最近の焼肉のタレ、サラサラで物足りなくありませんか?濃厚こってり派にはアサムラサキの「元祖肉どろぼう甘口」がおすすめです|イクメンライフハッカー

最近の焼肉のタレ、サラサラで物足りなくありませんか?濃厚こってり派にはアサムラサキの「元祖肉どろぼう甘口」がおすすめです

ワタクシ、先日もハナの金曜日は3週連続で焼肉だったほど焼肉が大好物ですが、一つ許せないことがあります。



それは、、、



焼き肉屋の焼肉のタレがサラサラすぎて肉に絡まないのです。



そのサラサラ感といったら


「なにこれ、ぽん酢?」


というほどサラッとしており、肉につけると「しゃぶしゃぶか!」と錯覚するほど。

子どもの頃、家族で行った焼き肉屋はもう少し濃厚でガツン!とくるタレだったと思うんですけど、本当に最近の焼肉のタレはパンチがない。


こんなサラサラのタレばかり食べてるともやしのような草食系男子になってしまいます。

肉食系男子にふさわしい濃厚でガツン!とくる焼肉のタレ、出てこいや!!



ハイ出てきました、濃厚なタレ。

昭和47年の発売以来、あきないおいしさのロングセラー商品、アサムラサキの焼肉のたれ「元祖肉どろぼう甘口」

元祖肉どろぼうは昔ながらの肉にしっかり絡む濃厚なタレ。私のように脂たっぷりこってり肉厚のA5ランクの和牛を愛する者にピッタリの焼肉のタレでございます。

元祖肉どろぼう 甘口


内容量 / 380g
価格 / 350円(税抜き)
賞味期限 / 製造日より12ヶ月

甘めの味でお子さまにも大変人気のトロッと濃厚な焼肉のたれです。

出典 アサムラサキWebサイト 商品一覧
URL https://www.asamurasaki.co.jp/item/detail.php?id=129


タイミングがいいことに冷蔵庫に宮崎A5ランクの和牛カルビが入っていたのでさっそく焼いてみたいと思います。焼肉4週連続となりましたが全く問題ありません。


とりあえず肉を焼きます。


こちらがらアサムラサキの濃厚な焼肉のタレ、元祖肉どろぼう。

濃厚なタレらしくよく振ってから使いましょう。


さっそくいただいてみると、、

肉に絡む!!

トロっとしており、こってりしたカルビとの相性は抜群です。

甘口ですが大人が食べても大丈夫。しっかりとした味でお肉の味も活かしてくれるので、肉を噛めば噛むほどお肉の味とタレの甘辛い味が口の中に広がります。

アサムラサキの濃厚な焼肉のタレ「元祖肉どろぼう」は大人が食べても旨い!


つづいて試食するのは肉より魚、魚よりカニ派の長女。

お子様らしくお肉の脂身が苦手で、味が薄めの冷しゃぶやトン汁のお肉はコッソリ私のお皿に入れるちゃっかり者です。

そんな彼女が食べたアサムラサキの濃厚な焼肉のタレ、元祖肉どろぼうの感想は、、

「味がしっかりついておいしい!」

苦手な脂身もこれだけタレが絡めば気にならないようです。

美味しくお肉が食べれてよかったね!


続いて試食するのは1に肉、2に肉、3から100まで全部肉のお肉大好き長男。

6歳にして焼肉を漢字で書き(焼肉を食べたくて覚えた)、焼肉を食べに行った次の日に「パパ!今日も焼肉いこうや!」とボケをかます我が家の焼肉王子です。

6歳児らしくフーフーして、、


アサムラサキの濃厚な焼肉のタレ、元祖肉どろぼうをタップリつけたお肉をパクリ!


モグモグモグ・・・


「ん~~~、おいし~い!」

「焼肉サイコウ!」

元祖肉どろぼう甘口は幼児にも大好評。

この後もひたすらバクバク食べていました。


ちなみにこのアサムラサキの濃厚な焼肉のタレ、

野菜炒め、ホルモン炒め、焼きそば、チャーハンの味付けや、ラーメンの隠し味にもピッタリ。もちろん、肉だけでなく鉄板で焼いた野菜もおいしく召し上がれます。


昭和47年発売、飽きない美味しさの焼肉のタレ、アサムラサキの「元祖肉どろぼう甘口」

最近のサラサラした焼肉のタレがちょっと物足りないと感じているあなたに是非ともおすすめしたい、濃厚系の焼肉のタレです。


アサムラサキの「元祖肉どろぼう甘口」


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします