2018年、秋の大分1泊2日家族旅行の予算計画|イクメンライフハッカー

2018年、秋の大分1泊2日家族旅行の予算計画

こんにちは、ハマジです。

前回の記事からの続きです。

CX-8を買ったせいで、今年は2回目の家族旅行へ行くのは難しいかも…

ちなみに、ブログを書き始めた2012年頃から去年までの旅行履歴はこんな感じ。

2012 ディズニー3泊4日、岡山1泊2日
2013 ディズニー3泊4日 
2014 ディズニー2泊3日、四国松山2泊3日、大分2泊3日
2015 四国松山2泊3日、九州大分2泊3日(CX-5購入)
2016 ハウステンボス1泊2日、大分1泊2日
2017 ハウステンボス&長崎バイオパーク2泊3日、名古屋レゴランド1泊2日
2018 大分くじゅう2泊3日(CX-8購入)

※コテージキャンプなどは除く

2007年から2010年頃は出産や子どもが小さかったので旅行を控えました(ヨットレースの遠征などで私一人で神戸、鹿児島、離島などへ行ったものも除く。出張のついでに沖縄で遊んできたのも除く。控えたというか私一人で遊んできた訳です)

2001年から2007年までは7年連続の北海道スノボ旅行。ルスツ、トマムなど学生の身分を活かして平日に格安料金でスイートに泊まるなど充実した時代でした。2011年は覚えてません。

これが多いのか少ないのかは意見が分かれると思いますが、国内オンリーとは言え子育て世代としては比較的旅行してる方かも知れません。今年は節約しましょう。。


なーんて大人しく引き下がる私ではございません('ω')ノ

CX-8に乗換えて早3ヵ月。

契約から起算すると半年近く経過してるのです。

その間、缶ジュースを飲まないのは当たり前のこと、ランチや飲み会を控え、コツコツと貯金し、旅行予算を積み立てました。別に豪華なホテルに泊まりたいとかディズニーなどのテーマパークへ行きたいという訳でもありません。あっという間に大きくなる子どもたち。家族で楽しい旅行へ行けるのも今だけという賞味期限があるのです。というわけで、今回は10月に大分別府へ行くことにしました。

以下、秋の大分1泊2日家族旅行の内容と予算計画です。

旅行内容


1日目:大分アフリカンサファリ、別府泊、夕飯は皆で地獄蒸し作り体験
2日目:城島高原パーク

宿代/足代


宿泊費:XXXXX円
高速代:広島/別府 317km 片道5,370円、往復10,740円
ガソリン代:8,000円
---------------
計:XXXXX円

宿泊費は楽天ポイントを使ったこともあり、5人で泊まってX万円とタダみたいな料金となりました。テーマパークのホテルなんぞに5人で泊まれば10万くらい飛びますからね。最高です。

※金額出すな!と指摘が入りましたのでマスクしております。

レジャー費


●アフリカンサファリ

入園料:大人2,500円×3=7,500円
    子ども1,400円×2=2,800円

ジャングルバス:大人1,100円×3=3,300円
        子ども900円×2=1,800円

小計(バスあり)15,400円
  (バス無し)10,300円

サファリパークは地味に高いですね。バスは予約が取れなかったので当日券か、最悪はCX-8で園内に入らなければなりません。ライオンに引っかかれたらどうしましょ。。

●城島高原パーク

絶叫系アトラクションが多い城島高原パーク。私と婆さんは乗り物不要というかこんなものに乗ったらあっちの世界に運ばれます。料金も安く上がり最高です。

入園料:大人3人1,500円×3=4,500円
    子ども2人600円×2=1,200円
乗り物パス:大人子ども共通2,700円×3=8,100円

小計:13,800円

のところ、城島高原パーク入園料4名無料券をゲット!

よって以下になります。

入園料:子ども1人600円×1=600円
乗り物パス:大人子ども共通2,700円×3=8,100円

小計:8,700円

いや~、5,100円も安くなりましたよ、完全にラッキーです。

---------------
レジャー費計(バスあり):24,100円
      (バス無し):19,000円

飲食費


計算がメンドクサイからざっくりXXXXX円とします。

足りるかな。。

旅行中は色々食べるからな。。

絶対に足りないな。。

---------------
飲食費計:XXXXX円


秋の大分1泊2日家族旅行予算


てなわけで、2018年秋の(CX-8買ったしわ寄せによる)ケチケチ家族旅行の予算は、、

予算合計:XXXXX円!!

やはりお宿が安いのが効いてますね。

(後日金額をマスクしたので訳わからん感じですがご了承ください)

古い旅館ですが、どうせ寝るだけですし、別府市内のど真ん中で自分で地獄蒸しが作れる、温泉付きなど十分以上でしょう(いちおうテレビや雑誌で人気の宿である)

それに、約XX万円といえば最新のXXXXXよりも安いお値段です。

モノより想い出。

安宿でもきっと楽しい旅になるはず。

旅行までもう少し。

旅費の足しになるよう、頑張って節約します。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします