新鮮で脂が乗ったサバをアヒージョに入れるとニンニクオイルと相性抜群で完全に旨いと思う|イクメンライフハッカー

新鮮で脂が乗ったサバをアヒージョに入れるとニンニクオイルと相性抜群で完全に旨いと思う

こんにちは。

広島のなんちゃってお魚マイスター、ハマジです。

週末料理当番、この日の夕飯は魚介たっぷりのアヒージョです。


ニンニクをみじん切りにする


アヒージョのニンニクは香りを出すためみじん切りがおすすめです。

お好みでニンニクを丸ごと入れ、そのまま食べても美味しい。

間違ってもニンニクはフードプロセッサーなどで調理しないでください。臭くて二度と使えなくなります。


ニンニクをオイルに漬ける


刻んだニンニクは事前にオリーブオイルに漬けることでより香り深くなります。この時、軽くフライパンに熱を入れるといっそう香り深いニンニクオイルが出来ます。

味付けは塩、コンソメ、鷹の爪など。めんどくさい方は市販のアヒージョの元でも美味しくできると思います。


アヒージョの具材を準備する


アヒージョの具材は何でもいいと思います。

え?なんでもいいって竹輪でもカマボコでもいいのかって?ハイ、ニンニクオイルで煮れば何でも旨い。竹輪でもカマボコでも美味しくいただけます。

この日は新鮮なゴマサバがあったので、こいつもアヒージョに入れることにしました。


ズバッと三枚におろし、軽く塩をふって30分ほど水分と臭みを抜いたら小さめの一口大にカットします。

この日はたまたまゴマサバが安かったのでサバを使いましたが、魚介のアヒージョに入れる魚は新鮮であれば何でも良い。ニンニクオイルと鷹の爪効果で魚臭さは全く気にならず(ただし、ニンニク臭い)、ホントに美味しいのでお試しください。

苦情は一切受け付けません。


魚介以外の具材です。

アヒージョin茹で卵は最高。

その他の具材も高価な物は全くありません。へたしたら魚介+冷蔵庫の残り物でもそこそこ形になると思います。


鳥貝の刺身


肉厚の鳥貝が安かったので買ってしまいました。

これはシンプルに刺身でいただきます。

旨いんだなぁ、これが。



この日の夕飯


はい、夕飯の出来上がりです。

サバは多かったので半身は普通に煮付けて子どもたちに食べて貰いました。和洋折衷お構いなし。

なお、流石にお酒は何でもいいとは言えないので、加茂鶴は鳥貝の刺身に。アヒージョは白ワインとビールでいただきました。


鳥貝です。

完全に旨いです。


魚介の具材。

魚介は何でもいいと言いましたが、鮮度が良い物を使いましょう。

冷凍物のシーフードミックスはお手軽な反面、旨みがないのでアヒージョには不向き。新鮮で刺身でイケるような魚を、ホックホクの状態でいただくのが正しい魚介のアヒージョの楽しみ方だと思います(異論は認めます)


軽くトーストしたバケットに旨みたっぷりのニンニクオイルをつけて。

ご覧の通りザキヤマのやっすいバケットですが、これも完全に旨い。


この日の魚介のアヒージョは予想通り脂が乗ったサバが美味しゅうございました。

その他、いつも通り事前にお酒をふることでプリプリのエビに、新鮮なヤリイカも柔らかくて旨い。

簡単で美味しいアヒージョ。家庭でも試してみてくださいね。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします