キッズ用スノーボードのバインディングはWMSのMサイズでも代用できる(Chopper on Citizen )|イクメンライフハッカー

キッズ用スノーボードのバインディングはWMSのMサイズでも代用できる(Chopper on Citizen )

キッズ用のスノーボードのバインディングはいくつかありますが、キッズ用のバインディングの多くは簡素な造りで心もとない。

それだったらいっそ、サイズの合いそうなレディースモデルを付けてみたらどうなのだろうと試してみるとこれが最高にマッチしたのでご紹介したいと思います。

※自分でセッティングできない方にはおすすめできません
※サイズが合うかどうかはメーカーのサイトで確認してください


というわけでこちらは子ども用に購入したBurtonのチョッパーというキッズ用スノーボードです。バインディングは同じくBurtonのシチズンというレディースモデル。どちらも予算の都合で昨年モデルになります(それでも長女&長男と2セットそろえたのでかなりの出費に)


それにしても、Burtonのキッズ用ボードはグラフィックがド派手ですね。個人的にはシンプルなデザインが好みですが、ことキッズ用スノーボードに関してはBurtonのマテリアルに勝るものなしと理解しておりますので他の選択肢はありません。

ちなみに私の板はYonexです。Burton信者ではありませんが、バインディングやブーツは長年Burtonを愛用。もし今後板を買い替えることがあればBurtonを選びます。

昔から全部Burtonはダサいと考え板だけは他ブランドを使っていましたが、オッサンになればダサイもクソもありません。なるべくならメイドインジャパンを買いたいですが、最近はもっぱらコスパ重視。スノーボードのパイオニアは性能面でも頭一つ抜けているのです。


話がそれましたが、バックサイド側から見るとこんな感じです。

バインディングはとりあえず乗せているだけですが、ブーツを付けた状態でも板からはみ出るわけでもなく、マッチングは良好。ただし、この板は120㎝モデルですがこれより小さいとシチズンのMモデルは大きすぎるかも知れませんので、相性の確認は必須です。


バインディングに長女用のブーツ、Burtonエメラルドを付けてみました。

Mサイズのシチズンに23センチのエメラルドですが、こちらもマッチングは上々。シチズンはエントリーモデルのため、ハイバックのフィッティングが甘めですが、初心者が使う分には問題ないでしょう。バックサイドもガンガン踏んでいけるようになれば、上位モデルに買い替えます。


エントリーグレードのシチズンにミドルグレードのエメラルド?と思われた方も多いかも知れませんが、実はこのエメラルドは妻が数年前に使っていたブーツです。長女の足のサイズは22センチと妻と1センチしか変わらず、実際に履かせてみると許容範囲の大きさでしたので、長女が使うことになりました。

ちなみに妻は「寒いからもうボードは引退する」とのことです。昔はニセコでマイナス18度のゲレンデをかっ飛ばしていたのに、もったいない。


また話がそれましたが、こちらは長男用のブーツにシチズンを合わせたところ。こちらのブーツはサロモンのブーツですが、近所のブックオフで掘り出し物をゲットしました。

レンタルショップによっては、へたってクッタクタのブーツが出てきますから100万倍マシです。


サロモンのブーツとも相性はバツグン。シチズンのMサイズは23~25センチのブーツが目安ですが、ブーツ形状によって良し悪しがありますのでその辺は慎重にチェックしてください。


ヒールもムリなく入り、遊びがありません。


最後にシチズンというバインディングの感想ですが、エントリーモデルということで若干心配していましたが、予想はよい意味で外れました。フレックスはBurtonの表記で5段階中の2番目に硬い(ようするに柔らかいバインディング)モデルですが、柔らかすぎることもなく、初心者の子どもが使うにはちょうど良い。

気になる重さもキッズ専用バインディングに比べ気になるほどの違いはなく、むしろ、キッズの道具としてはバインディングよりボードに気を遣うべきでしょう。すぐに足が大きくなる子どもにおいても2~3年は活躍してくれそうな予感です。

またまた話がそれて恐縮ですが、私が今使っているカーテルはBurtonの中でも上位モデルのバインディングですが、ちょっと柔らかすぎるように感じます。昔、CFXというガッチガチのバインディングを使っていましたが、CFXに比べてしまうとレスポンスが悪く切れのある滑りができません(技術の問題かも知れませんが)妻の監視が緩んだすきに、入れ替えてやろうと目論んでいます。


チョッパーはChannelシステムではありませんので、3Dプレートで取り付けます。シチズンはRe:Flexなので全てのマウンティングシステムと互換性があるため取り付けの問題はありません。ボードに滑り止めが付いていることもあり、ガチガチに締めなくてもしっかりホールドされます。


FullBEDクッションで足元も快適。子どもが使う分には十分ですね。


Chopperはラッキーなことに購入時の無料オプションでホットワックス付きで届きました。これからスクレパーでワックスを落とし、ボアブラシと馬毛ブラシでソールを仕上げたら、ダリング・ビべリングもぬかりなくチューンしたいと思います。

以上、Burtonのスノーボードとバインディングに完全に満足したという話でした。






いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします