Banggood(バングッド)がお買い得!4K 60fpsアクションカメラ、SJCAM SJ8 PROレビュー|イクメンライフハッカー

Banggood(バングッド)がお買い得!4K 60fpsアクションカメラ、SJCAM SJ8 PROレビュー

YouTubeの投稿を初めてから車載動画やスノボなど、アウトドアの撮影でアクションカメラが欲しくなりました。

ただ、GoPro6は結構高い。

GoProにこだわりがある訳ではないので、もっとお得に手に入るアクションカメラは無いかしら…と悩みながら色々なサイトを調べていると、中国の大手通販サイトBanggood(バングッド)に大変良い商品がありました。

GoProよりも買い易く、かつ性能もかなりヨサゲなアクションカメラがこちら、SJCAM SJ8 PROです。



SJCAM SJ8 PROのスペック


チップ:Ambarella H22 S85
CMOSセンサー:SONY IMX377
解像度:12MP
フロントスクリーン:0.96inch OLED
メインスクリーン:2.33inch 720*480 IPS Retina Touch Screen
レンズ:7G
広角:170°
F値:2.8
焦点距離:2.8
映像解像度:4K:(3840×2160)25/30/50/60FPS
 1440P:(1920×1440),25/30/50/60FPS
 1080P:(1920×1080),24/25/30/50/60/120FPS
 720P:(1280×720)240FPS
映像フォーマット:MOV/MP4
エンコードフォーマット:H.264 / H.265
写真解像度:12MP (4000×3000 4:3)
 10M(3648×2736 4:3)
 8M 16:9 (3840×2160 16:9)
 8M 4:3(3264×2448 4:3)
 5M(2595×1944 4:3)
 3M(2048×1536 4:3)
 2MHD(1920X1080 16:9)
写真フォーマット:JPG / RAW
ジャイロスコ—プ手ぶれ防止
電池容量: 1200mAh
バッテリー使用時間:90分(WIFI OFF、SCREEN OFF、4K 60FPS)
重さ:約85g
サイズ:約62.5 mm * 41 mm * 28.8 mm


SJCAM SJ8 PROの特徴


メーカーはアクションカメラで有名なSJCAM。

GoPro Hero6を意識したスペックとなっており、GoPro Hero6と同じ4K 60fps撮影が可能。8倍のデジタルズームも備えています。

最近はテレビも4kが一般的になってきましたので撮影した動画をテレビで綺麗に見たいという方や、YouTubeに4K動画をアップしたいというニーズにも対応しています。

CMOSセンサーはSONY IMX377、エンコードはH.264 / H.265対応、6軸ジャイロの手振れ防止付き、重量85gで90分間撮影可能と私のようなライトなyoutuberには申し分のない性能。

30m防水ケース付きで水中動画も撮影可能。車だけでなく夏の海や川で活躍してくれそうな予感です。

肝心の価格はアクションカメラとケース、マウントなど一式セットで2万円弱。GoProに比べ大変お買い得です。レビューも5段階中、4.76の高評価(84件)。手振れ補正が優秀で激しい動きでなければジンバル不要なのだとか。これは期待が高まります。


SJCAM SJ8 PROの最安サイト


SJCAM SJ8 PROはAmazonやyahooショッピングなど、いくつかの通販サイトで買うことが出来ますが、2019/05時点では中国の大手通販サイトBanggood(バングッド)が一番安く購入できるようです。

BanggoodのSJCAM SJ8 PROが2万円を切っているのに対し、Amazonなどは約2万5千円と結構な開きがありました。

Amazonに慣れている我々からすると意外な感覚ですが、中国で製造される家電やガジェットを購入する場合は、Banggoodの他、アリババのAliExpresstやTOMTOPなど海外の通販サイトで購入した方が送料を含めても安価なケースも多くなっています。

海外の通販サイトは不安という方もいらっしゃるかも知れませんが、Banggood(バングッド)は2006年に立ち上げられた老舗通販サイトで、20万点以上の商品を世界200カ国以上に販売されています。もちろん日本語対応で、他のサイトに比べ初心者でも扱いやすくなっているのが特徴的だと思います。

単に安く購入できるだけでなく、日本のサイトで販売されてない商品も買うことが出来るのも魅力ですね。


Banggoodで商品を購入するには


初めてBanggoodを利用するときは最初にユーザー登録が必要です。Amazonなどを使ったことがある方の場合は特に迷うようなところはないので手順は割愛します。



商品を購入した時の配送は、Banggoodはアメリカ・ヨーロッパにも出荷倉庫を持っていますが、日本に発送されるのは中国・香港の倉庫からとなります。

配送方法は国際小包やEMS配送なども選択できますが、日本ダイレクトメールがおすすめです。配送日程3〜9日、料金630円、追跡あり。日本では佐川急便が対応しています。

支払い方法はクレジットカードの他、コンビニ払い、PayPalなどが利用可能。

少し前までは大手サイトでも日本語化されてなかったりと扱い難い印象がありましたが、最近の海外通販サイトは日本語が堪能なスタッフが多く、サポートや保証も充実した印象です。


SJCAM SJ8 PRO開封レビュー


さっそく届いたSJCAM SJ8 PROを開封レビューしたいと思います。パッケージもGoProに似たような感じで悪くないです。


SJCAM SJ8 PROは本体のみの商品もありますが、今回のは防水ケースやマウントなどがセットになったフルパッケージです。これだけ揃っていれば、とりあえず何も要りません。

と思ったら、ストレージ(microSDカード)は別売です。

4K60FPSの撮影には書き込み80MB/s以上のmicroSDカードが必要なため、今回はSanDisk (サンディスク) 64GB microSD Extreme PRO microSDXC A2 (読込 最大170MB/s 書込 最大90MB/s)を購入しました。

説明書は英語、中国語などで日本語の表記はありませんでしたが特に問題ないと思います。


防水ハウジングに入れた状態です。ケースに入れると30m防水となります。GoPro6はハウジング無しで10m防水のため、防水性能はGoProの勝ち。


ハウジングから出してみました。重量85gと大変コンパクトかつ軽量です。これくらい軽いと車載動画を撮るのにマウントを選ばないのが嬉しいですね。


電源ONするとバッテリーは半分残った状態でした。ざっと触った感じ、私は説明書は無しで問題無し。


撮影画素数やフレームレートは背面液晶画面で設定できます。タッチスクリーンで操作性は悪くないですね。SJCAM SJ8 PROがリリースされた当初はファームのバグが多かったようですが、最新版は安定しているようです。


言語設定を日本語に変更することで日本語表示になります。翻訳は多少怪しい所もありますが、実用上は支障ないです。


車載動画を撮影するときは本体と付属のマウントを使う形がメインになりそうです。

SJCAM SJ8 PROで動画を撮影した感想はYouTube動画で紹介予定。

2万円以下で購入できるアクションカメラとして、SJCAM SJ8 PROは安心しておすすめできる商品でした。

商品リンク:SJCAM SJ8 PRO
先着20人限定クーポンコード:hamaji36(5月31日まで)


  ご質問や感想はこちら