CX-8 2018改良モデル正式発表!注目の2.5ガソリンは車両価格289万円スタート|イクメンライフハッカー

CX-8 2018改良モデル正式発表!注目の2.5ガソリンは車両価格289万円スタート

こんにちは、ハマジです。

CX-8ブログです。

10月25日、2018年改良モデルのCX-8が正式発表されました。

別記事にも書きましたが、2017年型 XD プロアクティブ AWDオーナーとしては今回のアップデートはそんなに大きくないと感じています。強いてあげればGVC+を早く体験してみたい程度です。

そんな旧型オーナーの強がり感想はほっといて新型CX-8について。

改良型CX-8の注目はなんといってもガソリンモデル。試乗レビューはガソリンターボの方が目立ちますが、私が注目してるのはNAの方。ガソリンターボは良いのは乗らなくても分かりますが、値段が高い。それに燃費もイマイチと来たら数は限られるでしょう。

それよりも注目すべきは2.5NAモデルです。

CX-8 25S ガソリン2WD 6EC-ATの車両本体価格は289万円と競合となる3列ミニバンに対して十分以上に魅力的な価格。この値段でしたら2リッタークラスのミニバンから3列SUVのCX-8に乗ってみようと考える方も多いのではないでしょうか。ディーゼルのトルクが不要な方や街乗り中心の方には魅力的な選択肢となるハズ。もし私が20代で子どもが2人以上いたらこのモデルを買ったと思います(ディーゼルのトルクフルな走りを知らなければね)


そんなわけでCX-8の新エントリーグレードとなる25S ガソリン2WD 6EC-ATの乗り出し価格を見積もってみました。

CX-8 25S ガソリン2WD 6EC-AT見積もり価格


車両本体価格¥2,894,400

ボディーカラー : ソニックシルバーメタリック
シートカラー : 6人乗り ブラック(クロス) 25S/XD用

見積もりに当たり、ボディーカラーは追加料金なしのシルバーを選択。ホワイト、マシーングレー、ソウルレッドは追加料金が必要になりますが、せっかく新車を買うなら好きな色を買うのが良いと思います。

メーカーセットオプション
●セーフティクルーズ・パッケージ
・スマート・ブレーキ・サポート(SBS)&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]
・ドライバー・アテンション・アラート(DAA)
・マルチインフォメーションディスプレイ(MID)(TFTカラー)
・アドバンストキーレスエントリーシステム(アンサーバック機能付、リアゲート連動)&アドバンストキー×2
・シートベルトウォーニング(セカンド/サードシート)
・ヒーテッドドアミラー
●360°ビュー・モニター+フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)
●CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
------------------------------
メーカーセットオプション合計:¥167,400

メーカーオプションはセーフティークルーズパッケージは付けたいところ。360度カメラはCX‐8には必須のオプションです。CD/DVDは大した金額ではないのでコレも付けるべきでしょう。

ショップオプション
・ナンバープレートホルダー(フロント・リア共用タイプ)2枚¥6,480
・ナビゲーション用SDカードPLUS¥48,600
・デンソーETC車載器(グローブボックス植毛加工無)ナビゲーション連動タイプ¥33,234
・ボディコーティングMGシリーズ(MG-1)¥44,229
------------------------------
ショップオプション合計:¥132,543

ショップオプションは最低限で。

ここまでの合計金額は以下の通りです。

A)車両代金+メーカーオプション+ショップオプション合計:¥3,194,343


続いて諸費用などなど。

諸費用
・税金保険料¥177,480
・リサイクル費用¥13,770
・登録諸費用(参考価格・消費税込)¥69,100
税金保険料内訳
・自動車取得税 ¥76,500
・自動車重量税 ¥49,200
・自賠責保険(37ヶ月)¥36,780
・自動車税(11月分)¥15,000
------------------------------
B)諸費用合計¥260,350

車両価格合計と諸費用を合わせた乗り出し金額は以下の通り。

乗り出し金額(A+B):¥3,454,693 (消費税込)


現実的な見積もりとするため、フロアマット、延長保証、メンテナンスパックを追加します。

フロアマット:3~5万円
延長保証:2万円
メンテナンスパック3年車検付き:10万円
------------------------------
合計:約¥150,000

値引きは10万円としました。現時点では予約販売となるため10万円の値引きも厳しいかも知れません。特に25S ガソリン2WDは価格が抑えられているため、他のモデルよりも値引きは厳しいはず。

値引き:10万円

以上より、現実的な乗り出し金額は約350万円となりました。性能を考えると非常に魅力的なお値段だと思います。



CX-8を競合と比較する


競合車種と価格で比較するとノア/ヴォクシー、ステップワゴン/セレナのハイブリッドモデルよりは安い金額。機能面で比較するとこれらのモデルほどの居住性は望めないものの、CX-8の3列シートは実用的でボディー剛性の高さなどによる静粛性・乗り心地の良さは比較にならないほどCX-8の方が上です。ハリアー、フォレスター、エクストレイルの2リッターガソリンモデルと比べてもCX-8のコスパの高さは際立ちます。2.5ガソリンでも高速道路や登坂以外では十分以上に走るでしょう。2.5ガソリンの登場で売れ筋5ナンバーミニバンをどれだけ食っていけるか、マツダ好き、広島市民としては楽しみでなりません。

本命のガソリンモデルは


CX-8を検討中の方で25Sが気になっている方は、もし予算が許せば2.5S プロアクティブの方が後々の満足度は高いと思います。車両価格は約326万円と25Sに比べ約35万円高くなりますが、アダプティブLEDヘッドライトを始め、装備の内容を考えると本命はこちら。ただし、乗り出し価格は約385万円と400万円クラスとなってしまいます。車は300万円までと考えている場合、この違いは大きい。

価格アップについて


今回の改良はこれまでオプションだったものが標準装備になった分、全体的に車両価格がアップしています。また、ディーゼルのXDでは2WDモデルが選べなくなり、従来のディーゼル最安はXD 2WDの319万円でしたが改良後はXD AWDの360万円と大幅に高くなっています。大勢の方は標準的なオプションを付けるので価格アップは気にならないと思いますが、前回私がCX-5を買った時のように素のグレードで良いから出来るだけ安くと考える方の選択肢が減ったのは残念に感じます。

果たしてCX-8の売れ線グレードはどれになるのか、イチCX-8ファンとして要チェックです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします