ショーック!私にスノボの楽しさを教えてくれた妻さま、スノーボード引退するって!!|イクメンライフハッカー

ショーック!私にスノボの楽しさを教えてくれた妻さま、スノーボード引退するって!!

こんにちは。

広島のブロガー、ハマジ(hamaji36)です。

先日、子どもたち2人をスノボに連れて行った後の会話にて。

「今度行くときはママも一緒に行かない?1人で2人見るのそれなりに大変だし。」

「子どもたちもママと一緒に滑りたいと思うよ。」

「ボードもホットワックス剥がしたから、いつでも行けるからさぁ。」

「ほれ、来週当たりどうかね?」

妻「わたし、、スノボはもういい。」



「ほぇ?」






「どゆこと?」

妻「もうスノボは行かないと思う。」

「ええ?」

妻「寒いし、もうそんなに楽しいと思わなくなったから。」

「そ、そんなぁ。」

「せっかく子どもたちも滑れるようになってきたし、スノボ楽しいっていってるんだから。道具も揃ってるんだし、やめたらもったいないよ。」

妻「うーん、、でも、もういいかな。」

※現役時代の写真。後ろに羊蹄山が見えるのでたぶんルスツリゾートです。


思い起こせば19年前。

「寒い、たいぎい、面白くなさそう」と地団駄踏む17歳の私を、半ば強引にスノーボードに誘ってくれたのが後に妻となる彼女でした。

結果、その日のうちに「ヒャッハーーー!!」とスノボの楽しさに目覚め、地元では恐羅漢や瑞穂ハイランドを中心に年間20日以上は雪山へ。

遠征としては毎年バイト代をブッ込んでは学生の身分を生かして4泊以上のロングステイで北海道のルスツやニセコ、トマムへ。新雪70㎝のオフピステに雄たけびを上げたり、マイナス15度で凍えながらダイヤモンドダストを見ながら滑ったり。スノボの後は当然、温泉入ってカニ&イクラ三昧。

妻がいなければスノーボードの楽しさを知ることはなかったはずです。


それが引退してしまうなんて。


しかーし!


シツコイうざいことにかけては定評のある私。

19年前の妻のように、あの手この手を使い引退を撤回させてやろうではありませんか。

2018シーズンは「いつか子どもと一緒に滑りたい」という目標を達成できたので、新たな目標として「家族全員でスノボに行く」を掲げたいと思います。

こうなったらお金ためて家族でルスツじゃーーー!!!(学生の頃のように安い日に行かれないから多分無理)


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします