鮮度抜群の地タコや150円の牡蠣。広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚は広島最強!?|イクメンライフハッカー

鮮度抜群の地タコや150円の牡蠣。広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚は広島最強!?

お家で作るお魚料理。夕食の食材を調達するため広島の激安スーパー、エブリイへ行ってきた。

広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚は安くて鮮度抜群。パックから出すと色が変わるくらい新鮮な地タコや1パック150円の牡蠣、、、エブリイの鮮魚は元魚屋の厳しい目線でも文句なしにいい魚が揃っている。




広島の激安スーパー、エブリイ、本日のお買い得品


本日の食材、その1は鮮度抜群の水カレイ。唐揚げや塩焼きにすると美味しい魚だ。新鮮な水カレイが2匹で300円以下とこれは安い。


広島の激安スーパー、エブリイの肉


せっかく揚げ物をするなら色々な味を楽しみたくなる。

水カレイの他には肉厚の手羽先(1パック300円前後)を購入した。


広島の激安スーパー、エブリイの生食用牡蠣は150円!


鮮魚売り場をチェックしていると、生食用の牡蠣が1パック150円で販売されていた。中に見えるむき身もなかなかの大きさ。特にメニューは決まっていなかったが、150円は安いのでとりあえず購入した。


贈答用の選別された牡蠣と比べてもそん色ない大きさ。

牡蠣の新鮮さは貝柱の透明感、身の張り、黒い部分の色見がくっきりしているか等で判断できるが、この牡蠣の新鮮度合いは”そこそこ”とう感じだろう。


エブリイの地タコは鮮度抜群


鮮魚売り場を一回りしてひと通り魚をチェックした結果、本日のメインディッシュはこの地タコに決定。活きた地タコが1,000円以下と買い易い価格で販売されているのが嬉しい。

この地タコで作るメニューは外はカリカリ、中はほんのりレアの火加減で揚げたタコの天ぷらと、新鮮さを活かしたぶつ切りの刺身。


広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚はやはり新鮮


地タコはパックから出すと身の色が変わり、身の繊維が活きているためか、叩くと若干動く。エブリイの鮮魚はとても新鮮だが、売りきり販売を徹底されている為、夕方以降の売り場は他の魚屋と比べても残っている魚は少なめ。

また、デパ地下などの魚屋が市場の相場に関わらずとにかく魚を揃えるのに対し、エブリイは売れる価格帯の魚しか仕入れないため、気象状況などの影響を受け易い魚屋だ。


地タコの調理は男の作業


地タコの調理は内臓と目を取り、塩もみから始まる。

この作業を行うとお風呂に入るまで手が激クサになる。手も荒れるし女子供は手を出さない方が無難だろう。

タコの塩もみ中、紙粘土で遊んでいた3歳の長男がよってきて、

「くっさ!」

と吐き捨ていった。


地タコをつまみ食い


塩もみが終わった後は天ぷら用にぶつ切りにしたり、刺身用の下ごしらえを進めていく。包丁を入れるとタコの繊維(白い部分)がグニャリとゆがむのが身が生きている新鮮なタコの証しだ。

テレビなどで釣ったばかりのタコをそのまま食べているのを見かけるが、塩もみをしていないタコは生臭いし雑菌が多いので止めておいた方がいいだろう。

美味しそうなので一切れ味見してみた感想は、もちろん旨い。


刺し身用に上身にしたタコ。

見た目的には吸盤を取ってむき身にした方が美しいかも知れないが、個人的にはぶつ切りの方がタコの味がより味わえて美味しいと思う。


総額で1,623円、広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚で作るお家ご飯


本日の食材費用は総額で1,623円。魚を中心に唐揚げ、お刺身、サラダとお味噌汁を作った。

揚げ物の一品目である水カレイの唐揚げは骨までカリカリ。

3歳の長男は「おいし~い!」といいながら半身分をペロリと完食。


お刺身は生タコの色んな切り方&生牡蠣。

冷凍のタコとこういうタコの味は比べる方がおかしく、値段と調理の便利さに応じた別物と考えるようにしている。


手羽先は子供たちの大好物。

だんだん食べる量が増えてくるので将来が心配だ。


150円の生牡蠣はコクがあってなかなか美味しかった。


地タコの天ぷらはとにかく旨い。

いつまで噛んでおけばいいのか分からないほどの歯ごたえだが、噛めば噛むほど旨みが出てくる。活きているタコの天ぷらも旨いし、歯ごたえは若干減るが、一晩寝かせたタコの天ぷらも旨みが増してもちろん旨い。


おまけで購入した小イワシは天ぷらにしてみた。

揚げたての小イワシの天ぷらはやっぱり美味しい。

広島の激安スーパー、エブリイの鮮魚で作る、お家ご飯。今日は揚げもの中心になってしまったが、とても美味しい夕飯だった。


この記事をシェアする