【育児日記】父親との遊びは楽しくて少しだけ勉強になるという事実|イクメンライフハッカー

【育児日記】父親との遊びは楽しくて少しだけ勉強になるという事実

こんにちは、ハマジです。

島根県浜田市おさかなセンター前の防波堤から栄養ドリンク片手にお届けしております。


先週末からどうにも体調が悪く、バファリンと栄養ドリンクが手放せません。ブログを更新するのも億劫な状態で、日曜日は子どもたちのリクエストで2週連続となる小魚釣りへ行きましたが、魚臭い手で栄養ドリンクを飲まなければならないほどヘロヘロになりました。


土曜日の夕飯は子どものリクエストで焼肉のぐりぐり屋へ行きました。しかしながら体調が悪くいつもの半分くらいしか食べれず、焼肉食べ放題はお腹がはち切れるまで食べまくることをモットーにしているだけに無念です。そうそう、無理をしない範囲で食べた方が美味しくいただけるということが分ったのは怪我の功名でした。


話が前後して申し訳ございませんが、やはり魚釣りは面白い。魚釣りが面白いというより魚釣りをする子どもたちを見るのがとてつもなく楽しいのです。

竿の持ち方ひとつ見てもどこを持つと持ちやすいとか、股で挟むと巻き上げるのが楽になることに気が付いたりと、私にとっては子どもたちが自分で考え吸収する様が見れたのが何よりの釣果でした。


今回は釣った魚を入れるバケツを用意し、ある程度バケツにまとめてからクーラーに入れる作戦としました。頻繁にクーラーを開け閉めしないで済むので保冷力が保たれる、作業が効率的になるなどのメリットもありますが、一番の理由はバケツの中で泳ぐ魚を見るのが面白いからです。

釣りの方は先週同様大漁でしたので後日まとめたいと思います。


そうそう、防波堤で子どもたちが「あーでもない、こーでもない」と賑やかなに釣っていると、隣で釣っていたオジサンが美味しそうなグレを数匹分けてくれました。誠にありがとうございます。


ちなみに私の釣果はこんな感じ。

サビキ釣りをする子どもたちのお世話をする傍らでオキアミをエサに探り釣りでメバルやカサゴを釣る予定でしたが、、釣りに関して父親の威厳は地に落ちたようです。


例によって釣りの後は旭温泉、かくれの里ゆかりでさっぱりしてから帰りました。17時半という中途半端な時間だったこともありほぼ貸切りの温泉。最高です。


釣った魚はそっこーで食べるのが我が家のルール。ブログにはアップしていませんが今回の魚釣りでは魚を〆る作業や、調理すると言ったまさに生き物を自分で捕まえ命をいただき自分で調理して食べるというフルセットの体験となりました。

「グレの塩焼きめっちゃ美味い!鯛より美味しいかも知れん。でもさっき食べたギザミも美味しかった・・・」

自分で釣った新鮮な魚は美味しいことでしょう。食べ比べて魚の名前と味を覚えてくれなはれ。


私は釣りして温泉でホッコリして帰る頃には完全にグロッキー状態となりました。体調不良もあり魚を肴に泡薬を飲んでバタンキューです。


土曜日は子どもたちとハムスターのハムちゃんのお家を掃除しました。

こちらはマット材を交換する間、虫かごに避難してもらったハムちゃんです。


掃除の後、ハムちゃんの写真を撮って遊ぶ長男。小学生になって何をやらせても安心感が段違いとなりました。カメラについても以前のような危なっかしさはなく、ズームリングやAFポイントの変更も上手いものです。

魚釣りと同じくカメラ遊びも大変楽しく、私が面白いと感じる例を上げると何故ストロボが上を向いてるか、それに気が付き質問してきた時があります。先ずは自分で考えさせ、その後にカメラの仕組みを一緒に考える。その後、撮った写真を比べてどうした良いか理解する。こうすることで遊びの中に実体験として学びのスパイスを加えることができると思います。せっかくカメラがあるのに子どもに触らせないのは勿体無いかも知れませんね。

以上、頭痛いのでこの辺で失礼いたします。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします