蜂蜜専門店・升田養蜂場の天然はちみつを食べてみた|イクメンライフハッカー

蜂蜜専門店・升田養蜂場の天然はちみつを食べてみた

国立備北丘陵公園へお出かけした際、子供たちがロードトレインに乗っている間にお土産屋さんで見つけたのが蜂蜜専門店・升田養蜂場の天然はちみつ。





今ではすっかり高級品になってしまった国産はちみつをホットケーキが大好きな子供たちと一緒に食べてみる為、お土産に買ってみた。


升田養蜂場のはちみつ


升田養蜂場は広島県三次市吉舎町安田にある養蜂業30年の老舗養蜂場だ。

国立備北丘陵公園のお土産屋さんで販売されていた升田養蜂場のはちみつは以下の4種類。

・春一番はちみつ

 広島県の桜・つつじ・レンゲなどを蜜源に春一番最初に採取される。

・ハゼはちみつ

 暖地の海岸線に多く自生するはぜの花から5月下旬から6月上旬に採取される。はちみつは色が黄色く味が良く香りが良い。

・ふくらしはちみつ

フクラシの花から6月上旬から中旬に採取される。白く小さな花が咲きはちみつは色が茶色で香り高くコクがある。

今回購入したのはふくらしはちみつ。色がよかったのと香りとコクがあるという特徴でこちらを選択。


蜂蜜専門店・升田養蜂場の天然はちみつの香りとコク


購入して翌日、さっそくホットケーキに付けて食べてみた。

普段はメープルシロップだけど、今日ははちみつ。子供たちは「クマのプーさんがすきなやつだ!」と嬉しそう。

香りが良いのが特徴のふくらしはちみつ。確かに、甘くて優しい良い香り。



ホットケーキと相性抜群


はちみつの味を楽しみたいのならバターは付けず、はちみつだけで食べるのがおすすめ。子供たちはお皿に垂らしたはちみつにホットケーキをチョンと付けて食べていた。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします