(CX-5小ネタ集) 最近買ったものとブリジストンのスタッドレス「DM-V2」の推奨空気圧|イクメンライフハッカー

(CX-5小ネタ集) 最近買ったものとブリジストンのスタッドレス「DM-V2」の推奨空気圧

マツダCX-5ブログ、ちきちき小ネタ集です。

ワイパーゴムを買い替えた

水滴の拭き上げが甘くなったのでワイパーゴムを買い替えました。今回は間違えないよう、純正ワイパーブレードの換えゴム(SOFT99 ワイパー替えゴム ガラコワイパーパワー撥水 No.131)を買うことができました。これでやっと超絶ダサいワイパーとおさらばできます。

CX-5オーナーのみなさん、ワイパーは間違えないようデザインワイパー(エアロワイパー)を買ってください。ほんとにダサいです。


EGRのバグガードを買った

バグガード(ストーンガード)を買いました。虫よけや小石による飛び石キズ対策という名目ですが、デザインが気に入ったのが一番の理由です。CX-5用のバグガードはUSを始めいくつかありますが、インスタで先輩のCX-5を見てからEGR一択で。

Amazonが売り切れだったので手に入らないかと思いましたが「シグマスピード」さんというカーショップで取り寄せ注文できました。納期は約1ヶ月です。

実はバグガードを付けると見た目の印象が結構変わってしまうのですが、妻さまには「泥除け買う。小遣いで買うからヨロピコ」としか伝えてません。実写を見たらブッ飛ばされるかも知れませんが、どうしましょ。。

(当然写真は無し)


ブリジストン スタッドレスDM-V2の推奨空気圧

冬場は17インチのホイールにブリジストンのスタッドレスタイヤ「DM-V2」を履いていますが、このタイヤ、空気圧をCX-5の指定気圧より上げると乗り心地が大変悪くなるのです。

マツダCX-5 KE型 17インチタイヤの指定空気圧は2.3kpaですが、これを2.4kpaとたったの0.1kpa上げただけで高速道路の継ぎ目を「ダン!」と弾くほど乗り心地は悪化。凸凹路面を走った際は辟易するほど。

逆に2.3kpaならまずまずの乗り心地となり、2.2kpaに落とすと印象は大きく変わり高速道路の継ぎ目程度の段差なら「タン!」と軽くいなすまでに良くなります。「DM-V2」は空気圧にセンシティブなタイヤだと感じます。

一昔前は空気圧は若干高めに入れるのが良いと教わりましたが、今の車は指定空気圧に合わせるのがベストですね。空気圧が減りすぎた場合は空気圧センサーが教えてくれるので、2.3kpaに合わせ月一でチェックするくらいの運用が吉でしょう。CX-5のタイヤ空気圧は、指定通りで乗るのがおすすめです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします