まだモフモフしてないの?うさぎの楽園、広島県大久野島で1,000匹以上のうさぎにエサをあげてきた(休暇村編)|イクメンライフハッカー

まだモフモフしてないの?うさぎの楽園、広島県大久野島で1,000匹以上のうさぎにエサをあげてきた(休暇村編)

2017年4月9日、瀬戸内海に浮かぶ小島「うさぎ島」こと、うさぎの楽園大久野島でうさぎにエサをあげてきました。

この記事は「上陸編」からの続きです。

前回の記事はこちら。



桟橋から休暇村へ


桟橋から休暇村までは至る所にウサギがいっぱい。


こういった広場もよく見ると隅の方に沢山のウサギが居ます。


ゆっくり歩いて休暇村を目指します。

子どもの足でも全く問題なし。


途中、送迎バスに3回も追い越されました。


トイレも横にもウサギが。


ウサギにエサをあげて良い場所、禁止の場所


大久野島休暇村までの道路でウサギにエサをあげるのは危ないので禁止されています。

これはギリギリアウト?


既にお腹いっぱいで食後のお昼寝中のうさぎさんたちも。


戦争史跡


大久野島には防空壕跡があります。


大久野島ビジターセンター。

何度か来たことがあるので今回は入りませんでした。


記念碑。


大久野島はうさぎだけでなく史跡めぐりとしても人気があります。年配の方も満足されると思います。


うさぎよけのフェンスがある場所もありますが、フェンスの下を掘るのであまり意味がありません。


休暇村大久野島


ウサギにエサをあげながらゆっくり1時間30分ほどかけて、休暇村大久野島へ到着。

時刻は11時30分。

混雑する前に休暇村内にあるウサンチュカフェでランチタイムとしました。


休暇村のレストラン


こちらはレストラン。

ランチメニューは1,000円~という感じ。

お子様プレートの500円はリーズナブルな方ですね。


ウサンチュカフェ


こちらはウサンチュカフェ。

ランチメニューは500円~と、観光地としては良心的です。


一人前のカレーをペロリと食べる6歳の長男。

お腹がいっぱいになったところで、展望台へ向かうことになりました。

「展望台編」に続きます。

続きはこちらから。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします