両方乗って違いを実感。G-ベクタリングコントロールはFFの場合前輪のみ、AWDは4輪全て制御する|イクメンライフハッカー

両方乗って違いを実感。G-ベクタリングコントロールはFFの場合前輪のみ、AWDは4輪全て制御する

こんにちは、ハマジです。

先日台風25号の翌日に広島から島根まで落ち葉が大量に散乱した山道を走りましたが、AWDのCX-8はとんでもなく安定してました。

ただでさえ道が狭い県境の国道186号線です。当日は釣り場に着くまで時折小雨がぱらつくウェットコンディション。そこに前日の台風で吹き飛ばされた大量の落ち葉や枯れ木などがどっさり積もっているのです。場所によっては路面が見えないほどの大量の濡れ落ち葉。

これがどんなに滑りやすい状況かは経験者の方はご存知でしょう。下手な新雪よりも滑りやすい最悪な路面状況でしたが、AWDのCX-8は安心して踏み込んでいける盤石の安定感。広島から島根まで一般道で往復しても全く疲れない、安楽かつ走りを楽しめる移動時間となりました。

ちなみにこの安定してるについて、何をもって「とんでもなく安定してる」と評価したかというと、前車KE後期CX-5で同じ道を同じように走った感覚との比較になります。

私のCX-8はXDプロアクティブのAWDモデル、対して前車CX-5はXDのFFモデルです。ディーゼルであることは共通ですが、FFとAWDの違い、CX-8の方が約250kg重く、ホイールベースも230mmほど長くなっています。また、CX-8にはGベクタリングコントロールなどの車両安定化技術を搭載。その他にもサスペンションやボディ剛性など違いを上げればキリがありませんが、これらの効果によってCX-8の方がより早く、安楽に移動できると感じた次第です。




G-ベクタリングコントロール FFとAWDの違い


ここで本題。CX-8が安定している理由について、私の見解としてはAWDによる駆動方式の違いとG-ベクタリングコントロールが四輪全を制御する効果が大きいと感じています。

試乗した感想としても、G-ベクタリングコントロールが前輪のみ制御するFFのCX-8とG-ベクタリングコントロールが全輪を制御するAWDのCX-8は明らかに後者の方が安定している。安定しているため、同じスピードでもAWDの方が疲れが少ない。また安定していることで路面状況問わずより安全により早く走ることが可能です。

G-ベクタリングコントロールはAWDの4輪で制御してこそ本領が発揮される技術。ホンマか?と思われる方はウェット路面の山道など、滑りやすい路面を駆け抜けてみてください。違いがきっと分かるはず。

※G-ベクタリングコントロール(エンジントルクを制御して車両の旋回性能を引き出す制御)について、FFは前輪のみを制御。AWDは全輪のトルクが制御されます

以上、(現時点でスキー場へ行くなどの予定がなかったとしても)ハマジとしては完全にAWDがおすすめでっせ、という話でした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします