まだAppleケアでバッテリー交換してるの?消耗したiPhone6のバッテリーを15分で交換し完全復活させてみた|イクメンライフハッカー

まだAppleケアでバッテリー交換してるの?消耗したiPhone6のバッテリーを15分で交換し完全復活させてみた

バッテリーの持ちが悪くなった。前のようにサクサク動かない。頻繁に電源が落ちる。

先日のことですが、Appleがバッテリーの消耗したiPhoneの性能を意図的に落としていることを公式に認めたこともあり、バッテリー劣化による性能低下が気になっている人も多いのではないでしょうか。

我が家も妻が使っているiPhone6のバッテリーの持ちが悪くなりましたので、バッテリーを交換することにしました。

iPhone6の交換用バッテリー


というわけで今回iPhone6の交換用バッテリーとして用意したのがこちら「DIGIFORCE バッテリー 交換 PSE 工具付 for iP 6」です。DIYバッテリー交換のベストセラーとしてAmazonでめちゃくちゃに売れているバッテリーで、工具付きで2,000円ほど、工具無しのバッテリーのみでは1,600円ほどであります。

今回iPhone6のバッテリーを交換するにあたっては、やはりドライバなどがそろっている方が便利なので工具付きセットを購入しました。さっそく交換してみましょう。


DIGIFORCE バッテリー 


こちらが届いたDIGIFORCEのバッテリーです。


開封するとこんな感じ。

バッテリーに加え、iPhoneを分解するのに必要なドライバー、ピック、カバーを剥がすのに使う吸盤など、これさえあれば何もいらないお手軽キットとなっています。


こちらは皆さんご存知のiPhone6です。

(Xでも、お買い得になった7にでも替えてくれれば、こんなめんどくさいことしなくて済むのに)


iPhone6のバッテリーを交換する


さっそくバッテリーを交換していきます。

なお、iPhoneのバッテリー交換方法は画像や動画をふんだんに使ったサルでも分かるような懇切丁寧なサイトが山のようにありますので、ここでは詳細は割愛させていただき、ポイントのみ記載させていただきます。

また、交換作業にあたり、夕飯でお酒をしこたま飲んでしまったので若干手元が狂ったり記憶があいまいなところがありますが、それでも15分であっさり交換できましたことを合わせてご報告させていただきます。

若干話がそれましたが、iPhone6のバッテリーを交換するにあたってカバーを完全に取り外す必要はありません。カバーを開けたら写真のように台や人に持ってもらうなどして開いた状態で固定し、赤丸のブラケットを外します。


ブラケットを開けたらコネクタがみえますので、左側のコネクタを真上に上げるようにして外します。右側のコネクタは触らないでください。


コネクタを開けたところです。


コネクタを外したら、バッテリーを外していきます。

バッテリーは両面テープで固定されているため、写真のようにiPhoneに対して平行に引っ張るようにして剥がしていきます。剥がれ難い時はドライヤーで軽く温めると接着剤が緩み剥がれやすくなります。


両面テープを剥いだらピックを使ってバッテリーを外します。


後は逆の手順で新しいバッテリーに両面テープを張って取り付けるだけ。ベロベロに酔った状態で作業していましたが、それでも15分ほどで交換できました(写真で分かるかも知れませんがiPhoneの液晶を支える台として飲みかけの焼酎のボトルを使っています)

純正バッテリーに交換する場合、Appleケアに入っていても1万円前後かかりますのでDIY交換はお得ですね。


バッテリー交換後の作業


バッテリー交換後にiPhoneを起動させたら、バッテリー診断ソフトでバッテリーの状態を確認して作業完了。診断結果は完璧、当然ホームボタンやタッチパネルなどの不具合も全くありません。個人的に妻には新しいiPhoneを使ってもらいメカオンチから脱出して欲しいところですが、お買い得に交換できたので良しとしましょう。

DIGIFORCEのバッテリーは、もう少しiPhoneを使いたい人に安心しておすすめできるバッテリーでした。




いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします

 

0 件のコメント :

コメントを投稿