目指せ、イケてるお父さん!小学生の育児ストレスと対処法|イクメンライフハッカー

目指せ、イケてるお父さん!小学生の育児ストレスと対処法

できればイケてるお父さんでありたい私。

子どもが大きくなっても一緒に遊びに行ったり、お買い物や進路の話をしてみたい。

理想のお父さんに近づくため、自分自身を戒める意味も込め、9歳の育児ストレスの対処法をまとめてみました。



育児は今しか体験できない


育児は今しか体験できない、期間限定の体験。

無条件にかわいい、楽しい育児は3歳まで。

お父さん(うちの場合はパパ)と呼んでもらえるのは小学校高学年まで。

運よく結婚し、子どもができて、生活を共にできるのは15~20年。

一日中一緒に過ごせるのは、あと何日?

抱っこできるのや、手をつないでくれるのは?

旅行やお出かけに誘っても友達を優先するようになる。

子どもが相手をしてくれるのは今だけ。

いい所を見つける


いい所を見つけて褒めてあげる。

うちの子の場合は毎日言われなくても(時々は言うが)ピアノを練習する。

弟の相手もする。

学校や習い事の宿題も、ちゃんとする。

その他にも・・・

自分が子どもの頃を思い出す


先日、子どもたちが最後にお風呂に入った時、風呂のふたを閉め忘れていました。

「お風呂から出るとき、ふた閉めといてね。」

さっき言ったじゃねぇか、とイラつく前に自分が子どもの頃を思い出しましょう。

私が9歳の頃は風呂の床に石鹸を塗りたくり、後から入ってくるオヤジをひっくり返すことに命をかけていました。

床に石鹸が塗られていないだけマシ。

怒られたとき、反省していないように見えても分かってる


同じことを何度も言わない。

感情的にならない。

怒らない(叱る)

夫婦どっちかはフォローに回れ。

基本的に言って分からないのは言い方が悪い。伝え方が悪い。親が悪い。

子どもは悪くない。

人と比べない


隣の芝生は青く見える。

周りの子どもと比べない。

1回で出来ないのは当たりまえ


「なんで何回も同じことを言わせるの?」

なんで1回で出来ると思うの?

1回言って出来たらラッキー。

3回言って初めて伝わるくらいの感覚で。

今すぐやる


子どもにお願いされたら即実行する。

これは自分が後悔しないため。



育児って、ほんとに楽しいですね。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします