「お肉でも食べて」と嫁さんのオカンが置いていった宮崎和牛A5のフィレ肉が気絶するほど旨かった|イクメンライフハッカー

「お肉でも食べて」と嫁さんのオカンが置いていった宮崎和牛A5のフィレ肉が気絶するほど旨かった

こんにちは、ハマジです。

何となくイイコトありそうな月曜日。

激務を終え18時過ぎに帰宅すると、キッチンに旨そうな肉の塊が。

ワシ「どーしたのこの肉?」

妻さま「さっきお母さん来てお肉でも食べんさいって。フィレだからステーキにする?ローストビーフでもいいけど。」

というわけで月曜日から超絶美味いステーキ&ローストビーフをいただくことが出来ました。以下、お肉日記です。


こちらが宮崎和牛A5ランクのフィレ肉です。A5の中でも10番以上のフィレ。100グラム当たりのお値段は、、やめましょう。


酸素に触れると色が出てきますね。

刺しも良く完全に旨そう。


せっかくなのでステーキとローストビーフでいただくことにしました。

厚めにズバッとカットします。


子ども用の肉はミディアムレアで、大人用はレアで。


肉好きの長男はお子様らしく肉汁をご飯に付けてからのパクリ!


「んんん~~~うまい~~!」


激レアのローストビーフもパクリ!


「う、うまい…」

満足そうでなによりです。




私は厚切りにカットしたフィレ肉をご飯に乗せステーキ丼風にいただきました。

見ればわかると思いますが、肉汁と肉の旨みが気絶するほど旨い。

ごちそうさまでした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします