どっちのモンブランが美味しい?小川珈琲、丹波和栗のモンブラン対バイエルン、クランツモンブラン|イクメンライフハッカー

どっちのモンブランが美味しい?小川珈琲、丹波和栗のモンブラン対バイエルン、クランツモンブラン

全国うまいもの大会で購入した、小川珈琲、丹波和栗のモンブランと西洋和菓子バイエルン、クランツモンブランを食べ比べてみた。人気のケーキ、モンブランを食べた感想をテキトウにレポート。

先ずは小川珈琲、丹波和栗のモンブランから。





小川珈琲、丹波和栗のモンブランはやや小さめ、スポンジが少なく中も栗のムースになっている。


栗の風味が活きた濃厚な味わい。お店でみた時は525円という値段の割に小さいと感じたが、濃厚な味でちょうど良い量だった。


続いて西洋和菓子バイエルンのクランツモンブランを食す。


小川珈琲、丹波和栗のモンブランと違い、ボリューム感が半端ない。


あっさりとしたスポンジにたっぷりのマロンクリームが相性抜群でとても美味しかった。モンブラン対決、嗜好が違うモンブランだったのでこの勝負は引き分け・・・



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします