動物園にEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM持って行ったら望外に楽しかったので写真貼っとく|イクメンライフハッカー

動物園にEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM持って行ったら望外に楽しかったので写真貼っとく

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの試し撮りにEOS 5D Mark3に付けて安佐動物公園へ行ってきました。

クリスマスイブにオッサン1人、大げさなレンズをぶら下げてという恥ずかしい状況でしたが、望外に楽しかったので写真を貼っときます。


雨が降る生憎の天気のため、状況によってはISO感度を1600まで上げて撮影。

トリミング以外は加工無しです。



駐車場で撮ったCX-5ソウルレッド。


畑のニンジン。


ペリカン。

ペリカンは良い。

何が良いかというと動きが遅いので撮りやすい。

ペリカンが大好きになりました。


気持ち悪いくらい寄せれます。


反対にフラミンゴは難しい。

ちょこまか動くので狙った構図で全く撮れない。

目つきも悪く、ヘタクソに簡単にはとらせねーよ!と言われてるようでした。


ヒヒの親子。


ボス。


家族。


キリン。

シャープな画質です。


ハイラックスの看板とハイラックス。


ゾウ。

この時間帯は雨脚が強く撮影には辛い状況。


解像感がヤバい。


オウム。


ひつじ。

ここで雨が上がりました。


うさぎ。


モルモット。


鳥。

種類はわかりません。


寒いので外にいたミーアキャットは彼女のみ。


いかつい水牛。


チーターを撮るのはハンパなく難しいですね。

常にウロチョロ、出直してきます。


いつも寝ているラクダ。

足が悪いそうです。


こっちを向いてくれないバク。


気持ちよさそうなアナグマ。


クマ。


トラとライオン。

この辺から疲れてきました。


サイの子どもが大人気。

水で遊んだり、駆け回ったり人間の子どものように遊んでいました。


小雨がぱらつく天気という撮影には適さない日でしたが、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは噂通りの高画質レンズ。

売れに売れまくっているのも納得、購入する価値があるレンズです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします