満足度200%の家族旅行!長崎バイオパークとハウステンボスのホテルヨーロッパで贅沢な時間を過ごしてきた|イクメンライフハッカー

満足度200%の家族旅行!長崎バイオパークとハウステンボスのホテルヨーロッパで贅沢な時間を過ごしてきた

こんにちは。

広島のブロガー、ハマジ(hamaji36)です。

先日の3連休は2泊3日の家族旅行でした。初日は長崎バイオパークというカピバラやカンガルーなどが触れる動物園でモフモフし、2日目と3日目はハウステンボスで子どもたちはアトラクションを、大人はホテルヨーロッパで日常を忘れ贅沢な時間を過ごしました。

旅行日記は別途書く予定ですが、忘れないうちに取り急ぎ印象深いところをまとめたいと思います。




天候に恵まれた


日頃の行いのおかげか、3日間とも快晴と天候に恵まれました。

最高気温29度と汗ばむほどの陽気で何杯ビールを飲んだか分からなくなるほど。

長崎バイオパークは雨が降ると厳しくなるので本当に運がよかった。

長崎バイオパーク最高!


無類の動物好きとして触れ合い型の動物園はそれなりに制覇しておりますが、中国・九州地方に限れば長崎バイオパークは最高といえるのではないでしょうか。

当日はカビバラをはじめ多くの動物と触れ合い、エサをあげたりと開園から閉園間際まで大満足。

癒されたり愛くるしい姿に爆笑したりと、動物好きの方はぜひ一度訪れたい動物園です。

際立つハウステンボスの心地よさ


家族旅行を計画するにあたり、国内テーマパーク、北海道/沖縄でほっこり、近場の海外で比較検討しましたが、やはりハウステンボスでよかった。

世代を問わず楽しむことができ、アトラクションの待ち時間も無し。

ハウステンボス独特の雰囲気を体験すると激混み&待ち時間の長いディズニー/USJは辛く感じるほどです。

ハウステンボスは料理が美味しい!


ディズニー/USJに比べハウステンボスを選ぶ魅力の一つに料理の「おいしさ」があります。

我が家の家族旅行は子どもが楽しめることが最優先のため、どうしても料理が期待できない施設が多くなりますが、ハウステンボスなら朝から晩まで美味しい料理とお酒を楽しむことができます。

泊まる価値あり、ホテルヨーロッパ


今回はホテルヨーロッパに泊まりましたが、ホテルの雰囲気からホスピタリティー、料理など全てにおいて大満足でした。

今回は内海が見えるテラス付きの部屋に泊まったのでその景色もよかった。

子どもの成長と親の劣化


去年は20時にはレストランで寝てしまった長男ですが、今年は22時過ぎても元気にはしゃいでました。

疲れ知らずの子どもに体力ついたな~と感じる反面、自分の衰えを実感しました。

疲れるけど安い車移動


ETC車載器からの「料金はxxx円です」を聞いてあまりの安さに鼻血が出ました。

昨年に続き今回も車で長崎まで行きましたが、やはりマイカー移動は安い。

2泊3日で合計900km弱走って高速代1万円ちょい、軽油代7,000円と大人3人子ども2人の移動代としてはタダみたいなものです。

ちなみに広島からハウステンボスまでは片道420km、高速で5時間弱。往路はともかく、復路は(3日遊んだ疲れのせいで)それなりにキツイため、運転や体力に自信のない方は無難に新幹線をご利用ください。

旅行の写真とか


以下、ダイジェスト版で。

こちらは長崎バイオパーク。

カピバラ君が有名な動物園です。


カピバラ君。

広い敷地に放し飼いされています。

もちろん、お触りOK。


こんな感じでくつろぐ子も。

他のカピバラもお腹をコチョコチョするとグデ~んとなってました。


長崎バイオパークは動物との距離感が近い。


ご覧のとおり0距離です。

ゼロ!


カンガルーに触れるのも長崎バイオパークならでは。


ほぼ全ての動物にエサをあげることができます。

小銭がなくなる~


ハウステンボスです。

完璧な青空。


ハウステンボスの必需品、レンタルサイクル。

4人乗り+子ども2座のタイプは5時間のレンタルで5,500円なり。


VRも(有料のやつは)おもしろかった~


移動もラクラク~


子どもが楽しめるアトラクションも豊富です。


宿泊したホテルヨーロッパ。


お部屋はこんな感じで、テラスが付いてます。


テラスからの眺めはこんな感じ。


ハウステンボスは夜の景観も素晴らしい。

広く混雑も気にならないので3世代で楽しめます。


閉園間際まで遊びまくる子どもたち(氷のないスケートリンク)


ホテルの朝食は朝からスパークリングワインが飲み放題(酒が飲めない運転手には地獄)


美味しいビールも選び放題。

暑かったのでビールが最高に美味しかった。


旅行まとめ


さいごに今回の家族旅行の振り返りをマルとバツで。

良かったこと


●ストレスフリー、これに尽きる

待ち時間なし。

ウチの子どもにちょうどよいアトラクション。

イルミネーション綺麗。

料理も酒も美味しい。

自転車に乗れば移動もアトラクションに。

スタッフは感じよい。

お客さんも楽しそう。

ホテルでぼけーっとするだけでも満足できる。


やっぱりね、いくら楽しくても待ち時間長いとつまらないし、自分たちはよくてもカオスになってる人がいると空気悪くなるし。そういう面では今年もハウステンボスへ行ってよかった。控えめに申し上げて満足度200%でございます。

●子どもから見た父親

クルマの中で「どんなパパ?」という話題になり、子どもたちが褒めてくれました。

長女「パパは色々なところへ連れて行ってくれるし、料理もできるし、ちょっと臭いけど、優しくていいパパよ」

長男「そうよ、パパのおかげで豪華なホテルに泊まれるし、ソーセージいっぱい食べれるし、イケメンじゃないけど、けっこういいパパよ!」

くさいは余計じゃ。

●親孝行できた

今回は私の母も一緒の旅行でした。

父が亡くなってからは寂しいだろうと年イチのペースで孫との旅行へ連れて行ってますが、息子の奢りで(ちゃんと私が払ってますぜ)孫と行く(これも重要)ハウステンボス@ホテルヨーロッパ泊の旅はうれしかったようで親孝行できてよかったです。

ここがちょっと・・・


●長崎バイオパークのレストラン

スタッフの接客態度は最高でした。

お店も清潔で冷房が効いて気持ちよく過ごすことができました。

動物との触れ合いも最高。

後はレストランの味さえ良ければ文句なし。

●高速道路に出現するおバカさん

往復900kmも運転すると様々なドライバーに遭遇します。

最近はネジが飛んでるドライバーも多く、このような車と遭遇したら早々に進路を譲り、関わらないようにしたいものです。

1.追い越し車線のトラックを左から抜こうとし、車線変更したトラックと接触寸前になっていたトヨタ・オーリス。走らないんだから少し待ってやれよ、まったく。

2.追い越し車線を延々と90kmで走る三菱・トッポ(軽)

左から抜く訳にもいかず、危ない人かも知れないので距離を取るしかありません。

幸いなことに後ろから来た血気盛んなレクサス・GSがどかしてくれたので難を逃れましたが、渋滞を招きマジで迷惑。

3.会社名付の車で追い越し車線に強引に割り込むハイエース。

なぜそんな車間距離が無い所へ急に車線変更して割り込む必要があるのか。割り込まれたハイラックス・サーフのオッサンは怒って追っかけてました。追い越し車線に停止させられてないことを祈ります。

4.渋滞で前が詰まってるのにハイビーム&蛇行で進路を譲らせようとする3代目プリウス(自動防眩付きでハイビームで後ろに付かれても眩しくないが)

今回の旅行で遭遇したバカNo1はこいつに決定。

●それなにりお金が

今回はマイカープランのためこれよりは安く泊まることができたものの、好きなものを飲み食いしていると「ぶっちぎりの予算オーバー」となりました。ちっくしょー。


というわけで大満足の長崎家族旅行でした。

しばらくはハウステンボスの記事が続きそうです。

それではみなさん、ごきげんよう。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします

 

0 件のコメント :

コメントを投稿