倉橋島でカレイ釣り。2014年を占う初釣りで返り討ちにあってきた【広島の釣り】|イクメンライフハッカー

倉橋島でカレイ釣り。2014年を占う初釣りで返り討ちにあってきた【広島の釣り】

紙きれを箱から摘まんで取り出すだけの行為で結果が決まる「おみくじ」に新年を占ってもらうのはなんだか釈然としない。大吉や大凶ならまだしも、中吉や末吉を引いてしまった日には一年がぼんやりした感じになってしまう(様な気がする)

新年を納得した形で占うため、大漁なら今年もいいこと有りそう!釣れなければ・・・と事前に定義を決め、2014年の初釣りへ行ってきた。




倉橋町室尾の防波堤へ


今回の釣り場は広島県呉市倉橋町室尾の防波堤。狙いは防波堤に住みついているであろうカワハギとカレイだ。

自宅を5時過ぎに出発し、7時前に室尾の防波堤へ到着。防波堤先端で鯵を狙っている釣り人が一人いた。写真では分かり難いが風が強く心が折れそうなくらい寒い。

ここでカワハギやカレイを狙ったが、結論から述べると全く釣れなかった。

もう一度言う。全く釣れなかった。

竿下で狙ったカワハギはスズメダイと小さいメバルのオンパレード、ハゲらしいあたりは全くなかった。また、カレイを狙って数本投げていた竿にも釣れるのは藻、フグ、ヒトデ、ゴミ・・・

10時までねばった所で移動することにした。


堀切橋の砂浜へ移動


移動したのは倉橋町堀切橋の砂浜。夏に子供を連れてきた時、写真右下の防波堤付近でカワハギを多数見かけたので狙ってみることにした。

結果、、、全く釣れなかった。

カレイを狙って投げていた竿には23cmのキスが釣れたが、カワハギは釣れそうになったのでこちらも早々に移動。


堀切橋を反対側から見た様子。


砂浜から海を見た様子。

夏場はキス釣りの好スポット、冬はカレイも良く釣れる。


鹿島手前の防波堤


次に移動したのは倉橋島南端、鹿島の防波堤。

幾つか防波堤をチェックしたが、どこも水深が浅くカワハギが釣れそうになかったため、カレイ・アイナメ狙いの投げ釣りに変更した。


何とか釣れた


14時頃、ようやく釣れた手のひら大のカレイ。

15時の納竿までねばったが、特大のフグ以外大した魚は釣れなかった。


2014年を占う初釣り、今年も謙虚な気持ちと感謝の心を持って前に進んで参ります。

釣った魚は子供たちのお腹に


釣った魚は魚好きの子供たちが食べれるよう、甘辛く煮付けにしてみた。

ミニサイズであるが、釣れてくれた魚と「美味しい、美味しい」と言って喜んで食べてくれる子供たちに感謝。カワハギは全く釣れそうになかったが、カレイ釣りは一番釣り易く食べ頃の11月中旬に再度挑戦してみたい。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします