マグロが旨い回転寿司、すし遊館|イクメンライフハッカー

マグロが旨い回転寿司、すし遊館

外食ブログ3連発、2回目はマグロが旨い回転寿司、すし遊館です。


最近は100円寿司のスシローやかっぱ寿司も100円以外のメニューを増やしていますが、シャリや醤油、ガリなどは100円寿司の制約を感じます。

それに、バイトが調理する生ネタは切り方がイマイチ。最後に包丁を立てて切るだけで見た目の印象が全く違うだけに、勿体無い。

ネタの調理を店舗でしているといっても、皮を引いたり上身をネタに切る程度でしょう。丸の魚を店舗で捌くお店に比べ、鮮度が落ちる感じは否めません。


かと言って回らない寿司屋に行くお金も度胸もありません。

一品料理にお刺身、〆におまかせで握って1人15,000円。子ども連れでこんなの無理です。自分である程度出来る部分もあり、そこまでの費用対効果はないような気もする。


と言うわけで、寿司は100円ではない回転寿司。

100円寿司に2回行ったつもりで行けば、お値段的にもほぼ同じ。

広島なら「すし遊館」や「すし辰」が良いと思います。


すし遊館


所在地 広島県安芸郡海田町南つくも町13-9(デオデオ海田店 地内)

平均予算 1人2,000円~3,000円

メニュー 本まぐろづくし(大トロ、中トロ、赤身、鉄火巻き、ネギトロ)600円、マグロ腹身600円、大トロ460円、カニ400円、刺身600円(マグロ、盛り合わせ等)等。

すし遊館のマグロ


ワタクシのイチオシ、マグロの腹身。

すし遊館は大トロ、中トロ、赤身にカマトロ、腹身とマグロだけでも数種類楽しめますが、この腹身(600円)は見た目通り旨い。





本まぐろづくし600円。

このボリュームで600円は安いと思います。

2皿も食べればけっこう満腹。


ここの面白いところは物が良い岩牡蠣が出てきたり、マグロの串焼きなど、ツマミ系のサイドメニューが豊富であること。

内容を考えると100円寿司よりもリーズナブルに感じるほどで、満足度の高い回転寿司です。

この日も大満足でした。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします