狙った獲物は逃さない!運動会にキヤノンの望遠ズームレンズ、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは最強である|イクメンライフハッカー

狙った獲物は逃さない!運動会にキヤノンの望遠ズームレンズ、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは最強である

こんにちは、ハマジです。

運動会シーズン真っ盛りですね。

そんな運動会の悩みといえば、カメラ撮影。

既に一眼レフを持っている方でも、今のカメラで思い出に残る一枚が撮れるのか、この際、思い切ってカメラや望遠レンズを買うか。悩んでいる方も多いと思います。

そんな方(かつ、ある程度カメラに情熱を持ち資金を投入できる方)におすすめなのが、こちらの望遠ズームレンズ、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMであります。


多少重いのが玉にキズですが、100-400mmの望遠ズームで広い小学校のグラウンドでも遠くの子どもを大きく映すことが出来ます。また、フォーカスの合掌速度も素晴らしく、AF性能の高いカメラで使えば正に鬼に金棒。

かけっこから演技まで、動きの多い被写体でも狙った獲物は離さない。

運動会の撮影は基本AVモード。カメラにもよりますがフルサイズ一眼レフの場合、曇りの日はISOを200~400くらいまで上げておけばシャッター速度が早くガチピンで撮れると思います。

ブログに作例があげれないのが残念ですが、せめてもの雰囲気として同カメラとレンズで撮影した動物の写真を乗っけておきます。




決して安くない買い物ですが、幼稚園から小学校卒業までの9年。子どもが写真を嫌がらなければ中学校もイケるので合わせて12年。12年間、完全に満足できる写真が撮れることを考えると、無駄な投資ではないと思います。

運動会の望遠ズームレンズで迷ってる方に、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは完全におすすめの1本です。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします