標準ズームレンズEF24-70mm F4L IS USMと撒き餌レンズEF50mm F1.8 IIを比較してみた|イクメンライフハッカー

標準ズームレンズEF24-70mm F4L IS USMと撒き餌レンズEF50mm F1.8 IIを比較してみた

先日、久しぶりにEOS Kiss X7時代に購入したEF50mm F1.8 IIを使いましたので、普段使っている標準ズームレンズEF24-70mm F4L IS USMと比較した感想などをシロウトなりに書き連ねたいと思います。



EF50mm F1.8 IIを使うことになった理由


Kiss X7を処分して以来出番のなかったEF50mm F1.8 IIですが、いつもより身軽にお出かけしたいと思いEF50mm F1.8 IIを使うことにしました。

5D Mark3との組み合わせは合計で1kg以下と標準ズームに比べ非常に軽量。約1kgのカメラを軽量と言えるのか?は置いてレンズが短いこともありコンデジ感覚で持ち歩きできるのは大きなメリットです。

EF50mm F1.8 IIを使うのは本当に久しぶりだったので、お家を出るまでは新しいレンズを購入した時のようにどのような写真が撮れるか楽しみでした。

EF50mm F1.8 IIを使った感想


「楽しみでした」からお気付きの方も多いと思いますが、半日持ち歩いた感想は残念な感じでした。

理由はたくさんありますが、一番感じたのはEF24-70mm F4L IS USMに比べ出てくる絵が眠いこと。

全体的にのっぺりした写りでダイナミックレンジの違いによるグラデーションの差やカメレオンの顔の突起もEF50mm F1.8 IIは平べったいものとなり、絞っても開けてもEF24-70mm F4L IS USMの方が好みの写りでした。

※EF50mm F1.8 IIで撮影したカメレオン。F1.8、スポット1点AFで目にジャスピン、、のはずがフォーカスが甘く全体的に眠い感じに。F4くらいまで絞れば解像感が出てくるがこれはちょっと。。


F1.8の必要性


解放で撮れば盛大にボケますが、EF24-70mm F4L IS USMの柔らかいボケにも不満は無いのでF1.8の必要性は感じられず。5D Mark3はISO 3200までフツーに使えるのでシャッター速度が稼げるメリットも無し。結局F2.8からF4以上で使うことが多かったのでF1.8の必要性はあまり感じませんでした。

※EF24-70mm F4L IS USMで撮影したカメレオン。F4でも十分ボケるし色乗りも良い。


合掌速度


EF50mm F1.8 IIの合掌速度は決して早いとは言えないものの、EF24-70mm F4L IS USMに比べ大差なし。

EF50mm F1.8 IIがジーコジーコ煩いのに対してEF24-70mm F4L IS USが静かという違いはあるものの、フォーカスが合うまでの時間に差異はありません。ただ、室内で他のお客さんもいる状況でジーコジーコ煩いカメラを使うというのは恥ずかしいものがあり、テンションが下がったのも事実です。

※EF24-70mm F4L IS USMは最短撮影距離0.2mのマクロモードが使えるのも魅力。


レンズの見た目


いつも言われていることですが、EF50mm F1.8 IIの外観はプラスチッキーで非常に安っぽいです。

※EF50mm F1.8 IIで撮影したトカゲ。F2.8で、これも眠い。


気になるレンズ


私がブログにカメラネタを書くと「また何か買う気じゃないでしょうね?」と不機嫌になる人がいます(ブログを更新しているこの瞬間もソファーの隣に座っています)

事実、EF24-70mm F4L IS USMを持ち出すには大袈裟な場所で使えるコンパクトなレンズが欲しく、EF50mm F1.2L USMやEF40mm F2.8 STM辺りを候補にAmazonとにらめっこしています。

前者のレンズが17万くらいするのに対し、後者は1万5千円くらい。

もうすぐボーナスの時期ですし17万は痛いけど1万5千円なら・・・ぶっ飛ばされるかw

※EF24-70mm F4L IS USMで撮影したトカゲ。上のカメレオンほどの差は無いがこちらの方が線が太く解像感も高い。


まとめ


EF50mm F1.8 IIをKiss X7で初めて使った時は「ボケる、綺麗、スゲェ!」と感じたレンズでしたが、久しぶりに使った感想は「あれ、こんなだった?」と正直ガッカリしてしまいました。

そのように感じた理由はEF50mm F1.8 IIを使いこなせない技術的な理由の他に、Kiss X7から5D Mark3というカメラ自体の性能差やEF24-70mm F2.8L II USM、EF70-200mm F2.8L IS II USMなどの画質の良いレンズに目が慣れたこともあるでしょう。

※EF50mm F1.8 IIで撮影したシロフクロウ。


EF50mm F1.8 IIに比べ性能も価格も全く違うレンズだけに当然かも知れませんが、あらためてEF24-70mm F4L IS USMは(F4という制約はあるものの)画質も良くマクロも使える大変バランスの良いレンズと気が付きました。

たまにはレンズを交換するのも良いですね。

※EF24-70mm F4L IS USMで撮影したワライカワセミ。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします