マツダCX-5のスマートキーの電池が無くなった場合のエンジン始動方法メモ|イクメンライフハッカー

マツダCX-5のスマートキーの電池が無くなった場合のエンジン始動方法メモ

CX-5ブログです。

昨日CX-5に乗った際、「スマートキーの電池残量が少なくなっています」というメッセージが表示されたのでイザというときのために電池が無くなった場合のエンジン始動方法をメモしておきます。

電池変えろって?





キーが電池切れしたときのエンジン始動


1.エンジンが完全に始動するまで、ブレーキペダルをしっかりと踏み続けます。
2.プッシュボタンスタートの表示灯(緑)が点滅するのを確認します。
3.プッシュボタンスタートの表示灯(緑)が点滅中に、キーの裏面でプッシュボタンスタートに触れます。
4.プッシュボタンスタートの表示灯(緑)が点灯に変わったら、プッシュボタンスタートを押します。

出典 マツダCX-5操作マニュアル

マニュアルによると、残量不足のメッセージが表示されない場合でも、以下のような場合は電池残量が少なくなっているようです。

・エンジンをきったときにメーター内のKEY表示灯(緑)が点滅する
・キーの作動表示灯が点灯しない
・どのスイッチを押しても作動しない
・作動範囲が狭く不安定になる

ちなみに、マツダCX-5のキーレスエントリーの交換電池はリチウム電池 CR2025 1個

交換方法はディーラー推奨ということでしたが、マニュアルに手順が記載されており、電池も家電量販店やネットで販売されています。

極端に安いものは寿命が短いことがあるので、注意してくださいね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします