薄毛の悩みは月額2,000円の飲み薬でサクッと解決!AGA治療薬プロペシアとミノキシジル|イクメンライフハッカー

薄毛の悩みは月額2,000円の飲み薬でサクッと解決!AGA治療薬プロペシアとミノキシジル

薄毛の悩み相談受付中です。

Twitter:@hamaji36
mytwochildrens@gmail.com
---------------------------------------

こんにちは、ハマジ@hamaji36です。

私事で恐縮ですが、3年前(35歳)より自身の頭部に薄毛の兆候が見られるようになりました。

この記事では薄毛に悩む方の参考になりますよう、30代からの薄毛対策やAGAクリニックで処方された薬と効果、その後ジェネリックに切り替えてからの毛髪の状態や副作用の有無などをについて、余すことなくご紹介したいと思います。

※現在は節約のためオオサカ堂で購入したフィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠という薄毛対策の薬を飲んでいます。月あたりの薬代は2,000円弱。約3年服用して副作用無し・フサフサをキープしています。


はじめに


はじめに、ナゼこのような雑記ブログで自身のハゲ事情を赤裸々に公開するに至ったか簡単に説明します。

理由は3つあります。

1つ目は薄毛対策は初動が重要であることを一人でも多くの方にお伝えしたいからです。毛根が死んで手遅れになると出来ることは限られます。まだ大丈夫とのん気なことを言わず、今すぐ鏡の前で自分の頭と向き合ってください。もしAGAであれば間に合う可能性が高いからです。

2つ目は薄毛対策はお金が掛かりそうといった理由であきらめている方に、やり方次第ではランニングコストを抑える方法があるということを知って欲しいからです。毎月2万円必要と言われたら躊躇すると思いますが、月2,000円ならやってみよう!という方は多いのでは。

3つ目の理由は一番大切なことです。

それは、、

「毛が生えている」というだけの理由で、薄毛の人に向かって偉そうに「あのハゲ…」と陰口を叩く輩を一人でも減らしたいからです。この手の輩は仕事ができないと相場が決まってます。薄毛の方が薄毛を克服すると陰口のネタが無くなりトイレに籠って泣きべそ垂らすでしょう。何だかんだと書きましたが、薄毛を克服した一人として少しでも多くの方にフサフサ頭をキープしていただきたいと思います。

では、本題。

薄毛の兆候


繰り返しになりますが、35歳になった頃より薄毛の兆候を確認しました。正確に言うと、薄毛の兆候から目を背けられなくなりました。20代はどちらかというと毛の量は多い方。美容院でも髪の毛をすいてました。

30歳になってからも髪型こそ変わりましたが生え際のM字部分、頭頂部などの薄毛になりやすい部分も特に問題ありませんでした。家系的にいつかは髪の毛の問題で悩むと覚悟していましたが、30代に入った時点では薄毛の悩みはありませんでした。

そんな私ですが、35歳になった頃、お風呂で頭を洗ったときに抜け毛が増えたことに気付きました。洗面器や湯船に浮かんだ抜け毛を見ると、抜けた毛の長さが短く、妙に細いことも気になりました。抜け毛が増えたような気がしてからは頭を洗う度に抜け毛の量をチェックしましたが、残念ながら気のせいではなさそうでした。

その後、数か月も経過する頃には、頭を洗い終えた後の毛髪の量が以前に比べ明らかに少なくなったように感じました。M字の部分も髪型で薄毛を隠すのは厳しい状態に。屋内ではまだしも、屋外で直射日光を浴びると薄毛の部分が目立ってしまうのです。まるで漫画の話のように、禿げ頭に光が反射するアレです。この頃になると嫁さんや子どもからも「最近薄くなった?」と言われるようになり、このままでは薄毛が進行しハゲ散らかすのは時間の問題という状況でした。

薄毛に抵抗する


薄毛の兆候を確認してからは薄毛対策について色々と調べ、自分なりに対処しました。

頭皮の汚れで毛穴が詰まり薄毛になることがあるそうですが、私のケースでは特に問題なさそうでした。育毛にはバランスの良い食生活が必要とのことですが、これも比較的良好だと思います。髪の毛に良いとされるミネラルたっぷりの海藻なども食べましたが、効果なし。サクセスや薄毛対策用の発毛効果があるシャンプーなども幾つか試しましたが、痒みやフケなどには効果の違いを実感したものの、薄毛に対しては効果性を感じたものは有りませんでした。

※AGA男性型脱毛症の場合、頭皮を綺麗にする等のシャンプーは全く効果がありません。

この頃から私の薄毛の原因は男性ホルモンの問題、いわゆるAGA男性型脱毛症ではないか?と考えるようになりました。理由は次の通りです。

AGAの薄毛メカニズム


AGA男性型脱毛症で薄毛になる原因は脱毛ホルモンの影響です。

脱毛ホルモンの生成には、男性ホルモンの「テストステロン」が関係しています。通常、テストステロンは男性の健康上、必要なものです。

しかしテストステロンが体内に存在する「5-αリダクターゼ」という還元酵素と結びつくと、抜け毛を促す脱毛ホルモン(ジヒドロテストステロン DHT)に変わってしまいます。

毛髪にはヘアサイクルという周期があり、正常な毛髪は成長期、退行期、休止期の3期を繰り返します。このうち毛髪が成長する成長期は2年から6年ほどと言われており、髪は一定期間成長したあとで自然に抜け落ち新しい髪に生え替わります。

AGA男性型脱毛症は脱毛ホルモン(DHT)が成長期の毛髪に抜け毛を促すことで成長する前に毛髪が抜けてしまい、薄毛になります。

この脱毛ホルモンの元となる「テストステロン」と「5-αリダクターゼ」の結合をブロックするのが、あとでご紹介するAGA治療薬「プロペシア」や「フィナロイド」に含まれる成分、フィナステリドです。抜け毛を促すDHT(脱毛ホルモン)の生成を抑え、薄毛の進行を防ぐことができます。

AGA男性型脱毛症は食生活の改善や育毛シャンプーなどではどうすることもできません。薄毛を受け入れるか、あるいは、AGA専門のクリニックで正しい診断を受けて薄毛に立ち向かうか。

私は後者を選びました。

※上記を簡単に説明すると本来は男性の健康上に必要なホルモンが、体内で脱毛ホルモンに変わってしまい、その影響で薄毛が進行する病気(AGA男性型脱毛症)になります。AGAになると本来は成長期の毛髪に対して抜け毛の指令が出るため、成長する前に抜けてしまい、時間の経過とともに薄毛が進行してしまいます。

薄毛の対策は早めが吉


薄毛の原因がAGA男性型脱毛症の場合、とにかく早めの対応が重要です。毛根が無くなってからの発毛・育毛は難しいからです。なぜかというと、毛根が無いからです。

そういった意味では薄毛の兆候に気付いた時に如何に真剣に問題と向き合い、対処出来るか?がその後の命運を分ける形になります。

私も薄毛の兆候に気付いた時に最初はそこまで気にしてませんでしたが、実際に薄毛の兆候が現実のものとなり始めると、このままのペースで毛髪を失うと数年後、あるいは数ヵ月には一体どうなってしまうのだろう?と急に不安になりました。その後、正しい診断と薬を飲むことで40代が近付いた今でも黒々とした毛髪を維持することができました。

今振り返ると、薄毛の現実と不安を正しく受け止め、様々な原因と対策を検討できたことが薄毛と付き合う上での大きなターニングポイントとなったと思います。


AGAクリニックで診断


薄毛になり始めた原因がAGA男性型脱毛症ではないか?と考えた私は、自分なりに調べると同時に、知り合いのドクターや薬剤師に相談しアドバイスを求めました。結果は35歳という年齢や急に薄毛が始まったことなどからAGAの可能性が高く、心配なら一度専門の病院で診察してもらった方が良いという最もな回答でした。幸いなことに趣味のヨットレース(オーナーがお医者さんというチームも多い)繋がりでAGAクリニックを紹介してもらうことが出来ました。

AGAクリニックでは頭皮の診断の他、食生活、生活習慣、睡眠時間やストレスについて問診を受けました(生活習慣も育毛環境に関係するとのこと)その他、父親や父方、母方それぞれ薄毛の親族の有無を確認されました。私の場合は父は物心付く頃からM字ハゲでした。父方の祖父は70代の写真や記憶しかありませんが、全体的にハゲていました。母方の父は完全にハゲ散らかしていました。

このようにハゲのサラブレッドである私ですが、診察の結果は予想通りAGA男性型脱毛症でした。幸い、頭皮の状態は良好で年齢や薄毛の進行具合から内服薬で改善される可能性が高く、脱毛を抑えるプロペシアと発毛効果のあるミノキシジルを服用することになりました。なお、薄毛がもう少し進行している場合はプロペシアとミノキシジルの内服薬だけでなく、ミノキシジルの外用薬も併用するそうですが、その場合はさらに料金が高くなるため、早めの対処で経済的にも助かりました。

プロペシアとミノキシジルの内服を始める


AGAクリニックで処方された薬は脱毛を抑えるAGA治療薬のプロペシアと、頭皮の血行を促進させ発毛促進効果のあるミノキシジルの2種類でした。薬代は2つ合わせて月額で2万円弱。安くは無いですが、ウワサで聞いていたほど高くもなく。毛髪を失うことに比べれば支払えない金額ではありませんでした。それぞれの効能は次の通りです。

プロペシアの効能

毛髪が成長する前に抜けてしまう(AGA)原因とされている男性ホルモンの一種、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を防ぐ働きがあります。フィナステリドを含有するAGA男性型脱毛症の治療薬です。フィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害します。男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制することで、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

ミノキシジルの効能

ミノキシジルは頭皮の血行を促進させることによる発毛促進効果があります。リアップと同じ有効成分のミノキシジルを含有する内服薬です。ミノキシジルタブレットに含有されている有効成分のミノキシジルは、血管平滑筋を弛緩させて血管を拡げます。血流を増加させることで毛髪再生に必要な栄養素を届けて、毛乳頭を活性化させ、毛髪の成長を促します。

なお、プロペシア自体は薄毛を抑えるだけで、これだけで増毛効果はありません。毛を増やすのはミノキシジルになります。また、プロペシアとミノキシジルと併用することで、フィナステリドの有効成分が頭皮にも行き渡る効果もあり、フィナステリドとミノキシジルを併用することで高い育毛・増毛効果が期待できます。

AGA治療薬の効果


AGA治療薬の効果は素晴らしいものがありました。飲み始めから3ヶ月で抜け毛が減り、抜け毛が減ってからは髪の毛の1本1本が太くコシが復活しました。生命の活動が途絶えそうだったM字の生え際部分からは、いくつもの新しい命が誕生。

結果、AGA治療薬プロペシアとミノキシジルを飲み始めて半年ほど経過する頃には生え際から頭頂部まで見事にフサフサに生え揃い「科学の力はすごい!」と感じました。

日本皮膚科学会の調査結果


個人的には十分な効果性を感じていますが、一般的にはどうなのか。日本皮膚科学会の調査結果がありましたのでご紹介します。

●内服1年

現状維持より高い改善効果を得た:58%

●内服2年

現状維持より高い改善効果を得た:68%

●内服3年

現状維持より高い改善効果を得た:78%

出典 日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

この調査結果から、3年服用した場合は8割近くが薄毛が目立たなくなるなどの、増毛効果が出たとされています。

周りの感想


周りの人の感想として、妻からは「ハゲ薬飲むんだったら、ハゲ頭のビフォーアフター撮ってブログのネタにすれば?」という感じでした。すっかり黒々とした今現在では「ホントに効くのね。だからネタにすれば良かったのに。薬止めてもう一度ハゲてからネタにすれば?」というコメントをいただきました。

子どもたちの感想としては2つあり、一つは薬が効いてハゲなかったことを素直に喜んでいる様子。もう一つは父親がハゲ薬(ハゲ薬では飲むと禿げてしまうので正確にはハゲ防止薬、あるいは薄毛対策の薬とするべきですが、子どもにはハゲ薬の方が伝わりやすい)を飲んでいること自体が面白いようで、「パパ、ハゲ薬飲んだの?飲まないとハゲるよ?」と度々弄ってきます。

身内に薄毛が多く、ハゲ感度が高い嫁さんのお母さんは「最近黒々として本当に髪の毛増えたね。薬飲んでるのですって?XXXにも紹介してあげてよ。」と一早く私の毛髪の変化に気付き、身内への展開を考えていました。

一番接することが多い会社の人については、一度、薄毛の話題になった時に「実は俺、ハゲそうになったからAGAの薬飲んでるんだ」というと、一同ビックリ。薄毛であるとは誰も思っておらず、早めに対処したことが功を奏したのか、薄毛の悩みを抱えていたことすら意外だったようです。

余談ですが、私が薄毛の悩みをAGA男性型脱毛症の薬で克服したという話を知った同僚から口コミで話題が広がり、今では同じ悩みを抱える悩める子羊たちから「そ、その頭、、どうやったんですか??」と頻繁に相談を受けるようになりました。

男性型脱毛症の仕組みとAGAクリニックやAGA対策の薬の話をするうちに、噂が噂を呼び、社内ではちょっとしたハゲの神様状態。毎日のように後述するAGAのジェネリック薬品を飲んだ同僚から「生えてきました!」など、うれしい報告を受けています。

オオサカ堂の薬に切り替える


その後、プロペシアとミノキシジルの発毛・増毛効果には満足していましたが、毎月の薬代2万円が負担に感じるようになりました。それもそのはず年間にすると20万円以上と家族でそれなりの旅行に行ける金額です。自分の毛髪のためにそこまで投資する必要があるのか?

とはいえ、子どもが大きくなるまではハゲ散らかす訳にはいかない。自分なりに調べたりハゲの先輩に相談した結果、クリニックで処方されたプロペシアを飲み始めて半年ほど経過した頃にプロペシアのジェネリックであるフィナロイドに切り替えました。これらの薬は後述するオオサカ堂で購入しています。結果、毎月の薬代は2万円から2,000円弱に。大幅にランニングコストを下げることができました。

薬の副作用は?


フィナステリドを服用した場合の起こり得る副作用の症状と発現率として、日本のプロペシアの製造販売元でもある「MSD」のデータによると、男性機能障害:約1%、肝機能障害:約0.2%とされています。

風邪薬でも副作用の発現率は3%ありますので、副作用の発現率は低いと言えるでしょう。

プロペシアやフィナロイドなどのAGA男性型脱毛症の治療薬は、毛髪サイクルを整える働きがあるため、服用を始めて1ヵ月前後に初期脱毛と言われる一時的に抜け毛が増えるタイミングが生じます。

私の場合は服用して1ヵ月後から3ヵ月目までは若干抜け毛が増え、その後抜け毛が少なくなり、4~5ヵ月目には髪の毛が太く、量も増え始めました。

6ヶ月を過ぎる頃には見た目にもはっきり増毛を実感。嫁さんにも最近黒々してきたね、と言われるようになり、人から見ても毛が増えたことが分かるようになりました。このようにAGA治療薬は副作用が出ない限り、服用して半年は必ず継続する必要がありますのでご注意ください。

薬を飲み始めてからの体調の変化


副作用については35歳から服用を始め、2019年時点で約3年間服用を続けてます。良く言われる副作用と私が体感した影響は以下の通りです。

●体毛が毛深くなる

 幸い特に変化ありません。嫁さんに聞いても、特に変わったようには感じられないとのこと。

※その後、ミノキシジルを10mgに増やしましたが、毛深さについては特に変わっていません。

●性Xの減退

 特に変化なし(元々…)

●眠気

 特になし。頭痛や発熱時にバファリンを飲むことがありますが、バファリンを飲んだ時の眠気に比べると特になしだと思います。

●他の薬との飲み合わせ

 アレグラなどヒスタミン系の花粉症の薬を飲むことがありますが、一応服用時間はずらしています。特に気付きや変化はありません。

●肝機能障害

 毎日缶ビール1本晩酌してますが、この数年、健康診断で指摘されたことはありません。

●痒み

 AGA治療薬を飲み始めてから頭皮の痒みが気になり、シャンプーをフケ・痒みを軽減するタイプの商品に変更しました。1ボトル千円程度と特に高価な商品ではありませんが、現在は気にならなくなっています。

その他、副作用ではありませんが1年を通じて時々抜け毛が増える(薬の効果が弱まる?)時期があります。期間的には1週間から長くて3週間くらい。関連性は不明ですが私は慢性的に胃腸が弱いためお腹を壊している時が続くと薬が弱まるような気がしています。もっとも、今のところは毛が薄くなるほどではなく。しばらくすると薬が効いている状態にもどるので、抜け毛が増えた時は「また始まったか…」くらいの感覚で受け止めています。

また、薬を飲む時間も朝飲んだり夜飲んだりと不規則にするのではなく、私のケースでは毎朝飲むように時間を決めて飲む方が効き目が高いように感じています。

薄毛対策の費用対効果


一番最初に手を出した育毛・増毛を売りにしたオーガニック系のシャンプーは1ヵ月分で4,000円近くしましたが、まったく効果がありませんでした。振り返ると、AGAの場合は男性ホルモンの問題で抜け毛が増えるのでシャンプーを変えてもどうしようもありません。

AGAクリニックで処方されたプロペシアを飲んでいた頃は月の薬代が2万円ほどでした。年間で24万円とけっこうな負担になりました。

現在オオサカ堂で注文している「フィナロイド1mg100錠 + ミノキシジル5mg100錠」は約5,600円+送料で100日分、3ヵ月持ちます。

2つ、3つとまとめて購入するとボリュームディスカウントがあるので、月当たりの薬代は2,000円以下。1日あたり缶コーヒー1本分にも満たない金額で薄毛の悩みとオサラバできるため、費用対効果は非常に高いと思います。

フィナロイドとミノキシジルの購入方法


残念ながら日本では処方箋が無ければ薬局でフィナロイドを購入できないため、オオサカ堂という個人輸入の老舗サイトで注文しています。

(海外から個人輸入するのは法律上問題ありません)

オオサカ堂は薬の個人輸入サイトとして日本で一番利用者が多く安心感が違います。花粉症の薬と合わせると10年近く利用していますが、これまでに一度もトラブルはありません。価格的にも他の個人輸入サイトと比較してもフィナロイド1mg100錠
+ ミノキシジル5mg100錠のセットが月あたり2,000円弱と最も安くなっています。

オオサカ堂をおすすめする理由


個人輸入を利用する場合、最も大きなリスクは薬が本物か偽物かです。

日本一の個人輸入サイトであるオオサカ堂はその不安を解消するため、正規品を保証し、薬の成分鑑定結果をサイトで公開しています。

お金が掛かりそうな成分鑑定だけに他はどうなっているのか幾つか調べましたが、成分鑑定をしている個人輸入通販サイトはオオサカ堂の他にはほとんどありませんでした。個人的な感想としてもオオサカ堂の薬は信頼性が高いと思いますし、ネットの情報でも偽物が届いたという口コミは無いようです。

クレジット決済が利用できないという不便さはありますが、信頼性の高さという点においてはオオサカ堂が一番安心感があります。

オオサカ堂の注文の流れ


以下にオオサカ堂の注文の流れを説明します。

下のリンクからフィナロイド1mg100錠 + ミノキシジル5mg100錠のページに遷移します。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

1)購入する数を選んでカートに入れる

複数で注文すると1セット当たり約200円の割引が受けられます。服用から最低半年は継続する必要がありますので2セット以上まとめて購入するのがおすすめです。

ミノキシジルは5mgと10mgタイプがあります。

私はフィナロイド1mg、ミノキシジル5mgを服用していますが十分な育毛・増毛効果を実感できています。初めての方はミノキシジル5mgで始め、半年様子を見て効果が弱ければミノキシジルを10mgに増やすのが良いと思います。


※フィナロイドは1日1mg(1錠)が上限とされています。ミノキシジルは1日服用量5mg(1錠)から開始することが推奨されており、必要に応じて1日服用量20mg(4錠)まで増量ができ、その後、1日服用量40mg(8錠)まで増量出来るとされています。

2)支払方法を選択する

※現在は銀行振込のみとなっています。

3)発送先を入力する

4)注文完了!

5)注文連絡メール

振込先が記載されていますので忘れずに振り込んでください。

6)振込確認メール

振込確認後、翌日までに確認メールが届きます。

7)発送通知メール

商品の発送に関する案内メールが届きます。

8)商品の到着

通常、5日から10日で日で商品が届きます。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠

AGA男性型脱毛症は薬で治る


繰り返しになりますがAGAは最低6ヵ月は薬を飲み続けないと効果がありません。フィナロイド&ミノキシジルを飲む時は、6ヵ月以上継続してください。

言い換えると、AGAが原因による薄毛の場合は飲み薬で治る可能性が高い病気です。AGAは進行性の病気のため、治療は早ければ早いほど治る可能性が高くなります。

AGA男性型脱毛症の治療薬、フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠の注文はオオサカ堂が安くて安心・便利。

オオサカ堂での注文はこちらからどうぞ。

フィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠




薄毛の悩み相談受付中です。

誰にも相談できず困ってる等ありましたら下記の何れかよりお気軽にどうぞ。

Twitter:@hamaji36
mytwochildrens@gmail.com


CX-8検討中の方へ参考になりそうな動画をYouTubeにアップしてます。
マツダCX-8動画

30代からの薄毛対策
薄毛の悩みは早めの飲み薬で解決!AGA治療薬プロペシアとミノキシジル