評判通りのボケ味!EOS Kiss X7の交換用レンズとして入門用単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」を購入|イクメンライフハッカー

評判通りのボケ味!EOS Kiss X7の交換用レンズとして入門用単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」を購入

単焦点ならではのボケ味が効いた写真が取れるように、EOS Kiss X7の交換用レンズとしてキャノンの入門用単焦点レンズ「EF50mm F1.8 II」を購入しました。

EF50mm F1.8 IIは130gという徹底した軽量、コンパクト化と高いコストパフォーマンスでフットワークよく使える単焦点レンズ。9,000円前後という価格からは信じられない高画質でボケの効いた写真が撮れるレンズです。





EF50mm F1.8 IIと合わせて購入したのキャノン純正レンズフード「ES-62」

装着するだけで格段にいいモノ感がますレンズフード、500円前後で販売されている社外品もありますが、あえてここで節約する必要は無いと思います。


EOS Kiss X7にEF50mm F1.8 IIを付けてみました。フードが付いているだけで何となくプロっぽい雰囲気になります。

それにしても小さくて軽いEOS Kiss X7。レンズを付けても約500gと、一般的な男性なら全く気にならない重さです。購入以来、子供たちとお出かけする際は必ず携行しているEOS Kiss X7ですが、携帯性とデザインが向上し、ますます活躍してくれそうな予感がします。


レンズフードは反対側にも付けれるので収納時もじゃまになりません。


EF50mm F1.8 IIで最初に撮影したのはお食事中の長男。ド素人らしく、顔面ドアップでそうめんに立ち向かう男の子らしい瞬間が残せました。

数枚撮った感想として、アマゾンのレビューに書かれていたほどオートフォーカス時の動作音は気にならず、この値段でこの画質と使い易さなら大満足。EOS Kiss X7との組み合わせなので若干望遠気味になってしまいますが、屋内取りは自分が一歩下がることで解決出来そうです。


EOS Kiss X7とEF50mm F1.8 IIはこんなカメラです。






いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします