カーブが不得意なドライバーが運転するCX-8の2列目シートに乗った感想|イクメンライフハッカー

カーブが不得意なドライバーが運転するCX-8の2列目シートに乗った感想

こんにちは、ハマジです。

CX-8の2列目ベンチシートの乗り心地について、次のような感想をご紹介したいと思います。

・2列目シートの乗り心地
・シートタイプによる乗り心地の違い
・運転の仕方と快適性
・空気圧による違い
・快適なリクライニング確度


2列目シートの乗り心地


はじめに、快適性が高いと言われるCX-8のセカンドシートですが、率直に言ってそれは環境次第で大きく変わると感じます。

まずザックリ感想を述べますと、CX-8のセカンドシートはシートサイズが大きくゆったり座れます。また、静粛性も高く、角の立った振動もよく抑え込まれており一般的に快適な部類と言えるでしょう。

ただし、乗り心地や快適性の面で特等席となるのはホイールベースのほぼ中央に座れる1列目シートだと思います。

普段CX-8の1列目シートに座り慣れている方は2列目に座るとチョット…と感じるかも知れません。車選びにおいて2列目の快適性を重視される方は運転席だけでなく、2列目・3列目にも乗って試乗するのが吉です。



シートタイプによる乗り心地の違い


次にシートタイプによる乗り心地の違いについて。

ご存じの通りCX-8の2列目シートはグレードやタイプに応じて1列目とほぼ同じLパケ以上のグレードに付くキャプテンシート、プロアクティブ以下の簡易キャプテンシート、ベンチシートの3タイプがあります。

なお、皮シートかファブリックかでもシートの張りや滑り難さなどで若干違いますが今回は割愛します。

CX-8のシートのサイドサポートは1列目>2列目キャプテン>2列目ベンチ>3列目の順に優れています。

私のCX-8はファブリックのベンチシートのため、サイドサポートに関しては正直3列目並みとなっています。

このサイドサポートの違いは真っすぐな道路を走っている限りは大した問題ではありませんが、カーブや交差点、車線変更などでは明確な違いとして体感できます。特に、Lパケ以上のキャプテンシートとベンチシートはけっこう違う。2列目以降の利用頻度や交差点やカーブが多い道を走る機会が多い方はご留意ください。

CX-8にはGVCという横揺れを抑える仕組みが付いてますので、いわゆるカーブで体が持って行かれる感覚は小さい車ですが、これも普段1列目に慣れている方はいつもとはチョット違う、誤解を恐れずに言えば不快な横揺れが気になるかも知れません。


運転の仕方と快適性


似たような話ですが、この横揺れ等で感じる不快な感覚はドライバーの運転スキルで大きく変わります。

例えば同乗者の頭をなるべく揺らさない運転、カーブ手前でスピードを落としなるべくGを掛けない方の場合はそこまで気にならないと思います。

一方で私の妻のようにカーブが苦手で山道を運転すると「自分自身の運転で酔うタイプ」の場合、これはもう、どうにもなりません。車以上に運転の仕方の方が何倍も重要だと思います。

余談ですが、、私の妻は先を読む運転が苦手なので

山道のカーブではオーバースピードで進入し、カーブ途中でブレーキを踏みます(ここで同乗者の頭は前後左右に揺すられる)

また、それによってスピードが落ち過ぎるとカーブ途中でも遠慮なくアクセルを踏んでいかれます(また揺すられる)

ワインディングなどではこれによって同乗者だけでなく、自分自身も気分が悪くなるという特異なスキルを持っています。

この課題については「山道は私が運転する」という方法で解決。

妻は助手席に座ると3分で寝るという特技もありますので、私が運転している限り平和な生活を維持できています。



空気圧による違い


話を戻します。

2列目の乗り心地はその着座位置より前輪よりも後輪の方が突き上げを感じ易くなります。

また、乗り比べた結果、空気圧を高めにした時の変化も2列目の方が突き上げが強く感じました。

ハンドリング重視で空気圧を指定値より高めの値が好みの方もいらっしゃると思いますが、2列目の快適性重視の方は標準(19インチ250kPa、17インチ230kPa)程度にとどめた方が良いと思います。



快適なリクライニング確度


最後に快適なリクライニング確度について。

2列目の快適性を語る時にリクライニング角度の大小が話題になることも多いですが、リクライニング角度は普通に座る時とロングドライブ等で車で寝るときで大きく分かれます。

一般的に普通に座るときはある程度シート起こした方が揺れた時の体勢維持が楽で疲れにくいです。
CX-8のベンチシートの場合は一番起こした状態と寝かせた状態の中間から気持ち起こした程度が疲れにくい角度だと思います。

一方で車で寝るときは話が違いますよね(めんどくさいので車で寝ることの是非や安全性等は割愛)
車で寝る時はシートバックが起きているとブレーキの減速Gで体が前にガクッとなる等、辛い場面が多くなります。

こういう時はガバっとシートを倒していた方が首が痛くならず良く寝られると思います。


色々感想を述べましたが、シートタイプや利用環境(2列目の利用頻度や交差点、カーブ等の交通環境)によって優先度は変わると思います。現状、あるいは購入後の車の使い方を想像しながら、どのタイプのシートを選ぶとより満足度が高いか考えてみるのも面白いと思います。

以上です。

アマゾンでお買い物をするならAmazonギフト券へのチャージがおすすめです。チャージ額 × 2.5%分のポイントがもらえます。損したくない方はギフト券でお得に買い物しましょう。


youtubeにマツダCX-8のレビューやお出かけ動画を公開しています。チャンネル登録をしてご視聴ください。