この大きさ・重さなら常設イケるぞ!スピードライト270EX2のEOS 5D Mark3装着レビュー|イクメンライフハッカー

この大きさ・重さなら常設イケるぞ!スピードライト270EX2のEOS 5D Mark3装着レビュー

キャノン EOS 5D Mark3用外付けストロボを購入するにあたり、一番不安を感じたのがストロボを付けた時のサイズ感。

カメラ上部に握りこぶしやiPhoneを乗せ、これくらい?430EX3では大きすぎ??270EX2なら大丈夫???とグズグズ悩んでいました。




EOS 5D Mark3に270EX2を付けるとこんな感じ。

外付けストロボの大きさが気になる5D、6Dユーザー、結構多いと思います。



270EX2を装着した状態、横から。

レンズはキットレンズの24-70。

バランスは非常に良いと思います。


270EX2を装着した状態、反対側から。

レンズはテレ端としました。

慣れてくるとスピードライトがついてない方が違和感を感じるほど、フィット感が良いです。


270EX2を装着した状態、背面から。

430EX3に比べ、スピードライトの背面に液晶パネル等は無く、電源スイッチのみ。

背面から見ると高級感はありませんが、バランスは良いと思います。

ストラップで肩掛けしても、スピードライトが重すぎてひっくり返ったり、大きくて邪魔になることはありません。


こんな感じでEOS 5D Mark3との(見た目の)相性はとても良い270EX2ですが、肝心の機能性も素人が普通に使う限りほとんど問題ありません。

体育館や結婚式場など天井が遠い環境、望遠レンズが必要な環境以外ではコンパクトな270EX2で十分と感じました。

270EX2のここが良い


●発光量がサイズの割に大きい

ガイドナンバーはISO100で27(50mm)、22(28mm)とこのサイズにしては大きい。

●操作性が高い

全自動ストロボ撮影で簡単に使える。シンクロ設定や調光補正は5D本体のストロボ設定で可能。

●チャージが早い(1秒程度)

●軽量

単三電池2本込みの状態で200g

●安い




屋内の撮影ではバウンス撮影やディフューザーで柔らかい仕上がりになりますし、野外では顔の影もなくなり撮影がレベルアップします。

内臓ストロボの無い5D、6D、内臓ストロボのガイドナンバーの小さい一眼やミラーレスにもコンパクトな270EX2はおすすめです。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします