サファイアブルーハムスターのハムちゃんと暮らすことになったので3日間一緒に過ごした感想をまとめておく|イクメンライフハッカー

サファイアブルーハムスターのハムちゃんと暮らすことになったので3日間一緒に過ごした感想をまとめておく

諸事情によりサファイアブルーハムスターのハムちゃんと暮らすことになりましたので、今現在たったの3日間ではありますがハムスターを飼って分かった感想をまとめておきます。


ハムちゃんは(前回のブログに少し書きましたが)他のハムスターと一緒にするといじめられるという理由から「いきものふれあい学校」でいただいた子。生後推定5ヶ月の女の子のサファイヤブルーハムスターです。

ハムちゃんという恐らくハムスター界に3,000匹はいると思われる安直な名前は、兄妹による侃侃諤諤の議論の末に名付けられました。

ハムスターと3日過ごした感想は、こんな感じです。

●何とも言えない可愛さがある

(ハムちゃんには申し訳ありませんが)どちらかといえば小動物より犬猫派の私ですが、ハムちゃんのつぶらな瞳やヒクヒクするお鼻は何とも言えない可愛さがあります。

砂浴び中に「ハムちゃん!」と呼べばこの通り。なんてキュートなんでしょう。


●イニシャルコストは5,000円

下世話な話で申し訳ありませんが、銭の話しです。

ハムちゃんはタダでいただきましたが(当然ながらタダだからいただいた訳ではありません)ケージやエサなどは近所のペットショップで一式購入しました。

ケージ、エサ、マット材、砂浴び部屋と砂、給水器、ハムスターには必須の回し車など、一式そろえ大体5,000円くらい。ハムちゃんと3日間過ごした感想としてはもう少し大きいケージでも良かったかなということで、安直におすすめの品を買うもんじゃないということが分りました。


●夜すんげぇウルサイ

ハムスターが夜行性ということは知っておりましたが、昼間ののんびりした仕草からあそこまで活発になるとは想像しておりませんでした。

ケージとセットになっていた回し車は回転部分の精度の問題か、高速で回転するとカランカランカラン!と音が鳴るため、ハムちゃんが来た初日の夜はケージをリビングに置いていたこともありまともに寝られず。

2日目以降は寝るときは別の部屋に移動することで難を逃れましたが、夜行性の動物を飼うことの洗礼を受けた次第です。


●病気やケガが心配

生き物を飼うということで病気やケガが心配であります。それが理由で愛猫を亡くしてからペットを飼うことは諦めていたくらいで、ハムスターは体が小さくお医者さんも限られることから尚更心配です。

幸い今のところ我が家の空気にも慣れた様子で一晩中元気に回し車をぶん回されておりますが、心配性の私は心配し過ぎて剥げるか心身を病んでしまいそうな勢いであります。

体調管理は十分気を付けますので、およそ2年から2年半という寿命を幸せに過ごしていただきたい。


●子どもたちへの影響

これは予想していた通りハムちゃんが来てくれたことで、命の大切さや生き物の世話をする責任や大変さを日常の体験として得ることができるようになりました。

ハムちゃんが来てから長女の起きる時間はこれまでより30分早い6時になり、早めに身支度を整えた後、ハムちゃんのエサや水を替えるなどのお世話をします。

生き物が大好きなやさしい長女のことですから心配していませんが、3日ボウズにならないことを祈ります。


●妻が優しくなった(ような気がする)

これは勘違いかも知れませんが、ハムちゃんが来てから妻が優しくなったような気がします。

病気や怪我の心配から生き物を飼うことは絶対反対の妻のこと、(何の相談もなく)ハムちゃんを連れ帰った際はブッ飛ばされることを覚悟していましたが、特にお咎めなく。

それどころか当日からハムちゃんを優しく見守り、仕事から帰ると「今日ハムちゃんねぇ・・・」「かじり木も買った方が良くない?」と誰よりも先にハムちゃんの話しが始まるほど。


たぶん勘違いです。


●クサくない

まだ飼い始めて3日目でマット材も敷いてから3日しか経っていませんが、クサくないです。ネットの情報ではオシッコが臭いとありましたが、ちゃんと手入れしていれば恐らく今後もそんなにクサくはないだろうなと感じてます。

実際のところは匂いよりダニやフケが問題で、重度の猫アレルギー(フケ、ダニ、ノミ、ハウスダストや花粉にも敏感に反応する)の私は猫を飼っていた頃のようなハクション大魔王に戻らないか心配です。

そうそう、ペペロンチーノを食べた後のニンニクたっぷりの口臭でハムちゃんの方へ「フ~~~」すると、信じられない速さで鼻がヒクヒクしていました。よほどいい匂いがしたのでしょうね。


●昼間は寝てばっかり

夜行性のため仕方ありませんが、日中はほとんど寝てるか、たまに起きても動きはモッサリしています。もっとガンガンにふれあいたい人には物足りないかも知れませんが、全く動かないとか相手をしてくれないというわけでもないので問題ありません。


●エサ箱に入る

エサ箱は使ってない食器で代用することにしましたが、ハムちゃんはこれに入って食事をされます。何か申し訳ないので早めに感じのいいものを買いたいと思います。


●ハムスターと3日過ごして

たった3日ではありますが、やはり可愛らしい生き物がいると日々の生活が楽しくなります。仕事で疲れた後でもハムちゃんのキュートな寝顔を見るとホッコリした気持ちになりますし、寝る前や朝起きれば「ハムちゃんは元気か?」と気になるものです。

また、サファイアブルーハムスターはジャンガリアン・ハムスターに比べ穏やかな性格で飼いやすいというのは本当で、昼寝中に不意に起こされたりしない限り怒ったりすることもありません。

3日目の今は家族が手を入れると近くにきてペロペロとなめたり懐いてきた様子。

今後も元気に過ごしてもらえるよう、大切に見守りたいと思います。



いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします