バースデーパスポートで貰えるお誕生日メダルで楽しさ3倍!ディズニーランド家族旅行、2日目|イクメンライフハッカー

バースデーパスポートで貰えるお誕生日メダルで楽しさ3倍!ディズニーランド家族旅行、2日目

ディズニーランド2014年の家族旅行、2日目の朝。

朝6時30分、ディズニーランドホテルの門番に別れを告げホテルを出発しました。





ディズニーランドホテルの宿泊特典


今日はディズニーシーへ向かうため、東京ディズニーリゾートを一周し、パークやホテルをつなぐ夢のモノレール、ディズニーリゾートライナーに乗って移動します。

ディズニーランドホテルの宿泊特典として、滞在中のディズニーリゾートライナーパスポートが貰えたので無料で乗り放題でした。



せっかくのディズニーランド家族旅行なのに朝からイザコザ


いつも朝が早い子供たち。

前日の疲れが残っているせいか、些細なことでもケンカになります。



ディズニーリゾートラインは最前列がおすすめ


ディズニーリゾートラインの先頭座席は幼児のあこがれです。

先頭座席をゆずってくれた小学校高学年のおにいちゃん、ありがとね。



ハッピー15エントリーでトイマニのファストパスをゲット


ディズニーホテル宿泊者限定、開園15分前にパークへ入園できる「ハッピー15エントリー」を利用してディズニーシー入り。未だに超人気のトイストーリー・マニアへ向かいます。

「ハッピー15エントリー」専用ゲートの待ち行列中央くらいの位置でしたが、9時40分のFPが発券出来ました。「ハッピー15エントリー」でトイマニに乗る時は、スタンバイチームとFP発券チームの2手に分かれることで2回トイマニを楽しむことが出来ます。

2児のパパたちは幼児連れのため、FPの発券のみとしましたが、数組の方がFP発券後、スタンバイレーンへ合流されていました。



バースデーパスポートの特典


トイマニのFPを発券し子供たちと合流した後、バースデーパスポートの特典であるバースデーメダルとバースデーぬいぐるみを受け取りにヴィラ・ドナルド・ホームショップへ向かいました。



イタリア語でハッピーバースデー


キャストに囲まれハッピーバースデーの歌をイタリア語で歌って貰った4歳の長男。

突然の体験に、はにかみつつも嬉しそうです。

パークを歩けば主役気分を味わえるというバースデーメダルですが、この後バースデーメダルの効力を十二分に実感することが出来ました。



トイマニのFP入場時間まで時間があるため、子供たちの大好きなカメが話しかけてくるアトラクション、タートルトークに向かいます。



バースデーメダルの効果


「おたんじょうび、おめでとう~!」

バースデーメダルをかけているため、出会うキャスト全員にお祝いの声をかけて貰う4歳の長男。

”パークを歩けば主役気分”という宣伝は期待以上、幼児期のディズニーランド家族旅行はバースデーメダルがあると楽しさ3倍です。



トイマニに入場する頃にはすっかりバースデーメダルの使い方を理解した4歳の長男。

出会うキャスト全員に、自ら「きょう、おたんじょうび!」とメダルを見せながらアピールするようになりました。

30歳を過ぎた大人が行うとドン引きされるこの行為にも、キャストは最高の笑顔でお祝いしてくれます。



トイストーリー・マニアの後はお約束の


前回同様、1万点にも届かなかったトイストーリー・マニアのガンシューティング。

アトラクションの後はお約束のミニゲームで体を動かします。



300円の高級アイスクリーム


その後、2児のパパは1人分かれて次のアトラクションのFP発券とビッグバンドビートの抽選へ。

前日のワンス・アポン・ア・タイムの当選に続き、見事にビッグバンドビートも当選することが出来たので、高級アイスクリームで1人お祝いしました。



ディズニーランドのアトラクション、幼児はアクアトピアが大好き


子供たちに見つからないよう3秒でアイスクリームを食べ、カメラマンの雑務をこなします。

どこだ、どこだと探すと、アクアトピアでクルクル回っている長男を発見しました。



楽しそうで何よりです。



ディズニーランドでの父親の役割


例によって子供を2児のパパに預け、大人向けアトラクションに乗りに行った2児のママ。

2児のパパのディズニーランドでの基本的な業務は子供たちのお守とFP発見、買い出しとショーの場所取りです。



バースデーメダルの魔法を感じながら、幼児向けのアトラクションであるジャスミンのフライングカーペットに乗車。



ご覧の通り完全に幼児向けのアトラクションですが、上に上がるとアラビアンコーストからマーメイドラグーンまで見渡せる景色が魅力です。



レバー操作で上下する乗り物。

長男がなかなか上に上げてくれないので、でこっぱち攻撃でいやがらせをしてみました。



ディズニーランドでも1人で子供2人の相手はキツイ


フライングカーペットの後はアラビアンコーストのカルーセルへ。

途中、2人が同時にトイレに行きたいと言いだし、2人ともが自分で出来るからついてくるなというから、さぁ大変。

1人で行けると張り切って行った長男が向かった先はお土産屋さん。

そこはちがうぞと言いに行くと、「じぶんでできる!」

お店で何をする気ですが、オチビさん。

何か違うとお店から出てきた長男を捕まえ、男子トイレに誘導し、女子トイレから出てきて2児のパパを探していた長女に「どこにいってたの!かってにいどうしないで!」とお説教されました。



子供への誘惑が多いだけに、1人で幼児2人連れて歩くのも楽ではないディズニーランド。

ゲームにチャレンジすると2人同じように残念賞のピンバッチ。



何かを見つけると、2人同じように喜びます。



炎天下の中、レジェンド・オブ・ミシカの場所取りへ


アラビアンコーストでママと合流した後はカルーセルとショーを鑑賞。

「いい場所取ってくるからご飯食べておいで」

お腹が空いたという子供たちをママに預け、レジェンド・オブ・ミシカの場所取りへ向かいました。



内緒でビール


子供たちにレジェンド・オブ・ミシカをいい場所で見せてあげるため、レジェンド・オブ・ミシカの鑑賞スポットであるリドアイルを目指す2児のパパ。

途中、あまりの暑さからアルコールの誘惑に負けてしまいました。



次の記事に続きます。

ワンス・アポン・ア・タイムの人気でディズニーシーが閑散!?ディズニーランド家族旅行2日目後編


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします