西日本一ブドウ狩り料金が安い!?島根県雲南市木次町の前室農園はブドウ好きのパラダイスだった!|イクメンライフハッカー

西日本一ブドウ狩り料金が安い!?島根県雲南市木次町の前室農園はブドウ好きのパラダイスだった!

こんにちは、ハマジ(hamaji36)です。

いきなり美味しそうなブドウの写真で失礼しております。


今が旬のブドウ狩り


みなさんはブドウはお好きでしょうか?

今が旬の美味しいブドウ。

品種によって異なりますが、ブドウの旬は8月から9月。

昼夜の気温差が大きくなると甘味が増してくるといわれています。


そんな食べごろのブドウが、なぜこんなにたくさんあるかといいますと、、


じつはここ、ブドウ園にお邪魔しているからです。

ほら、こんなにブドウが。


西日本一ブドウ狩りが安い農園、前室農園


あらためまして、今回ご紹介させていただくのは島根県雲南市木次町にあります、前室農園さんという観光ブドウ園になります。

前室農園さんでは減農薬栽培により、ブラックオリンピア、アイドル、東京マスカットなど7品種のぶどうが栽培されており、時間制限無し・食べ放題でブドウ狩りが楽しめます。

※ブドウ狩りができる品種は時期によって異なります

園内のぶどうは低木のため、子どもでも自分でブドウの摘み取りが可能。ブドウ園としては珍しくエアコンの付いた休憩室の他、綺麗な水洗トイレを完備しており幼児連れの家族も快適にブドウ狩りを楽しむことができます。




しかも!

うれしいのはブドウ狩りの料金で、大人500円(中学生以上)、子ども300円(小学生以下)という激安料金となっています。

おそらくこのお値段で時間制限無し、食べ放題でブドウ狩りが楽しめるのは島根県、、いえ、中国地方で一番安いのではないでしょうか。

食べ放題料金が中国地方一安いブドウ狩り園、この際だから多少盛って西日本一安いとしておきましょう。

安くて美味しい前室農園さんのブドウ狩りは、こんな感じ!


ブドウ狩りレポート


というわけで、こちらが時間制限無し・食べ放題でブドウ狩りが楽しめる前室農園の受付けになります。

こちらの唯一かつ最大の難点は広島市内から遠いこと。市内からのアクセスは松江山陰道・三刀屋木次ICで下車後、国道54号沿い雲南消防署前交差点を飯石ふれあい農道方面に向かい直進し、所々にあります「前室ぶどう園」の看板を頼りに進む形になります。

詳しくはお手持ちのカーナビにお尋ねください。


前室農園の駐車場


前室農園さんの駐車場は普通車で10台ほどのスペースがあります。

農園の方に尋ねると「空いているとこならどこでも良いですよー」とのことでしたので、農園のすぐ前にとめさせていただきました。


前室農園のブドウ狩り料金


西日本一ブドウ狩りが安い(自社調べ、推察含む)前室農園さんのブドウ狩り料金はこちらの通りです。入園料に食べ放題料金が含まれています。

なお、前室農園さんは持ち帰り料金も1kg1,000とべらぼうに安くなっておりますので、安心してお土産用のブドウを買うことができます。


入園料は前払い制となっており、お支払いを済ませた後はさっそくブドウ狩りを開始。

ブドウ狩りが楽しめるブドウ園は建物を挟んで2つあります。


休憩室も完備


こちらの建物内はエアコンが効いた休憩室となっており、疲れたときはここで休んだり、子どものお世話ができるのもうれしいところ。


建物を抜けてブドウ園へ進みます。

お会計の場所から徒歩8秒くらいの距離です。


雨のブドウ狩りは厳しい


前室農園さんのブドウ畑はこのように大変広くなっております。

足元は綺麗に整備されており歩きやすい。

ビニールハウスではないため、雨の日は厳しいかも知れません。


園内はご覧のように広く快適にブドウ狩りが楽しめます。


貸し切りでブドウ狩りを楽しむ


人がいない?とお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、この日は最初観光バスのお客さんが10組くらいいたものの、バスが出発するとお客さんは我々のみという貸し切り状態でした。


こんなに広いブドウ園が貸し切りなのです。


贅沢すぎる。。


子どものブドウ狩り


ブドウの木は子どもでも自分で摘み取れる高さです。


ブドウを持ちながらハサミを入れて、、


チョキ~~ン!


はい!

完全に旨そうなブドウです。


小学一年生の長男も、、


チョキ~~ン!!


どど~~~ん!!!


ブドウ狩りを3倍楽しむコツ


ブドウを摘み取った後はとりあえず食べましょう。


品種は分かりませんでしたが、マスカットっぽいブドウもあります。

こちらも甘くて旨い。

右側の小さな緑色のブドウは間違って熟してない房をとってしまったもので、渋すぎて死ぬかと思いました。


ここでブドウ狩りを3倍楽しむコツをご紹介します。

1つ目は氷とボウルを持参して、冷たいブドウを食べること。

常温でも美味しいですが、冷たく冷やすとより美味しくいただけると思います。


2つ目は無意味にジャンプする。

なんだか楽しくなります。


3つ目はブドウを鑑賞しながら瞑想する。

前室ブドウ園は足場が良いので寝っ転がっても平気。

心を整えることができます。


2つ目と3つ目は冗談ですが、ブドウを食べ続けていると塩気のあるものが食べたくなるのでおにぎりやスナック菓子を持参するのがおすすめです。

塩分を取ることで、ブドウがより美味しく食べられます。


さいごのコツは広いブドウ園を探検気分で楽しむこと。


前室ブドウ園では種類が異なる2つのブドウ畑があるので、宝物探し感覚でブドウ狩りを楽しむことができます。


いかがでしたか?

この日は家族全員お腹いっぱいになるまでブドウ狩りを楽しみ、お土産に4房ほど持ち帰りましたが、お会計であまりの安さに2房追加するほどでした。

前室農園では9月から10月下旬までブドウ狩りが楽しめますので、ブドウ好きの人はぜひお出かけしてくださいね。周辺には、おろちゆったり館という温泉もありますので、ブドウ狩りと温泉のセットでお出かけするのもおすすめですよ。

前室農園


入園料(食べ放題含む):大人(中学生以上)500円、小学生以下300円
営業時間 9:00~16:00
住所 島根県雲南市木次町宇谷418
TEL 0854-42-1436

ブドウ狩りで持参すると良いもの


●氷とボウル
●手拭き用のタオル
●レジャーシート
●折り畳みのイス
●おにぎり
●塩気のあるスナック菓子
●水筒
●持ち帰り用のクーラーボックス
●虫よけスプレー
●農園への感謝の気持ち



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします

 

0 件のコメント :

コメントを投稿