ビタミンCはレモンの2倍以上!家庭菜園の旨すぎるブロッコリー|イクメンライフハッカー

ビタミンCはレモンの2倍以上!家庭菜園の旨すぎるブロッコリー

子供たちの家庭菜園で栽培しているブロッコリー、食物繊維が豊富で栄養価が高く、ビタミンCは何とレモンの2倍以上。

暑さ・寒さにも強く、家庭菜園で育てるブロッコリーは、

1.育てやすい
2.食べて美味しい
3.栄養価が高い
4.収穫して楽しい

と三拍子ならぬ四拍子揃った野菜だ。




家庭菜園のブロッコリー


家庭菜園で育てているブロッコリー。小さな苗からここまで大きく育った。


家庭菜園でのブロッコリー栽培は幼児向き?収穫して楽しい野菜


真剣にブロッコリーを収穫する3歳の長男。

本人も自認するブロッコリーフリークだが、スーパーで購入したブロッコリーは一口食べると箸を置いてしまう、違いの分かる男に成長中・・・


幼児におすすめ!家庭菜園での遊び方


幼児におすすめの家庭菜園、楽しみ方はたくさんある。

1.野菜や果物の収穫作業を楽しむ
2.土から出てくるミミズやダンゴムシ、ハサミムシと遊ぶ
3.スコップやクワでの土遊び
4.野菜や果物に水を上げる、水遊び
5.ハサミを使った道具遊び
6.野菜の成長を観察する
7.自分で育てた野菜を収穫し、食べることが出来る
8.早期に失敗を経験することが出来る
9.自分で考えながら長期的に取り組むことが出来る
10.家庭菜園で収穫した野菜はとても美味しい


家庭菜園は何歳から始める?


家庭菜園を始める年齢は砂場遊びが出来るようになったら早ければ早いほどいいだろう。

家庭菜園は楽しいだけでなく、健康面にもメリットがあり、子供は土いじりをすることによって触覚が発達し、皮膚が強くなり、免疫力も高めることが出来る。


ブロッコリーの伐採作業。家庭菜園はやっぱり楽しい


この日は実りが悪くなったブロッコリーの苗を伐採する作業を行った。

本人のやる気とは裏腹に、ブロッコリーを引きぬくことは出来なかったが、3歳の幼児は自分の仕事を自ら見つける。

次の野菜を植えるため、伐採したブロッコリーの葉っぱをむしり、捨てやすいように踏みつける作業を担当してくれた。ゴミ袋に入れるため、ブロッコリーをジャンプで潰す3歳の長男。

幼児と取り組む家庭菜園はやっぱり楽しい。


youtubeにマツダCX-8のレビューやお出かけ動画を公開しています。チャンネル登録をしてご視聴ください。