九州がもっと楽しくなる!大分県別府市、子供連れおすすめ観光地ガイド【高崎山編】|イクメンライフハッカー

九州がもっと楽しくなる!大分県別府市、子供連れおすすめ観光地ガイド【高崎山編】

大分県別府市のおすすめ観光地と子供連れの家族旅行ならではの楽しみ方をまとめてみた。

子供連れ、大分県別府市のおすすめ観光地と楽しみ方、高崎山編。




大分県別府市、子供連れおすすめ観光地と楽しみ方、その1


高崎山の楽しみ方:別府湾SAでの休憩時間を楽しむ
おすすめ度:☆☆☆☆☆
大分県らしさ:☆☆☆☆
混雑度:☆☆
対象年齢:3歳以上
おすすめポイント:見渡す空、見上げる海、山。別府市、由布市に繋がる大分自動車道の別府湾サービスエリアは別府湾を一望することのできる九州でも有数の絶景空間。大分県由布院温泉の名宿「山荘 無量塔」プロデュースの玄林館、Pロールで有名なB-speakcafeなど、美味しい飲食店が並ぶのも魅力。

子供と絶景を楽しんだり。


大分観光マップでこれから遊びに行く所の話をしてみたり。


展望台までのお散歩を楽しんだり。

九州方面に遊びに行く時は絶対に外せない休憩ポイント、別府湾サービスエリアはサービスエリアの枠を超えたおすすめの観光スポットだ。


大分県別府市、子供連れおすすめ観光地と楽しみ方、その2


高崎山の楽しみ方:高崎山へ登るまでの徒歩移動を楽しむ
おすすめ度:☆☆☆☆
大分県らしさ:☆☆☆
混雑度:☆☆
対象年齢:3歳以上
おすすめポイント:大分の人気水族館、うみたまごに隣接する高崎山の駐車場からおさる館へ向い、国道10号線をまたぐ橋を歩いて高崎山へ。橋の上のおさるのオブジェを探したり、国道10号をまたぐ橋を子供たちと駆け抜けたり、子供連れには高崎山までの徒歩移動もけっこう楽しめる。


探し物クイズが大好きな子供とおさるのマーク探し。


おさるのオブジェクト。


国道10号をまたぐ高崎山までの橋。


高崎山入口に隣接する線路は特急ソニックが通ることでも有名。鉄道マニアの絶好の撮影スポットになっている。


大分県別府市、子供連れおすすめ観光地と楽しみ方、その3


高崎山の楽しみ方:高崎山の登山を楽しむ
おすすめ度:☆☆☆☆☆
大分県らしさ:☆☆☆☆
混雑度:☆☆
対象年齢:3歳以上
おすすめポイント:高崎山の登り方は徒歩かモノレール「サルっこレール」の利用。子供連れにおすすめの登り方は、、両方体験すること。徒歩で登る場合は途中でウサギ道とカメ道に分かれており、ウサギとカメごっこが楽しめる。


高崎山のウサギ道。高崎山の入園入口からサル寄せ場までは徒歩で6分だ。


高崎山のウサギ道、道中はもちろんサルだらけ。


モノレール「サルっこレール」は大人100円とリーズナブルな料金設定。せっかくの機会なのでサルっこレールも体験しておきたい。



大分県別府市、子供連れおすすめ観光地と楽しみ方、その4


高崎山の楽しみ方:高崎山のおさるの食事タイムを最前列で見る
おすすめ度:☆☆☆☆☆
大分県らしさ:☆☆☆☆☆
混雑度:☆☆☆☆
対象年齢:3歳以上
おすすめポイント:高崎山サルの寄せ場で開かれる、30分に1回の小麦と1日2回のイモの餌付けは子供から大人まで意外と楽しめる。



お食事タイムが近づくとそわそわし始める高崎山のお猿たち。


広場を埋め尽くす野生のお猿の群れはまさに圧巻。


ガイドが丁寧に解説してくれるが、お猿のお食事タイムはとなりの人と足がくっつくように股を開いて鑑賞する。足の間をお猿が通るといい事があると言われており、高崎山のスタッフが1億円の宝くじで組違いが当選するなど、伝説も多い。

この日、お猿のお食事タイムを2回観察し、6歳の長女の股の間を抜けたお猿は12匹。3歳の長男の股の間を抜けたお猿は2匹であった。



大分県別府市、子供連れおすすめ観光地と楽しみ方、その5


高崎山の楽しみ方:メインスポット以外も楽しむ
おすすめ度:☆☆☆
大分県らしさ:☆☆
混雑度:☆
対象年齢:3歳以上
おすすめポイント:別府湾を見渡す展望や、見つけたらカップルは幸せになれると言われる「猿岩石」など、サルの寄せ場以外のスポットも子供連れには地味に楽しい。


サルのエサを運ぶキャリア。


お猿のスタンプ。

子供を連れて訪れる高崎山、楽しく観光できる時間は1時間30分~2時間が目安だろう。



SNSでシェア


TwitterとYouTubeでも美味しい物やマツダCX-8ネタを中心に発信しています。