【写真大量】広島マリーナホップの「いきものふれあい学校」にカラフルなカメレオンがいっぱい!エサもあげれるよ!|イクメンライフハッカー

【写真大量】広島マリーナホップの「いきものふれあい学校」にカラフルなカメレオンがいっぱい!エサもあげれるよ!

広島のたぶんイクメン、ハマジです。

子どもたちのリクエストで広島マリーナホップのいきものふれあい学校へ行ってきました。



ちょっとした半日レジャーに私は安佐動物公園を提案したものの、子どもたちは「いきものふれあい学校へ行きたい!」とのご要望。小雪がちらつく寒さということもあり、屋内施設でたくさんの動物を見て触ってエサをあげることができる、いきものふれあい学校へ行くことになりました。


カラフルなカメレオンがいっぱい!


前回おじゃましたとき、スタッフさんに「もうすぐカメレオンが増えますよ!」と聞いてましたが、カメレオンがいっきに7匹くらいまで増えていました。


どのカメレオンもハンドリングさせてくれます。

まだまだ子どものカメレオンですが、活発な子、慎重派、良く寝る子と個性的。


こんなにカラフルなカメレオンも。


尻尾の使い方が上手い慎重派のカメレオン。


彼らは基本的に暖かいライトの近くが大好き。

カメレオンの上にカメレオンが乗っていることもありました。


初めていきものふれあい学校へ行ったときはビビっていた長男も今ではこの通りです。


動物の成長


なんとかトカゲは少し大きくなっていました。

よく見るとほかの動物たちも微妙に大きくなっている。

動物の成長は早いものです。


前回子ウサギだった子も、立派な脱走ウサギサイズに。


ザリガニ釣りは釣れないこともある


ザリガニ釣りを満喫する長男。

この日は食いがしぶく、一匹も釣れませんでした。


手乗りインコ。


動物にエサをあげる


ハムスター用のエサです。

長女と長男で半分こしました。

この後、ウサギのエサやりも体験し、こちらも半分こ。

ハムスターとうさぎのエサはそれぞれ1回100円と大変リーズナブル。

JAFの会員の方はエサやりが無料になる特典もあるので受付のスタッフさんに確認してください。


チンチラにエサをあげる長女。


左のちんちらはヒマワリの殻も食べるのに対し、右のチンチラは中身だけ。動物も食べ物の嗜好は千差万別です。


子ウサギがあっという間にこのサイズ。。


タカアシカニです。

大きなカニですが、タカアシカニとしては子どもサイズ。最大で足の端から端までの長さが5.8mというサイズにもなる最大級のカニです。


元気なモモイロインコ。

モモイロインコはとても人懐こく、遊んでくれというように頭を揺らして誘ってきます。一度手に乗せると中々おりようとしません。

私はこの子が大好きです。


ただし、、


「いてててててぇ!」

指先のササクレを思いっきりかじられるんですよね。。


ここで休憩。

トイレ&飲み物休憩のついでに外を散策しました。


マリーナホップの遊園地


マリーナホップは観覧車やジェットコースターなどの遊園地もあります。

うちも子どもが小さい頃は何度か利用しました。

料金はどれもだいたい300円前後。たくさん遊ぶとそれなりにお金が掛かりますが、3歳以下の子どもを連れて遊園地気分で遊ぶには手軽で良いと思います。


うちも5年、6年前は乗ったなぁ・・・という懐かしい思いに浸りながら、、

「パパ!」

「はやくいこうや!」

とせかされ、いきものふれあい学校へ戻ります。


うちのチビたちはウサギが大好き。


カメレオンのお食事タイム


いきものふれあい学校では動物のお食事タイムもこんなに間近で見ることができます。

この時はいきものふれあい学校のスタッフさんがエサ(コオロギ)をあげるのを見ていましたが、自分であげてみたい!という強者は有料でエサをあげることができるので係りの人に聞いてみてくださいね。


なんかハミでていますね(^-^;


普段から何を考えてるのかよく分らない(それも魅力)カメレオンですが、食事中も何考えてるのかよく分りません。


ここは少しグロテスクだったので引き気味で撮影。

カメレオンの口から衝撃の物体がびよーんと出てくるので閲覧注意です。

気持ち悪いの苦手な方は思いっきりスクロールして飛ばしてください。


それ、どこにしまってたの?


もしゃもしゃ食べてますがやっぱり何を考えてるのかよく分りませんでした。


ちなみに、、

このときフクロモモンガもスタッフさんの手元でお食事中。

フクロモモンガは雑食性だそうで、野菜や果物の他に昆虫もたべるのだとか。


そのお食事の姿は小さい口でチビチビと食べちぎりながらでしたので、、自粛します。


まだまだ子どものカメレオンですが、1日に10匹くらいコオロギを食べるそうです。

エサをあげるのも大変ですね。


ペンギンはちょっとヒマそう。


ハタ。


これ見てるとね、、食べたくなるんですよね。

ハタは瀬戸内海にも多く生息し、刺身、煮付、骨蒸しでとてもおいしくいただける魚です。


食事中のカメさん。

小松菜でしょうか、茎が嫌いらしく、きれいに茎だけ残して食べていました。


手乗りインコ。

いきものふれあい学校のインコは手を出すと自分から乗ってきてくれます。

可愛いのですが、、


けっこう噛まれるんですよね。。


血が出るようなことはないものの、「いてっ!」と変な声が出る程度の強さはあります。


広島マリーナホップ・いきものふれあい学校の入場料金は3歳以上、500円(2歳以下無料)

当日に限りレシートの提示で何回でも入場可能です。

動物を見て触るだけでなく、100円~というリーズナブルな料金で動物にエサをあげることもできます。

当日は2017年最強寒波来襲という寒い日でしたが、午後からは多くのお客さんで賑わっていました。

動物好きの方はモチロン、寒い日や雨の日のお出かけに、とってもおすすめですよ!

いきものふれあい学校


●営業時間 / 10:00~20:00
●入場料金 / 3歳以上500円(2歳以下無料)
●お問い合わせ / 082-208-2468

URL http://www.marinahop.com/shop/other/petting-aquarium.html


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします