元魚屋目線で回転寿司を食べながら気が付いた○○なことをまとめてみた|イクメンライフハッカー

元魚屋目線で回転寿司を食べながら気が付いた○○なことをまとめてみた

先日回転寿司でお腹いっぱいお寿司を食べた時に気が付いた”どうでもいいこと”をまとめてみました。



1.百円回転寿司2回より100円ではない回転寿司1回の方が満足できる

ネタ、シャリ、醤油、ワサビ、ガリ、お茶、巻物の海苔と口に入るものすべて値段以上に味が違う。

2.回らない寿司屋に子どもは連れていかない

無理だから。

3.お腹が空いてないときに食べてはいけない

この日はラーメン替え玉チャーハンギョウザ付のランチ。そんなときに食べるおいしいはずのお鮨はどこか上の空。

4.新人

新人くんには申し訳ないがキミが不安を抱えながら出している料理は確実に店の評判を落としている。私も魚屋の時に洗礼に次ぐ洗礼を受け木っ端みじんにされたので誰しも通る道と思い頑張って欲しい。

5.巻物に他のネタの何かが付いてるとテンション下がる

イクラの軍艦巻きに先ほど作ったと思われるエビフライ巻きのフライが数切れ付いてたのが微妙。

6.皿はピカピカに磨け

皿が汚いとネタまで汚いのではと不安になる。

7.やっぱり笑顔がいい

ニコニコ顔のスタッフがいると安心する。

8.子どもが高い皿を取ったとき

500円皿のカニ、300円皿のいくらを連発されてもイラッとしてはいけない。

9.節約したいときの裏ワザ?

最初に赤だしをグイッとやると少ない量で満足できる。

茶わん蒸しも良い。

10.おいしいお鮨の食べ方

大トロばかり食べると死ぬ。


それではみなさん、Happy Sushi Life!




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします