2014年、初の外食はやっぱり回転寿司!かっぱ寿司とスシローを比較してみた|イクメンライフハッカー

2014年、初の外食はやっぱり回転寿司!かっぱ寿司とスシローを比較してみた

2014年1月3日、新年最初の外食としてかっぱ寿司へ行ってきた。

市場が休みなので生ネタは養殖モノが中心。市場が休みの時に寿司屋へ行くのは愚の骨頂であるが、100円回転寿司は生ネタが少ないので影響少なし。回転寿司がホームグラウンドなので不幸中の幸いか。




ぶり


お昼時に行ったがお客さんはそれなりに入っており、厚切り、大きめにカットされたぶりはとても美味しかった。


ヨコワマグロ


100円寿司といえばかっぱ寿司かスシロー。

正直、お寿司の味はそれほど違いが得意なジャンルが違うのは興味深い。

例えば冷凍モノの寿司ネタ。ヨコワマグロやつぶ貝など、冷凍の寿司ネタはかっぱ寿司の方が大きいように感じる。


つぶ貝


寿司ネタとは関係ないが、回転寿司でテンションが下がるのはやっぱり清潔感。お皿の水汚れや、シャリのつぶが付いているだけでも気分が悪い。また、お皿の模様やイラストが剥げている場合も皿だけでなく寿司ネタの鮮度や衛生管理に不安を覚える。100円寿司でも清潔感は重要だ。


エビ天


ボリューム満点のエビ天はスシローと比べても圧倒的な大きさ。とにかく大きい。


アナゴ


アナゴも大きめだ。


パイナップル


かっぱ寿司とスシローの比較。デザートはバリエーションの多さでスシローが圧勝。6歳の長女はスシローでいつも注文するパフェがないことにご立腹していた。


デザート


3歳の長男はプリンがあれば満足。前回はプレミアムKAPPAプリンを食べたので今回はホイッププリンをチョイス。子育て世代に優しい100円寿司、今年は何回お世話になるのだろうか。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします