マツダのG-ベクタリング・コントロールは実際に試してみても、ほとんどわからない?|イクメンライフハッカー

マツダのG-ベクタリング・コントロールは実際に試してみても、ほとんどわからない?

マツダアクセラ、アテンザ、デミオ、CX-3と相次いで登載されたGVC(G-ベクタリング・コントロール)

マツダのいうベクタリング・コントロールとは、「エンジンでシャシー性能を高める」ことによって、誰もがリラックスして思いのままにクルマを操れる感覚を、さらに高い次元に引き上げる技術のこと。




新型アクセラを試乗した時にも書きましたが、このベクタリング・コントロール、効果が分り難いのです。

マツダお抱えのジャーナリストはべた褒めで大太鼓叩いてますが、ユーザーとしては「ついてたら嬉しい」程度なんじゃないかと思うわけですが、自動車情報サイト、Autocarのテスターがその辺をバッサリ切られておりました。


GVCは「革命的な進歩」というよりも「こまかな修正」といったところ。
ただ、実際に試してみると、これがほとんどわからない。膨大な時間をかけて、GVC非採用車と乗り換えればわかるのだが、ちょっと乗ったくらいではわからない。

出典 Autocar.jp マツダ6 2.2 スカイアクティブ-D


いや、気持ちいい。

メーカーの広報車を借り、ギャンギャン走りまくって

「ほとんどわからないっすね」

と語れる男気。



かっこええですね。



ハイ、どうでもいい話でした。


いいね!してFacebookで
フォローする

最新情報をお届けします