-100007~GJ2AW-102419
平成26年11月3日~平成28年6月29日

LDA-GJ2FP
GJ2FP-100014~GJ2FP-204396
平成24年10月22日~平成28年6月30日

LDA-GJ2FW
GJ2FW-100012~GJ2FW-204837
平成24年10月17日~平成28年6月30日

●CX-5

LDA-KE2AW
KE2AW-200004~KE2AW-217477
平成26年11月27日~平成28年11月16日

LDA-KE2FW
KE2FW-200003~KE2FW-221328
平成26年11月27日~平成28年11月16日

出典 アクセラ、アテンザ、CX-5のサービスキャンペーンについて
URL http://www2.mazda.co.jp/service/recall/sca/20180410001/


DE精密過給制御?


サービスキャンペーンの改善内容について、現時点で詳細は不明ですが、不具合の内容「制御プログラムを最新化し、アクセルの踏込む速度に対するエンジントルクの応答性とエンジンノック音の低減、および後退時のアクセル操作に対するエンジントルクの応答性が向上します。」はDE精密過給制御の内容と酷似しています。

また、今回のサービスキャンペーンは平成30年02月02日に開始されたデミオ、CX-3と同じ内容です。デミオ、CX-3のケースでは「DE精密過給制御」と「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」が適用されたことからも、同様の改善内容と考えてほぼ間違いないと思われます。

ディーゼルのレスポンスを革新 DE精密過給制御


DE精密過給制御は、アクセルを踏み込むスピードに応じて過給圧の制御を最適化し、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする新技術。これまでのSKYACTIV-Dでも造り込んできた「リニアさ」をより磨き上げ、ドライバーとクルマの「人馬一体」感のレベルをさらに向上させました。誰もがどんなシーンでも“意のまま”にクルマを操れる、理想的な走りを実現します。

出典 マツダ SKYACTIV-D
URL http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/skyactivd/

今後に期待


マツダのサービスキャンペーンについて、旧型のエンジンに対して走行性能の向上を目的としたアップデートを行うのは平成30年02月02日のキャンペーンが初ではないでしょうか。

今後は制御プログラムの修正だけで対応できるアップデートは随時対応していく方針か。そうなれば、年次改良待ちの買い控えや、購入してすぐに旧式になる問題も改善されるはず。改善内容の詳細について、分かり次第更新予定です。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします