アトラクションの待ち時間ま~ったく無し!3世代テーマパーク「みろくの里」を心の底から楽しんできた【写真94枚、ゆうえんち編】|イクメンライフハッカー

アトラクションの待ち時間ま~ったく無し!3世代テーマパーク「みろくの里」を心の底から楽しんできた【写真94枚、ゆうえんち編】

こんにちは。広島のイクメン、2児のパパです。

行楽の秋、長女の絵日記の1ページを彩るため、子どもたちの大好きな遊園地、3世代テーマパーク「みろくの里」へお祖母ちゃんと一緒に遊びに行ってきました。




広島の人気ゆうえんち、3世代テーマパーク「みろくの里」の料金(割引クーポン)、混雑状況(ガラガラ)、3世代での楽しみ方などを写真145枚でレポート。

みろくの里にパレードやショーはありませんが、行楽日和の日曜日に行っても待ち時間ほとんどなしでアトラクション乗り放題。幼児からお年寄りまでメッチャ楽しいゆうえんちなので家族で遊びに行ってみてくださいね~


どうでもいいお話し


CX-5 スカイアクティブD、2.2リッター直噴ターボディーゼルは最高出力129kW(175ps)/4500rpm、
最大トルク420Nm (42.8kgm)/2000rpmのパワー&トルク。

CX-5の魅力が最も発揮される高速道路の走りは100km/h 巡航は6速トップで約1800回転、2,000回転を超えたあたりからディーゼルターボらしいトルクの塊が盛り上がり、中間加速はやみつきになる気持ちよさです。

追い越しなどで頻度の高い100km/hからの加速は登坂でも全く関係ない力強さ。思わずアクセルを緩めたくなる速度域までエンジンが唸ることもなくロードノイズ、振動、直進安定性すべて高いレベルで快適です。

控えめに聞こえるターボチャージャーの音に耳を傾けながら、豪快な加速を楽しんでいると、、、

開園10分前の9時50分にみろくの里へ到着しました。


駐車場はガラガラ。

園内もガラガラ。

最高です。




みろくの里の料金


・入園券(遊園地入園+いつか来た道入園)

 大人800円、子ども700円

・スマイルパス(入遊園地入園+いつか来た道入園+遊具12機種)

 大人2,300円、子ども2,000円

・フリーパス(入遊園地入園+いつか来た道入園+遊具19機種)

 大人2,900円、子ども2,600円

※子ども料金は3以上、小学生まで。夏季のみフリーパス、スマイルパスでプールも利用可能。

※園内にて乗物券11枚綴り1,000円、22枚綴り2,000円で販売

フリーパスはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクスのチケット販売でも購入可能、大人、子どもそれぞれ100円引きになる前売り券(クーポン券)になります。



フリーパスとスマイルパスどっちを買うべきか


乗り放題の遊具が19機種のフリーパスと乗り放題の遊具が12機種のスマイルパスの料金差は大人、子ども共に600円フリーパスの方が高くなります。

子どもが幼い、怖がりでアトラクションに乗れない(乗りたがらない)場合、どちらのパスポートを購入するか迷うかも知れません。

差分の7種類のうち、絶叫系のヒマラヤコースター、スーパーバイキング、ジャイアントハンマーなどのアトラクションは子どもが幼い、(身長120cm未満)、子どもが怖がりかどうかでどちらを買うか決めれます。

絶叫系以外のアトラクションでは怖がりの子どもでも平気なゴーカート、急流すべりを乗り物券で利用する場合、ゴーカートは1人乗り300円、2人乗り500円、急流すべりは400円になりますので、両方とも1回ずつ利用する場合は700円とフリーパスを購入した方がお得になります。

フリーパスなら急流すべりは何回でも利用できる(ゴーカートは1回のみ)ため、子どもがもう一度乗りたいといった場合、更にお得になります。

子どもが3歳以上の場合、フリーパスを購入する方がお得に感じますね。


スマイルパスで乗れないアトラクションと乗り物券の料金


スマイルパスでは乗れないアトラクションを乗り物券で利用する場合、下記の料金が必要です。

・絶叫系、怖いアトラクション

ヒマラヤコースター(身長制限120cm以上)400円
スーパーバイキング(身長制限120cm以上)300円
ジャイアントハンマー(身長制限120cm以上)300円
ウェーブスインガー(身長制限110cm以上)300円

・怖くないアトラクション

急流すべり(3歳以上、小学生未満保護者同伴)400円
ゴーカート(3歳以上同乗可、120cm以上運転可)1人乗り300円、2人乗り500円

・その他

ガーデンゴルフ 400円


みろくの里の料金の話はこれくらいにして、ここからはお出かけ日記。

最初に体験したアトラクションはちびっこコースター、イモむし君。身長90cm~110cmは保護者同伴です。


5歳の長男「きんちょうするから、やめとく」

私に似てビビりの長男はこの手のアトラクションが苦手です。


ママ似の長女はこのくらいのジェットコースターでは物足りないくらい。


みろくの里は日本一空いている遊園地?


それにしても人が少ない。

天気の良い日曜日、秋の行楽日和だというのに信じられないくらい空いています。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオ・ジャパンの人混みが苦手な方も、みろくの里なら気持ちよく遊べますね。


こちらのコンボイはビビりの長男にピッタリのアトラクション。待ち時間は全く無し、その気になれば1日中グルグル回ることも可能です。


何が楽しいのかよく分りませんが、メッチャ楽しそうでした。


次に長女がチャレンジしたのはこちら、ウェーブスインガー。


心許ないブランコで空中を振り回されるアトラクション。高いところが苦手な私には何が楽しいのかサッパリ分かりません。


「ママ~、がんばって~」


アトラクションの後、感想を聞いてみると、

7歳の長女「コワかったけど楽しかった!」




おしい!広島、みろくの里の残念なところ


とっても楽しいみろくの里ですが、残念なところもあります。なぜか子どもの近くに設置された喫煙所。子どもたちとテーマパークを歩いていると、煙が漂ってくることがありました。

受動喫煙とは、喫煙により生じた副流煙(喫煙者が吸い込む主流煙に対してたばこの先から出る煙)、呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙(ETS)に曝露され、それを吸入することである。 
喫煙者が口や鼻から吐き出すたばこの煙、保持するたばこの先から立ち上る煙、空気中に漂うたばこの煙、ポイ捨てたばこや灰皿のたばこのくすぶりによる煙、目に見えない薄く広がった状態、煙粒子成分の除去された状態、喫煙後数呼吸に含まれる状態のいずれも、有害物質が多く含まれており、人の健康に悪影響を及ぼす。 
WHOによれば、職場の受動喫煙によって毎年世界でおよそ20万人の労働者の命が奪われている。

出典 ja.wikipedia.org 受動喫煙

みろくの里ディスりは以上。


みろくの里を3世代で楽しむ


3世代テーマパーク「みろくの里」にはお祖父ちゃん、お祖母ちゃんと一緒に楽しめるアトラクションがいっぱい!


こちらのクラシックカーはお祖父ちゃん、お祖母ちゃんと一緒に楽しめる穏やかなアトラクションです。



小銭を数枚奪われるバッテリーカー。





子どもたちが大好きなコーヒーカップ。ディズニーランドだったら40分待ちは当たり前ですが、みろくの里なら待ち時間無しで乗り放題です。



みろくの里は1日歩き回っても足が疲れない程よい広さ。


うちの子にはガーデンゴルフはまだ難しいかも。



おばあちゃんと長女。いってらっしゃ~い。


2児のママと長男。いってらっしゃ~い。

高いところが苦手な私はこれも立派な絶叫マシン。乗らなくて済み命拾いしました。


みろくの里の絶叫アトラクション


「ぜんぜん怖くないから乗ってみよ!」

絶叫系が大好きな2児のママは長女をダマしてスーパーバイキングへ。

なぜこんなヒドイことができるのでしょうか。


ママから預かった傘をブン回す長男。傘を地面にズルズルこすったり、柵をカンカン叩いたり。鬼の居ぬ間にやりたい放題です。


絶叫する長女。

ご愁傷様です。


「おねえちゃん・・・」

長男のイスになった日傘はほのかに歪んでました。。



気を取り直してメリーゴーランドへ。


幼児の機嫌はすぐ直ります。




不規則に浮遊するウェーブシャーク。





「そんなに怖くないから行ってみよ!」

再び悪いママにダマされる長女。

昔何度かダマされて以来、彼女の言うことはまったく信用できません。


他人事の長男は水遊び中。

傘を取り上げられヒマそうでした。


ジャイアントハンマーに乗車した長女。もう逃げられません。


ぶい~ん


ぶいい~ん


まっさかさま。


とんでもない動作を繰り返すジャイアントハンマー。私なら失神してます。


長女が息をしているか心配でしたが、アトラクション終了後は普通に笑いながら戻ってきました。


良心的なみろくの里はご飯も安い!


お腹空いた!とウルサイ子どもたち。

時計を見ると12時丁度だったのでファミリー亭で昼食をいただきました。


私はラーメンセット(750円)。

楽しみにしていた唐揚げは子どもたちに奪われましたが、テーマパークとしては良心的な価格と普通においしいラーメンに満足。


長女はオマケにつられてハンバーガーのキッズセット。


長男はお子様ランチ。

ちなみに彼は前日の夜ご飯もカレーでした。


アツアツのポテト(カリッとしており、普通にうまい)に文句タラタラでしたが、子どもダマしのオモチャで超ご機嫌に。

楽しそうでなによりです。


ファミリーバス。

幼児は喜びます。


ファミリー亭の前では大道芸人さんがパフォーマンス中。



いつか来た道は後編で。


魔法の森の正体は鏡の迷路。


正直微妙なお化け屋敷。こんなので怖がるのはビビりのワシくらいじゃろうて・・・


ビビりはもう1人いました。

思いのほか怖かったのか、渋い表情で出てきた長男。

「も~!ママ!!なんでさきにいっちゃうの!!!」

彼女はそういう人間ですよ。


2児のママ「ぜんぜん早くないし、楽しいから乗ってみよ!」

長女「イヤだ!」

人のいい長女も3度は騙されませんでした。


透明座席の観覧車は別料金


みろくの里は商売上手。通常の座席はフリーパスで乗車できますが、


透明のゴンドラは1人あたり200円の追加料金が必要です。



透明ゴンドラは足元が透明になっているので怖さ倍増。

私のようなビビりはオシッコを漏らさないよう注意しましょう。





高いところが苦手な私は下界で待機。



子どもたちの大好きなゴーカート。




2児のママと長男。いってらっしゃ~い。


おばあちゃんと長女。いってらっしゃ~い。


距離も長く楽しそうな子どもたち。






急流すべり。

トラブルのため、アトラクション体験まで15分程度待たされました。


いってらっしゃ~い。


私は本当にヘタレなので、これくらいの高さに上げられると簡単に気を失うことができます。





と~っても楽しいみろくの里。

いつか来た道編はこちらから。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします