バーベキューで焼き担当になっても安心!焼き加減への不平不満はこうやって切り抜けろ|イクメンライフハッカー

バーベキューで焼き担当になっても安心!焼き加減への不平不満はこうやって切り抜けろ

バーベキューの食材は色々ありますが、今回は定番の食材でバーベキューを楽しみたいと思います。

まずはバーベキューに欠かせない牛肉。牛肉が無くてもバーベキューが出来ないことはありませんが、やっぱり牛が無いとさみしいですよね。

今日の牛肉はバーベキューの主役にふさわしい宮崎和牛、5等級のお肉です。

「5」のラベルにテンションが上がりました。



牛肉の脇を固めるのはバーベキュー定番、こちらの食材。

ホルモンに手羽先、鶏のもも肉に豚バラ肉、宮崎和牛のレバーなど。もう定番中の定番のバーベキュー食材です。


宮崎和牛はこんな感じです。

美味しそうだったので牛刺しで味見をしてみました。バーベキューも美味しいですが、生食は肉の甘み、旨味がそのまま楽しめますね。


鶏のもも肉は刻みニンニクに一晩漬けておくとめちゃくちゃ美味しくなります。学生の頃、海で友人とバーベキューをするときはもも肉のニンニク漬けが主役でした。

お肉が柔らかくなり、コクが増しますので

「鶏肉なんて美味しくねーよ!」

という方にもおすすめです。ただし、冷凍肉や外国産のお肉よりは国産のお肉の方ががっかりしないかも知れません。


ホルモンは脂肪が多いので炭火で焼くと危険です。

こんなに脂の多いホルモンがあるときは絶対に焼き担当になりたくありませんね。







誰か焼いてくれ。





そんな気持ちを見透かされたのか、見事に焼き担当を拝命しました。バーベキューをするときは煙と油で服が信じられないくらいクサくなるので、ダサめの格好がおすすめです。







早く焼いてくれ。





まったく焼く気がない皆さんにせがまれ、しぶしぶ肉を焼き始めるとお気に入りのバーバリーブラックレーベルのシャツと奮発して購入したジャポニズムのメガネがいい感じにスモークされました。レンズには脂が飛び散り、ティッシュで拭くことでレンズ全体が油まみれ。

続けてホルモンを焼くと煙りで何も見えなくなり、むせ返りました。

バーベキューって楽しいですね。


何か物足りないバーベキュー。

そうです。バーベキュー定番のコレを忘れていました。

アルコールを飲むと煙りも気にならなくなり、暑さ寒さに不満を述べることもなくなります。お気に入りの服を着てきたのに運悪く焼き担当になったときは飲みまくって匂いと油汚れを忘れるしかないですね。


「鶏肉に火が通ってないよ!」

「牛はもう少しレアで。焼き過ぎよ」

お酒に弱いことを忘れて3本目に突入する頃には肉の焼き加減などどうでも良くなってきました。

ビールの力で誹謗中傷は全く気になりませんが、温厚な2児のパパでも多少は腹が立ちます。

勝ち組と負け組の差がはっきりと出るバーベキュー。油と煙りと戦いながら頑張る焼き担当に対し、自分の手を汚さずバーベキューの焼き加減に不満を述べる人には、生焼けのタマネギで応戦しましょう(サツマイモも髪の毛3本分の芯を残す微妙な焼き加減でさりげなく添えておきました)


お腹もいっぱいになり、今日のバーベキューもそろそろお終い。

10人分の食材を焼き終える頃には疲労困憊で真っ直ぐ歩けなくなっていました。ビールを飲み過ぎ影響ではなく、真剣にお肉と向かい合い、1枚1枚丁寧に焼き上げた証拠だと思います。

焼いて楽しい、食べて美味しいバーベキュー。定番の食材で満腹になりました。


SNSでシェア


TwitterとYouTubeでも美味しい物やマツダCX-8ネタを中心に発信しています。