【ビットコイン】仮想通貨はホントに儲かるのか10万円を元手にやってみた|イクメンライフハッカー

【ビットコイン】仮想通貨はホントに儲かるのか10万円を元手にやってみた

こんにちは。

広島のブロガー、ハマジ(hamaji36)です。

ビットコイン関連のニュースを耳にする機会も増えてきましたが、みなさんは仮想通貨にどのようなイメージをお持ちですか?

実体がないだけに怪しい、怖い、投資したお金が無くなりそうなど、ネガティブなイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

ビットコインとは / Bitcoinとは


ビットコインは、中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。極めて低いコストでの決済を平均10分程度待つことにより可能にするとされています。なお、権力機関や特別な権限を持つ発行者はいません。また、支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、blockchainの更新を要求します。ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。

出典 Coincheck ビットコイン取引所 用語集
URL https://coincheck.com/ja/exchange#!


仮想通貨(ビットコイン)の今後


とはいえ、仮想通貨の仕組みはキャッシュレスのインフラやセキュリティー面からも今後間違いなく伸びる分野。

ビットコインの価格は2017年だけで考えても1年間で10倍近く上昇しており、1月に10万円投資していたら11月25日現在で100万円近い資産となるなど、非常に魅力的な投資対象でもあります。

今回は私が「効率よく学ぶにはとりあえず実践!」をモットーに仮想通貨を始めた体験をまとめましたので、興味がある人は参考にしてくださいね。



仮想通貨のリスク


ちなみに、、

いきなりの専門用語で申し訳ございませんが、この1ヶ月は「SegWit2x」ハードフォークの延期を皮切りにビットコインキャッシュ価格が大幅に上昇するなど、仮想通貨初心者にはたいへん難しい相場でした。

※11/12、ビットコインキャッシュが一時的に30万近くまで暴騰し、その後急落したチャート。私も焼かれたイナゴの一人です(涙)



※11月12日前後、これまでビットコインをマイニングしていたマイナーがビットコインキャッシュに乗り換え、ハッシュレート(採堀速度)が逆転していることが分かります。

これによりビットコインは一時的に送金詰まりが10万件以上に達し、価格も暴落しました。が、その後急速に回復し、翌週には史上最高値をあっさり更新。これが仮想通貨相場です。恐ろしや、、


現在の仮想通貨市場は儲かる可能性が高いのは間違いありませんが、相場の変動も大きく投資家を保護する仕組みも整ってないため、株式などに比べるとリスクが大きいのも事実。

余剰資金の中から、無くなっても痛くない範囲の余剰資金で始めるのがよいと思います。

仮想通貨投資の流れ


仮想通貨(ビットコイン)を始める大まかな流れは以下になります。

●取引所にアカウントを開設する
●日本円を入金する
●ビットコイン(アルトコイン)を買う
●ビットコイン(アルトコイン)を売る
●日本円を出金する

それぞれの項目での意思決定ポイントはこんな感じ。

●どこの取引所を使うか

国内のメジャーな取引所としては「bitFlyer」「coincheck」「Zaif」「GMOコイン」があります。

取引所によってコインや手数料が異なります。

また、サイトやアプリの使い勝手だけでなく、アクセスが殺到したときにサーバダウンしたりしないか?なども考慮したいところ。

海外の取引所ではハッキングによって数億円単位のコインが文字通り消えてしまったり、暴騰、暴落時に売れない!は困りますからね。

●どうやってコインを買うか

コインを購入するための日本円を入金する方法(ペイジー、銀行振込)や、クレジット決済で直接コインを購入する方法などがあります。

●どのコインを買うか

仮想通貨は大きく分けてビットコインと「それ以外」のアルトコインに区別することができます。

今のところ仮想通貨の主軸通貨はビットコイン(BTC)で時価総額は10兆円以上。

2位はイーサリアム(ETH)、3位はビットコインからハードフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)となっています。


どのコインを買うかについては安定性を求めるならビットコイン(それでも1日で10万以上動きますが、、)

短期売買や長期投資は爆上げが期待できるアルトコイン、、となりますが、コインの特徴に触れると終わらなくなりそうですのでまたの機会に。

●取引方法(現物取引、購入、FX、レンディング等々)

コインの購入方法もいくつかのパターンがあります。

取引方式

取引方式は取引所を介して指定した価格で仮想通貨の取引をする方法です。

売り板/買い板を自分で立てるMakerと既に並んでいる板から購入するTaker式があり、販売方式に比べ取引手数料が安い、あるいは無料といったメリットがあります。

販売方式

販売方式は取引所の指定する値段で仮想通貨を購入する方法です。

取引方式に比べ、その時の相場で決められた値段で確実に買えるメリットがありますが、スプレッド(手数料)は高めになる傾向があります。

最初は売り板/買い板形式は手数料が安い(あるいは無料)、販売方式は手数料が高いと覚えておけばよいでしょう。

実際に仮想通貨をやってみる!


ここからは私が実際に仮想通貨をやった1ヶ月の恥ずかしい取引記録をさらに恥ずかしいキャプチャ付きでご紹介します。

投資センスが全くないため、豪快にやらかしているところは反面教師としてご承知ください。

取引所にアカウントを開設する


先ほど国内にいくつか取引所があるとご紹介しましたが、今回はcoincheckという取引所を使いました。

coincheckの特徴を簡単にまとめると下記の通り。

ここがマル。

●取り扱うコインが豊富
●口座開設までが早い
●取引所の手数料が無料
●初心者でもアプリやサービスサイトが使いやすい

ここがバツ。

●ビットコインキャッシュなど、コインによっては手数料が高い

アルトコインの短期売買をメインでやりたい、などのケースは手数料の面から他の取引所の方がおすすめですが、初心者の方においては問いあえず口座を開設して損はない、というか必須の取引所だと思います。

※現在はcoincheckの他、ビットコインキャッシュ用にGMOコインを利用しています

※2018/02/07追記 NEM流出事件以降、利用してません。

※スマートフォン用のアプリ画面キャプチャ。分かりやすいメニューで初心者にも安心です


※コインの売買も簡単

クレジットで購入し、手数料の高さに大損


10月20日。

口座開設後、以下のコインを5,000円ずつ、計15,000円分購入しました。

購入したコインは知名度と安定性、将来性(カンとも言います)から以下の3銘柄。

●BTC(ビットコイン)
●ETH(イーサリアム)
●XRP(リップル)

ちなみに私は基本的に思い立ったら吉日、即行動しなければ気が済まないタイプです。

アプリのメニュー画面を見ると「カードで購入」というメニューがありましたので、これ幸いとばかりに決済しました。

が、これが大失敗!

コインのカード決済はとにかく手数料が高い。

ざっくり言ってイーサリアムを5,000円分カードで購入すると、4,000円ちょっとのコインしか手に入らないのです。

ということでいきなり約20%マイナスからのスタート。

後から知りましたがペイジーや銀行振込などであらかじめ日本円を入金しておき、「コイン購入」から購入すればずいぶん割安に購入できました。

もう少し調べて始めればよかったです、トホホ・・・


10万円ブッ込む


11月3日。

コイン購入から約2週間、幸運なことにビットコインとビットコインキャッシュが順調に価格を上げ、あっさり手数料を取り返し投入した資金15,000円を17,000円くらいまで増やすことができました。

が、ここで葛藤が。

せっかくコインの価格が上昇しても、元本15,000円ではたったの2,000円しか儲かってない!

いい年したオッサンが1,000円~2,000円で一喜一憂するのは虚しすぎます。

というわけでヘソクリから10万円追加し、5万ずつビットコインとビットコインキャッシュにブッ込むことにしました。

無くなりませんように。。


取引板でジタバタ


11月7日。

それから数日のビットコイン相場は、ビットコインは微妙に上げ下げ、ビットコインキャッシュは微増という状況でした。

あらためて取引履歴を見直すと、微妙に上げ下げする相場に踊らされ、売り板を立て直してジタバタしている姿が。

これは恥ずかしい、、

実際に仮想通貨やってみて分かりましたが、これくらいの変動でジタバタするのは完全にアホです。

大丈夫か、少し前のワシ。。


BCHを売却し25,000円儲ける


11月11日。

その数日後、ビットコインキャッシュがじわじわと高騰し、含み益が20,000円から30,000円をウロチョロしていたときに我慢ができず25,000円で利確。

※ビットコインはヨコヨコで面白くなかったのでついでに売却

なんと、仮想通貨を始めて3週間足らずで25,000円も儲けてしまいました。

これぞビギナーズラック、というか適当にメジャーな通貨を買っただけです。

仮想通貨チョロいぜ・・・


売却するタイミングを間違えガックリ


はい、ここから物語が始まります。

私が売却したビットコインキャッシュはその後も価格が上昇。

少し調べてみると、(簡単に言うと)価格が上昇してるのはビットコインとビットコインキャッシュの間で仮想通貨の覇権を掛けた争いのような動きがあり、それによってビットコインとビットコインキャッシュの価格が逆転するかも?という状況(煽り含む)であることが分かりました。

もったいないことをしてしまった。。

スケベ心で高値掴み(涙)


11月12日お昼頃。

はい、ここでやらかしました。

冒頭でご紹介しましたが、11月12日の朝から16時頃にかけてビットコインキャッシュは数日前の相場から2倍以上となる30万円近くまで暴騰。

当日は私は鳥取に松葉カニを買いに行っておりましたが、途中休憩を取った道の駅でビットコインキャッシュの爆上げを知り「乗り遅れるな!」とばかりに5万円弱をブッ込んでしまいました。

その時の市場価格は1ビットコインキャッシュ/22万円、これにスプレッドが加わりなんと24万円で買っています。

※やらかしたの図。不思議ですね、ここからさらに上げると考えてしまうのですから。。


今振り返りますと暴騰中に買うという、アホの中のアホ行為(高値掴みしたみなさん、ゴメンナサイ)

あの時に自分に会えたら、ぶん殴ってやりたい気持ちです。

追加購入で単価を下げる


11月12日夕方。

24万円で買ったビットコインキャッシュはその後15時頃に30万円近くまで上がりホクホクに。

ただ、松葉カニを調理している間に暴落し、一気に15万円前後まで下げてしまいました。

損切するにも度胸がなく、暴落したビットコインキャッシュを16万円で購入し、平均購入単価を1BCH/20万チョイとして耐え忍ぶことにしました(涙)

※11月12日購入分のキャプチャ。下段が爆上げ中に1BCH/24万で買ったもので、上段がその後暴落し、1BCH/16万で買ったものです。


上がりそうなアルトコインを追加購入


11月14日。

とりあえずビットコインキャッシュについては当面塩漬けにするしかありません。

ビットコインキャッシュの負けを取り戻すべく、短期で上がりそうなLISKとZECというコインを購入しました。

LISKを追加購入


11月16日。

11月22日のミートアップイベントなど、12月までは上がる!とにらんだLISKが順調に上がってきたため、追加購入。

ちなみにこれもやらかしてます。

相場が上がった時に買っちゃダメなんだって。。

小額で出金チェック


11月18日。

ヒマでしたので少額(最低出金額の100円+振り込み手数料400円の500円)で出金し、登録した口座へ入金されることなどを確認しました。

口座情報の登録ミスで大金が戻ってこない!なんてことにならないよう、この手の設定は小額で確認するのが吉。


LISKを売却し1,000円損する


11月23日。

11月22日のミートアップイベントで上がる!とにらんでいたLISKが、なんとまさかの暴落!

もー、なんなのよ、

一時は5,000円以上含み益出てたのに、、

これ以上落ちるのも怖いのでさっさと損切りしました。

18,700円で購入し、17,700円で売却で1,000円を失ってます。

無念。

※ただし、その後も下がりましたので早めに損切りして正解でした。


GMOコインに資金移動


このころ、GMOコインの口座開設が完了しました。

申込者が多く時間がかかるとのことで結構待たされた気がします。

GMOコインはcoincheckの販売手数料が高いビットコインキャッシュの購入に利用するつもりで申し込んだものですが、皮肉にもビットコインキャッシュを高値掴みしている最中で、買う気は全くなし。

しばらく様子見です。

※ビットコインの0.0002BTCは口座開設で付与されたコインです

※coincheckから出金した20,000円を入金するつもりが、寝ぼけて25,000円入金してしまいました


高値掴みしたBCHが戻ってきた


11月23日のお昼頃から私が高値掴みしたビットコインキャッシュの価格が戻ってきました。一時は10万くらいまで下げたのでこの先どうなることやらと思いましたが、13万、15万、17万と順調に上昇。

ビットコインキャッシュが上がった理由としては(詳細は割愛しますが)ビットコインは2週間に一度マイナーと呼ばれる仮想通貨を支えている事業者の報酬を変更するする仕組み(難易度調整)があり、次の難易度調整タイミングである11月25日に2週間前のビットコインキャッシュ爆上げの再現があるのでは?と期待されたことも一因としてあるようです。

BCHを売却


11月24日。

じゃじゃん!

8万円分で購入したビットコインキャッシュが7万まで戻ったところで売却。

一時はどうなることかと思いましたが、最小限の損失で済みました。

いやー、助かった。

それに、いい教訓になりました。

当日のチャートは暴騰するコインに群がるまさにイナゴタワー。

こういう時に素人は手を出してはいけませんね。

上がったら売る、下がったら買う。

ビットコイン初心者はこのルールを守りましょう。


仮想通貨を始めて1ヶ月の損益


はい、というわけで仮想通貨を始めて1ヶ月間の収益をまとめますと、、

10月20日に入金した115,000円に対し、

11月25日の総資産はcoincheckの105,000円+GMOコインの20,000円(全て日本円、5,000円は間違えて入金したので除く)で計125,000円!

めでたく10,000円のプラスとなりました。

パチパチパチ!


仮想通貨やって分かったこと


さいごに1ヶ月間仮想通貨(ビットコイン)で遊んでみた感想です。

●実際儲かる

最初に「簡単に儲かる」と書いた仮想通貨ですが、やはり儲けることができました。

ちなみに私は投資の才能が全くないため、株やパチンコ、ギャンブルの類は一切いたしませんが、そんな私が事前知識ゼロ(始めてから勉強したことはありますが)で始め、途中暴騰中に高値掴みするという自爆行為を犯しながらも儲けることができたのは素直に仮想通貨(ビットコイン)すごいと感じます。

●機会損失ハンパねぇ

投資に”たられば”はありませんが、”もし”11月3日に5万円で買った0.65ビットコインキャッシュをそのまま持ってたら、11月25日22時現在で1BCH17.5万円ですのでざっくり11万くらいになっていました。

当時ビットコインキャッシュを買ったのは偶然に近いものがありますが、適当に選んだコインがたったの3週間で倍の10万円に。

また、”もし”11月12日の30万円近い相場の時に売り抜けていたら、5万円が19万と4倍近くになった可能性があります。

上手な人は大儲けされたのでしょうね、、くやしぃ~!!!

●とりあえずやってみるのが効率よい

何事もあれこれ調べるより実際にやってみるのが一番効率がよいです。仮想通貨も実際にコインを持ってない状態では学んだことも頭に入りません。

仮想通貨に興味ある人はとりあえず10,000円でも、1,000円でもいいので勉強代だと思ってコインを購入し、情報収集したり右往左往してみてください。

くれぐれも怪しい勧誘やサイトに引っかからないように。

●相場に振り回される

ネガティブな面としては仮想通貨を始めたこの1ヶ月弱、相場の変動に踊らされ気分的にずいぶんと消耗しました。

11月12日のビットコインキャッシュ大暴騰、ビットコインが上がるとビットコインキャッシュが下がる、あるいはその逆。

LISKのミートアップイベント、11月25日の難易度調整、ドラゴンスレイヤーのうわさなど、仮想通貨のそもそもの仕組みに加え、コインやこれらの情報など、素人が1ヶ月で学ぶには正直しんどいです。

●仮想通貨の価値は当面伸びる

そうはいっても、仮想通貨の価値は高まり続けています。

このブログを書いている11月25日23時14分現在のビットコイン(BTC)の価格は前日から5万近く上げてなんと1BTC/95万円。

11月22日に更新した史上最高値をあっさりと更新しており、100万円になるのも時間の問題という感じです。

また、ほとんどのアルトコインも上げているので、日本円のまま眠らせておくのはもったいない状態。少し落ち着いたら、また何か買ってみようと思います。

※12/19追記

この記事を書いてから約1ヶ月後、10万円の原資は22万円まで膨らみました(^^♪


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします